« ヘッドバンド | トップページ | 高速道路 »

2010年5月 6日 (木)

山スキーで小遠見山

 ゴールデンウイークのどさくさに紛れて、白馬五竜スキー場
へ行ってきました。お目当ては、遠見尾根を登って五龍岳や
鹿島槍ヶ岳を始めとした北アルプスの大展望を楽しむ事。

 もちろん、山スキーで滑ることも楽しみなワケで、6~9日は
「エンディングスペシャル」で一日券が¥2,400ということも
後押ししました。happy01

 遠見尾根は割と狭い尾根なので、滑れるのは恐らく最後か?
と思いましたが、どうでしょう。

Img_1729

 予報通りで素晴らしい天気です。
というか、裸になりたい位の暑さでした。sun

 朝一のゴンドラで上がって、更にリフトで上へ。
少し歩けばほとんど誰もいません。シールを貼ってどんどん
登りましたが、スキーの跡はありませんでした。
連休中は登山者が大勢押しかけるのを見越して敬遠した
のと、雪の状態が悪くなっているのが理由でしょう。

 最初の急な登りには滑り台が出来ていました。
嬉々として滑る人も多いでしょうね。delicious

Img_1703

 尾根上の雪はこんな感じです。

Img_1706

Img_1716

 小遠見山直下はこう。

Img_1709

 やはり読み通りで、今週で最後かな?って感じでした。
見ての通り、亀裂だらけです。急な斜面もスキーを履いた
まま登り切りました。

 でも、それよりも暑くて参りました。
標高2,000mでも16℃ですよsign01。下界は30℃近くか。bearing

 ジリジリと照りつける日差しは予想していたので日焼け
止めを塗っていきましたが、それでも焼けそう。

 それに、雪面の状態がこれ以上悪くなる前にサッサと
下山する方が良いと判断しました。

 というワケで、当初は西遠見山まで登る予定でしたが、
小遠見山に着くとビールを雪で冷やしながら速攻でシール
を剥ぎました。ワックスも塗ってバッチグーです。

 もちろん、景色も堪能しました。

Img_1710

Img_1712

Img_1707

 この時、まだ10時。
時間はたっぷりあったのでノンビリと眺めていれば良さそう
なものですが、私の場合は温泉に入った時と同じで、サッと
眺めればそれで満足するのです。

「プハーッsign01、最高だあっsign03

とやってしまえば、

「さてと、下りるか」

というのが常なのです。coldsweats01

 スキーでの下りは本当に速いですね。
先に下りた登山者達をあっさり追い越して、気持ちよく滑降
しました。雪は少々汚いですが、気分は上々です。
何と言っても、5月の山スキーは全くの初めてなんですから。

Img_1726

 で、後はスキー場を下りるだけですが、一本だけアルプス
第三リフトを乗って滑りました。

 でも、ちっとも楽しくない…。

「スキー場はオレの居る所じゃない」

と思い、ゴンドラで下山しました。

Img_1727

 下の雪は僅かです。滑って下りることは出来ません。

 さてと…、予定外に早く下山したので、たまには下道
だけで帰って倹約するか~。一時間しか歩いていない
から風呂も勿体ない。
 
 と思いました、が……。

|

« ヘッドバンド | トップページ | 高速道路 »

コメント

思い掛けない場所へ、速攻スキー登山ですね、いい眺めです。
”、が……。”に続く後が気になります。

投稿: HAMA | 2010年5月 7日 (金) 07時20分

>HAMAさん

 5日の午後3時に急に決まった山行でした。

「山スキー~は突然に…」

というのが常なので、いつも単独になってしまい
ます。(^^;

 HAMAさんの東北ツアー記も楽しみにして
ますよ~。(^^

投稿: ファーマー佐藤 | 2010年5月 7日 (金) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘッドバンド | トップページ | 高速道路 »