« 藤田喬平ガラス美術館 | トップページ | tate »

2010年9月 8日 (水)

元祖冷やし中華

 昨日、仙台に行くにあたって妻が拘っていたのが、

「冷やし中華を食べた~い

ということでした。ナンでも、仙台は冷やし中華発祥の地
だそうです。その中でも「元祖」と主張している龍亭という
お店に息子をナビゲーターにして行ってきました。

 が、あまりにも目立たないお店だったので、一度は通り
過ぎてしまいました。

 水にウルサイ私としては、

「水道水で冷やす冷やし中華なんて…」

という思い込みがあるので好んで注文することは全く無いの
ですが、まあお付き合いということです。

 3人とも、最もオーソドックスと思われる醤油ダレの冷やし
中華にしたら待つこと5分程。具の皿が先に出てきてきました。
普通は麺に具が載って出て来ますが、元祖は違うようです。

 でも、具材は家庭で用意する物と何ら変わりません。
麺は遅れて出てきましたが、量は少ない気がしました。

 写真は無いのでテキトーに想像して下さい。あるいは、検索
したら出てくるかも知れません。

 細めの麺は茹で加減は上手いと思いましたが、汁は甘くて
イマイチ好みじゃない…。妻は、

「酒田の冷やし中華の方がずっと美味しい」

と評しておりました。私は、水が美味しい我が家の冷やし中華の
方がずっと美味しいと思ったし、紅生姜とカラシが無いのが不満
でしたが…。

 そもそも、私は、「元祖」というグルメに魅力を感じないんです
よねー。元祖の味を基本にして工夫を凝らしたパクリ組の方が
美味しい場合がほとんどだからです。

 しかも、知らずに食べましたが、何と一人前¥1,300もした
のです。
観光旅行と思えば許せる範囲ですが、駐車場は無いし、酒田
だったら開店後半年も経たずに潰れること間違いなしです。

 とはいえ、そこは仙台。息子が言うには、スパゲッティとかを
食べてもその位するそうです。つまり物価が高いということなの
でしょう。酒田の冷やし中華といったら¥750位なので、かなり
驚いてしまいましたが、場所柄ということもあるかも知れませんね。

 ということで、仙台名物とはいえ、もう二度と食べることは無い
でしょう。

 それにしても、仙台が冷やし中華発祥の地なんて、知ってました?。

|

« 藤田喬平ガラス美術館 | トップページ | tate »

コメント

「龍亭」を訪れた事はありませんが、仙台でも余り認知されていないのでは?
山形からの出稼ぎ人夫みたいな自分であまり悪くは言いたくないですが、仙台では食に関してパクリが上手くて、珍しい物と新しいものにすぐ飛び付く特性があり、その反面飽きっぽくてすぐ冷めるのが早い。
例えば、龍上海の味ををお上品にして、万人受けするからし味噌ラーメン店が老舗のNo.1です。
最近は「肉そば」「げそ天そば」もチラホラ。
ちなみに、札幌からやってきた有名ラーメン店のほとんどは2年後には姿を消しています。
意外と本物の仙台オリジナルは少ないですよ。

投稿: sakano | 2010年9月 9日 (木) 20時08分

>sakanoさん

 へー、そうなんですか。
牛タンもそうなんでしょうかね?。
私としては、パクリでも旨ければ何でもオッケーと
思いますが。(^^;

 でも、牛タンの一隆にはまた行きたいと思います。

投稿: ファーマー佐藤 | 2010年9月 9日 (木) 20時47分

こんばんはーです。
2回目の投稿ですが…。
「龍亭」牛タン専門店の「一隆」には足を入れてません。
駅前から東15キロ位の田舎ですが、夏の来るのを待ちかねて冷やし中華を食べますよ。
まあ、店によって味はいろいろ。
この前、御地の山形で冷やし中華なるものをいただきましたが、やはり食王国でございましたね。
松島まで足を伸ばしましたか。今度は、塩釜の来々軒はいかがでしょうか。
いくらうまい店でも毎日は食べられませんが、ここの中華ソバは私、OKなんですがね。

投稿: | 2010年9月13日 (月) 20時39分

>名無しさん

 お名前を書いて頂くよう、お願いします。

投稿: ファーマー佐藤 | 2010年9月13日 (月) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤田喬平ガラス美術館 | トップページ | tate »