« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

山の歌 

 先日、若い頃に入っていた山岳会のOB会に出席して
きたんですが、お開き前に皆で山の歌を唱うのでした。
昔の岳人達はよく唱いたがるようで……。

 私は、かつてアマチュアの混声合唱団に入っていた位
なので基本的に唱うことは好きなのですが、山の歌は
嫌いです。山で唱ったことも全くありません。

 何故って、やたらと短調の曲が多いんですよ。
辛気くさくて気が滅入るし、下手くそな歌を聴かせられる
のも苦痛です。

 どうせ唱うんだったら、せめて「ミ」の音を半音上げて長調
にしてしまうとかだったら笑って許せるんですけどね~。

 そういえば、高校時代には、長調の校歌をワザと短調に
して悪友達と唱っていました。(笑)

 そもそも、一体どうして山の歌って暗い曲が多いんでしょう
ね??。大東亜戦争で日本が負けたから?。山で死んだ
岳友への鎮魂歌だったとか?。

 それでも、カラオケの普及と共に山で唱う人は激減したよう
ですね。個人的には嬉しいことです。

| | コメント (0)

2010年11月29日 (月)

山スキー用ストック

 山スキーを始めて25年ほどで、板は3代目になっても
ストックは初代のままです。

Img_2339

 たしかシナノの山スキー用で、大きな籐製のリングが
付いていましたが、重くて滑降時のバランスが悪いので
ビニール製に交換しました。130mmの特大サイズなので、
深雪に滅法強いです。短く持つためのゴムグリップが二箇所
に付いているので急斜面のトラバースで使いやすいし、分厚い
アルミ製なので丈夫そのものです。正に本格山スキー用
派手な転倒を繰り返したので左右共に曲がっているし、傷も
かなり深いですが全然平気です。

Img_2340

 でも、700gと重いしバランスが悪いんだよねー。

 そこで、最新式のカーボン製に心惹かれて探してみましたが、
これだっ、と思うものがありませんでした。
現在主流になっている伸縮自在タイプは使いたくないので、
本当に少ない。強度が必要なのでゲレンデ用は何か頼りない
し、リング交換出来ないのが多いようです。

 ということで、引き続きこのストックを使うことにしました。
折れるまで使うなんて言ったら一生物かも知れません。
良いような悪いような……。

 ちなみに、私はゲレンデスキーの道具を一度も所有したことが
ありません。生粋の山スキーヤーなのです。今日は鳥海山にも
雪が降っていると思うだけでワクワクします。指定したサイズの
兼用靴がメーカーにあれば良いなー。

| | コメント (0)

2010年11月28日 (日)

普及して欲しい車

 自転車で一日500Kmを走って以来、自分の中で価値観が
確かに変わりました。人力でそれだけ移動できるのに、荷物
が無くても自動車に頼るのって怠惰ではないのか?。
頑張った分だけ進む車があっても良いではないか。

 昨日も、娘をアパートに送っていった帰り道でそんなことを
考えながら運転していました。自動車の運転って楽過ぎます。
筋力、体力を全くと言ってもいいほど使わないのは健康上も
問題だと思います。

 私の場合は運転中に筋トレしていたりしますが、その力を
動力源に使えないものか…。ペダルを踏んだり手でレバーを
漕いだりして、発電するとかゼンマイを巻くとか出来るはずです。

 そこで、調べてみるとそんな車があるんですね
人力を使ったハイブリッドカーです。

http://wiredvision.jp/news/200810/2008100322.html

 素晴らしい
是非ともこういう車に乗りたいです。

| | コメント (2)

2010年11月26日 (金)

マウンテン・マゾヒストGTX その2

 鳥海山で半日ずつ二回、北アルプスで二日履いてみて、
モントレイルのトレラン・シューズ、マウンテン・マゾヒスト
GTXの性能には大いに満足しました。

 何といっても軽いから登りが楽だし、グリップ力は抜群で、
走っても全く蒸れない。クッション性も申し分なく、岩から岩へ
と飛んでも膝に負担が来ません。シャンクが入っているので
ヨレることもありません。ローカットでも砂利等が入ることが全く
無くて、下山してからの車道歩きも快適と、言うことナシでした。

