« 暑さ対策 | トップページ | 民主惨敗 »

2010年7月10日 (土)

「運命を分けたザイル2」

 アンデス山脈の未踏峰を制覇後、下山中に滑落し脚は
骨折、体は宙吊り。絶体絶命のピンチに相棒が下した究極
の判断で、ザイルは切断される…。

 しかし、絶望的な状況下でも不撓不屈の精神でたった
一人、危険極まりないクレバス帯も超えて奇跡の生還を
果たしたジョー・シンプソン。あまりの重傷で歩行不可能と
言われるものの、またしても奇跡の復活を遂げたジョーが
向かった先はあの魔の山、アイガー北壁だった…。

Img_1891

 彼が尊敬する伝説の登山家、トニー・クルツがアイガー北壁
初登攀を目指し散った謎を追って同じルートを辿るという内容
ですが、クルツ隊の再現映像を交えてドキュメンタリータッチで
描く手法は、非常に巧妙で緊迫感があります。
絶壁の高度感と激しい気象も恐ろしいほどに表現されています。

 一作目と同様にジョー自身の語りが随所に挿入される点も「2」
として評価出来ます。カットに無駄がないし音楽もさりげなく効果
的に使われています。74分という長さも丁度良いです。

 これで、音声が5.1chだったら完璧ですね。
そこだけが実に惜しいですが、山岳映画の傑作であることには
変わりありません。お薦めです。

|

« 暑さ対策 | トップページ | 民主惨敗 »

コメント

2が出たんですね
1とアイガー北壁を観たので、2も観たいです
しかし、凄い登山家ですね(ジョー・シンプソン)

投稿: HAMA | 2010年7月10日 (土) 22時10分

>HAMAさん

 本当に本当に本当に凄い登山家ですね。(@@
万が一山で遭難しても、ジョーのことを思えば
必ず帰れるでしょう。

投稿: ファーマー佐藤 | 2010年7月11日 (日) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑さ対策 | トップページ | 民主惨敗 »