« 「風と共に去りぬ」 | トップページ | リカンベントを作ろう!② »

2009年12月10日 (木)

リカンベントを作ろう!①

 新企画スタートです。(笑)

 リカンベントというのは、仰け反るようなスタイルで乗車
する独特な自転車のことです。知らない人は検索して
調べてみて下さいね。
 
 私が初めてリカンベントを知ったのは、1998年公開の香港
映画で、ジャッキー・チェンが主演した「WHO AM I?」です
が、未だに実物を見たことがありません。田舎では皆無なの
でしょう。乗り手の体格に合わせるためにフルオーダーで、
買うと30万円位するみたいなので無理もありません。

 ですが、興味津々。とても楽な姿勢で乗れて、空気抵抗
が少ないので高速巡航が出来るそうなんですよね。

 ということで、作ってみましょう。heart04

 もちろん、見たこともないのですから、完成するかは全く
分かりません。まあ、お遊びということで。coldsweats01

 お遊びですから材料費は最小限にしないといけません。
用意したのは我が家にあったポンコツの自転車3台です。

Img_0308

 安物MTB+BTRのフロント・フォーク&タイヤの合体
自転車1号と……、

Img_0314

BTR+一輪車の合体自転車2号、

 それと、ご用済みのババチャリです。
どれも満足に走行出来ない状態です。

Img_1150

 さて、どうしましょsign02coldsweats01

 考える前に行動です。dash

 まずは、MTBをベースにすることにして、不要な部分の
切除です。フレームとクランクに続き、フロント・フォークも
80mm短くしました。

Img_1144

 これに、シートに合わせて作った台座を取り付けました。
材料は21mm角パイプと3×25mm平板です。

Img_1147

 シートを台座に取り付ける為の金具を、6mmステンレス
ボルトと3mmの平板で作りました。

Img_1146

 これをシートに無理矢理取り付けました。

Img_1156

 シートはニトリの座椅子です。14段階調整式の背もたれ
があるのと、合皮張りで安かったのが決め手です。good
ボルトを通すために布を破ったので、解れないように靴底
補修材を塗っています。

 補修材が固まるまで一晩はかかるので、今度はハンドル
回りです。ハンドルはババチャリのを採用することにしました
が、取り付け高さとステム長が足りません。

 そこで、即断即決sign01
ステムを切断しました。

Img_1152

 溶接部分を削り落としてからサンディングして太さを
合わせて、パイプハウス用の32mmパイプと合体です。

Img_1155

 シートを取り付けてから長さを決めて、両者を溶接すると
いう寸法です。目指すはイージー・ライダーsign01delicious

 
 ついでに、圃場移動用だったMTBが犠牲になったので
ババチャリを後継に据えることにして、ハンドルとサドルを
MTBの物に交換しました。

Img_1151

 少しはスタイリッシュになったと思いません?(笑)

 いや~、こういう工作は楽しいですね~。\(^〇^)/

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2009/12/post-88be.html

へつづく…

|

« 「風と共に去りぬ」 | トップページ | リカンベントを作ろう!② »

コメント

こんばんは
今回も目が点になっています(笑)
リカンベントですか、探究心が留まる所がないようで、感心させてもらっています
”つづく・・・・” が、楽しみですね

投稿: HAMA | 2009年12月10日 (木) 21時57分

 HAMAさん、こんばんは~。

 笑って貰って本望です。(^^v
探求心というよりも、単なる遊び心ですかね。

投稿: ファーマー佐藤 | 2009年12月10日 (木) 22時20分

こんばんは。

毎度毎度やることに本当に脅かされます^^;
実物を見たこともないものを思いつきで作り出すとは…。


でも、おかげさまで、たまに見るあの変わった自転車が
リカベントということが解りました。一つ勉強になりま
した(^^)


>とても楽な姿勢で乗れて、空気抵抗が少ないので高速
>巡航が出来るそうなんですよね。

乗ったことがないので良くは解らないのですが、自分が
見たことあるのはとても楽そうには見えなかったのです
が…(^^;) しかもアレで高速走行が出来るんですね。

何はともあれ最終章を楽しみにします!

投稿: K-DMC | 2009年12月16日 (水) 02時50分

 K-DMCさん、おはようございます。

 都会でもたまにしか見ないようでは田舎で全く
見ないのも当然ですね。

 実は、リカンベントを作る構想は数年前から暖めて
いました。ただ、作る時間と材料がなかったのです。

 サポート無し自転車での最高速度記録は、
リカンベントが持っているんですよ。あっと驚く
動画もあるので、別途紹介しますね。

投稿: ファーマー佐藤 | 2009年12月16日 (水) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「風と共に去りぬ」 | トップページ | リカンベントを作ろう!② »