 でもねぇ、これってどうよ。

Img_2329

 爪先のゴムが剥がれて、

Img_2330

 糸は解れ、

Img_2331

 ソールはあちこち欠けました。

 ソールに関しては、買う時からこんなもんだろうと思って
いましたが、接着と縫製が甘いのはどうかと思います。

「やっぱり中国製だから??」

と、つい思ってしまいます。

 もちろん修理しましましたが、毎週のように使う人だったら
一シーズン保たないでしょうね。正に消耗品ですが、レーサー
モデルのような代物だから仕方ないのかなー?。

| | コメント (0)

2010年11月25日 (木)

最終出荷記録更新

 2月10日から始まった小玉スイカの栽培が、今日の
出荷で終わりました。

Img_2328

 掟破りの夏秋2回取り栽培は今年で6年目ですが、
こんなに遅くまで出荷したのは初めてです。霜が降り
なくて助かりました。

「えっ?、今頃スイカ??」

と思うかも知れませんが、まぁ葬祭用ですね。

| | コメント (2)

2010年11月24日 (水)

椅子の修理

 3年前に修理した食卓の椅子がまた壊れました。

Img_2321

 やはりプラスチックの台座が割れたんですが、前回とは
別の場所です。30数年前に酒田市内の家具屋を回って
一番良い物を買ったそうですが、私から見ればボッタクリ。

「何でプラスチックなんか使ったのかねぇ…。」

と思いつつ座面を外すと……、

Img_2323

 あ~れ~、割れまくりじゃん

 プラスチックの劣化が激しくて、これではもはや修理
不能です。

 仕方ないので、プラスチック・ハンマーでガンガン叩いて
破壊しました。じゃなくって、分解しました。

Img_2326

 台座を作り直す以外に手はありません。材料には、サブ
ウーファーを作った際の余り板を使うことにしました。

Img_2327

 今日はここまで。角度をしっかり測って穴を開けないと
いけませんね。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2010/12/post-9551.html

へつづく……

| | コメント (2)

2010年11月22日 (月)

HDDのクラッシュ

 ノート・パソコンの2台のハードディスクが相次いで
クラッシュしました。どちらもタイ製です。

Img_2320

 初めてHDDを買ったのが22年前で、外付けの僅か50MB
ので何と¥105,000もしたのをハッキリと覚えています。
あれは故障知らずだったし、ノートとしては最初に買ったエプソン
製もまだちゃんと動きます。近年の物は本当に弱いですねぇ。

 これまでで、ノート内蔵用が3ヶ、外付け1ヶが壊れました。
大事なデータを入れる装置としては、全く信頼性がありませんね。
バックアップを取るとしても、やはりHDDじゃないと入らないから
困ります。

 皆さん、どうしてるんでしょう??。

| | コメント (2)

2010年11月21日 (日)

お庭で露天風呂

 究極のドラム缶風呂を作って以来、ずっとやりたいと
思っていました。満月を見ながらの庭先露天風呂。

 長風呂出来る季節と月齢、天気、仕事の都合が合致しない
と出来ないので、なかなか難しいのです。

 今夜は最高の条件が揃いました。

 Img_2318

 いや~、山仲間とワイワイ楽しむのも良いですが、夜空を
眺めながらシミジミと入る風呂もまた格別です。

Img_2313

  

| | コメント (0)

2010年11月20日 (土)

AT

 山道具のカタログを見て疑問に思っていました。

「ATって何??」

 その疑問は、「山と渓谷」を立ち読みして判明しました。

「アルパイン・ツーリング」の略だったんです。
今は「山スキー」とは言わないんですね。知らなかったー。

 ついでに、「兼用靴」とも言わずに「ATブーツ」だそうです。

 ウーム……。23年も経つと随分と様変わりしているんですね。
何だか竜宮城から帰った浦島太郎の気分です。

 ま、今後も呼称を改めるつもりは全くありませんがー。 

| | コメント (2)

2010年11月18日 (木)

前田りり子

 最近までこの名前を知りませんでした。

「えっ?、前田りり子??。」

 昔からのフルート好きだったら、当然のように故林りり子氏を
思い浮かべますよね。私も大いにお世話になりました。

Img_2305

 カセットデッキが無いので、今となってはマイナスワンが出来
ませんが、テープもちゃんと取ってあります。

 調べてみると、前田りり子氏の母親が林りり子氏のお弟子さん
で、我が子に師匠の名前を頂いたのだそうです。生まれながら
にしてフルーティストの道を与えられたような方ですね。

 かの高名なフラウト・トラベルソ奏者の有田正広氏に師事し、
輝かしい実績もあるので、

「これは聴くしかないっ

 ということで、CDを取り寄せました。

Img_2303

 直感的に良さそうだと思ったので、一気に3枚です。
おー、大人買いだ~。彼女のオフィシャル・サイトから格安で
求めることが出来ました。

http://www2.odn.ne.jp/~cco69970/liliko.html

 いや~、最初に聴いたオトテールの組曲で耳にした最初の
一音でノックアウトです。素晴らしいっ。何という深く豊かな
トラベルソの音と瑞々しい感性でしょう。
こりゃ本物だぁ。\(^〇^)/

 実は、酒田市内にある黒木脳神経クリニックの院長先生が
彼女を招いてサロン・コンサートを12/11に開催するのですが、
そのブログ記事で初めて彼女の事を知ったワケです。会場は
先生所有のホールということで、真っ先に予約を入れました。
出来たての美術品のようなチェンバロのお披露目と相まって、
とても楽しみです。

 いやあ、それにしても、りり子氏の演奏を聴いたら、フルート吹き
なら誰だってフラウト・トラベルソを吹きたくなるでしょうね。それほど
に魅力的です。 

| | コメント (2)

2010年11月17日 (水)

兼用靴探し

 23年間使い続けてきたコフラックの山スキー兼用靴、
ヴァルガ4000ですが、普通ならとっくに廃棄されたであろう
状態になってからも修理に修理を重ねてきました。
足が無駄に大きいために困難を極めて探し出した靴なので
大切にしてきた訳ですが、去年修理したアウターの亀裂が
更に拡大していて、

「あ゛ー、いくらなんでもこりゃもう無理。」

と、諦めざるを得ない状態になりました。

 そこで、ICI石井スポーツの中でも最も広い売り場面積を
持つという新潟店に行ったのが3日前。

 しか~し、私の足に合う兼用靴は全くありませんでした。
昔と違って足の大きい人が増えているだろうと思っていました
が、その期待は見事に裏切られました。

 それでも、ダイナフィット、ガルモント、ブラックダイヤモンド、
スカルパの兼用靴をつぶさに見ることが出来ました。

 私が兼用靴に求める点は明確です。

①歩行と滑降の切り替えが簡単確実なこと。

②歩行性能と滑降性能がどちらも良いこと。

③耐久性があること。

④インナーのソールがしっかりしていて、そのまま歩けること。

 以上4点です。昨期まで使ってきたヴァルガ4000の場合、
③と④は最高でしたが、それ以外は最低レベルだったので、
選考基準としては、実はかなり緩かったりします。

 そして、カタログを貰ってきて、ネットでも調べまくって、

「これしかないっ

という靴に行き当たったのは良いのですが、無い。輸入元に直接
メールして確認すると、日本国内に全く無い事が判明しました。
アメリカのメーカーに在庫があれば取り寄せることは出来るそうです
が、注文した場合のキャンセルは出来ないので困る訳です。
靴ばかりは履いてみないと分かりませんからねえ……。

 そこで、メールのやりとりでの結果は……、同じシリーズの靴を
試してサイズを確認してから発注するということになりました。
ジャストサイズとは思えないサイズしかありませんでしたが、やら
ないよりはマシ。

 もしも、メーカーに在庫がなければ来期になってしまうかも知れま
せんが、いつまでも待つ覚悟です。

 あ゛ー、大足は辛いなぁ…。


| | コメント (0)

2010年11月16日 (火)

映画音楽

「日本映画って、挿入音楽が下手くそだなー。」

とずっと思っていましたが、「のだめカンタービレ最終楽章」
は違いますね。本当に上手いと思います。選曲が巧みだし
使い方が実に効果的

 いや、音楽だけじゃなくて、カット割りとかも凄く上手いです。
監督のセンスの良さが光りますね。若手だと奇をてらうという
か、オリジナリティを表現しようとすることが多々ありますが、
武内監督の演出は実に自然体で安心して観ていられます。

 ウン、これは本物だ。大したモンだ

 原作の漫画には音楽が無いワケですが、読んでみてどう
イメージ出来るか興味が湧きますね。♪♪

| | コメント (0)

2010年11月15日 (月)

謎のスーパーカー集団

 昨日の出来事です。

 小春日和の中、北陸自動車道上り車線を気持ちよく走って
いると、ドドドドッとスーパーカーの集団が追い越して行き
ました。真っ赤なポルシェを先頭に、フェラーリが5台ほど、
スーパーセブンやパソコンゲームでしか知らない車などが
全部で10台ほど。それはそれは壮観でした。
少し離れて走っていたスカイラインGTRがとても地味に見え
たほど。

 で、しばらく走っていると、またその集団がパーキングから
出てきました。

「な~んだ、要するに見せたい人達なワケね。」

ということで、猛然とダッシュして、追い越していった先頭の
ポルシェの後ろに付いて、後ろ姿をしばし鑑賞してあげました。

「お~~、ポルシェってカッコ良いよね~。
でも、スーパーカーなんだから160キロなんて低速じゃなくて、
300キロ位で走って欲しいよねー」

と思っていると、そのポルシェのドライバーは尻を振って、

「追い越せよっ

みたいなサインを出しました。

 一瞬その気になりましたが、初心者マークを貼ったホンダ・
フィットに越されたんじゃ、お仲間に笑われるのがオチなので、
可哀相に思ってヤメておきました。(笑)

「大衆車のフィットをナメんじゃねーぞ、200キロ出るんだから

と思ってもやらないのは大人の節度というものです。(笑)
 
 それにしても、フェラーリの後ろ姿は迫力ありますね。
大型トラックをペッチャンコにしたようなフォルムがたまりません。
目の保養になりました。乗っていたのは皆さんオッサンだと
思いますが~。

| | コメント (0)

2010年11月11日 (木)

のだめカンタービレ最終楽章

 ようやく観ました。

Img_2302

 個人的に、これは日本映画の最高傑作ではないかと
いう気がしました。(笑)

 こんなに幸せな気分にさせる映画は滅多にないでしょう。

「どこが?」

と思う人は観るしかない。

 部分的なアニメとのコラボレーションが実に効果的で、のだめ
の破天荒な人物像と上手くマッチしています。真一の指揮振りも
大いに進歩しているし、ピアノの演奏も真に迫っています。
これだけ本格的な演奏シーンを見せる映画はハリウッド映画でも
非常に少ないです。良くやった。大したもんだ

 実は、テレビドラマ以上の出来は期待していませんでした。
ところがどっこい、パリでの本格的なロケで雰囲気を醸しだし、
漫画チックなキャストとアニメを上手く融合させた手腕は素晴ら
しいです。

 改めて監督が誰なのか見てみると、竹内英樹氏??。
全然知りませんでしたが、上手いですね。感心しました。

 性格的に対極にあるような二人の天才を、見事に絡めながら
音楽の楽しさと難しさを上手に表現していました。
 
 鑑賞しながら拍手することも度々で、ヘビー・ローテーションの
DVDになることは間違いないですね。良い作品です。

 しかし…、竹中直人演じるシュトレーゼマンは、際だってキモイ
けど凄い存在感。陰の主役かも……。

| | コメント (0)

2010年11月10日 (水)

スーパー・レッドバット

「ピッケルに取り付けるスコップで良いのないかなー?」

と、以前から思っていました。これまで使っていたのは、
ポリカーボネート製の柄がセットになっている物です。
一部割れています。

Img_2297

 柄が伸びるので使い勝手は良いのですが、山スキーに行く
時はピッケルを持っていくことがほとんどなので、柄が邪魔くさい
訳です。昔はピッケルに取り付けるタイプが普通に売られていま
したが、今は登山用品店にも置いていません。

 ということでネットで探したらありました。山スキーの達人が紹介
していたので間違いないだろうと思って、とがしスポーツに注文
して取り寄せました。

Img_2293

 エキスパート・オブ・ジャパンのスーパー・レッドバットです。
早速、シモンのムスタング改に取り付けてみました。

 ジュラルミン製で361gでしたが、達人が紹介していたのよりも
131g重いのはどうしたことでしょう。スーパーになって強度が
増して重くなったんでしょうか。不明です。

Img_2296

 裏はこんな感じです。

Img_2295

 全然スマートじゃありませんが、確実と言えば確実…。

 まあ、充分実用になる気はしますが、仕上げが荒くて
バリがありました。ザックを切りそうなので、サンドペーパー
で滑らかにしました。

 柄が不要になったことで278gの軽量化です。こうした僅かな
積み重ねが快適な山スキーに繋がるハズ。

 山の雪はまだまだこれからですが、準備はしておかないとね。

| | コメント (0)

2010年11月 9日 (火)

靴職人からのコメント

 22年前に閉店した登山靴専門店、「トップ靴店」の元店主
からコメントを頂きました。ブログをやっているとこんなことも
あるんですね。思ってもみませんでした。

 閉店した理由も明らかになって長年の謎が解けましたが、
一抹の寂しさが残ります。あんなに優れた仕事をしていても
やめざるを得なかったなんて……。

 登山靴はともかく、大量消費時代が終焉を迎えつつある今、
本物の靴を求める人はまた増えて来る気はするんですが。

 靴と言えば、つい最近に二足買い替えました。
劣化してバラバラになった為に仕方なくですが、買ったのは
修理しながら長年使えるような代物ではありません。
そんな靴はもはや売っていないんです。残念なことですね。

 「トップ靴店」の元店主から頂いたコメントはこちらに載って
います。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2007/12/post_38fd.html

| | コメント (0)

2010年11月 8日 (月)

自転車は体に良いね

 今の時期に毎年ある地元公民館での健康診断に行って
きました。安い料金で全身見てくれるのはありがたいよね~。

 で、内科検診では女医さんだったので嬉しかったのですが、
聴診器で調べた結果、

「とても綺麗な心音です。」

と言われたのはもっと嬉しかったです。

 5年前までは自覚するほどの不整脈で、心電図検査でいつも
引っかかっていました。それが、4年前から自転車に乗るように
なって完治していたのですが、こんな風に言われたのは初めて
です。

 心拍数も47で、心肺機能の強化を目指して始めた自転車乗り
の成果がハッキリと現れています。赤血球も増えました。
おかげで、若い頃以上に山をガンガン登ることが出来るようになり
ました。行くヒマはなかなかありませんが。

 いや~、自転車って、ホントに健康的ですよね~。
皆さ~ん、もっとガンガン自転車に乗りましょう~

| | コメント (0)

2010年11月 7日 (日)

めざせ一日600Km!!

 来年の目標が決まりました。

 先月に、自転車のロードレーサーで、あと25Kmは走れる
時間を残して一日500Km走行という目標をクリアしたので、
次はやっぱりこれしかないかな?、と。(笑)

 いや、笑い事では無いです。この目標は相当厳しいです。
だって、停車時間及び休憩時間込みの全体平均速度で、
毎時25Kmを維持したまま24時間走り続けてやっと600Km
なんですから。(@@
自動車でだって、高速道路を一切使わなかったらかなり大変な
距離です。

 でも、目標としてはこの位ハードな方が燃えます。
挑み甲斐があるというものです。

 実は、ネット検索したんですが、一日600Kmどころか、500Km
の記録も全く見つからなかったんです。参考にしたいと思って
探しまくりましたが無い…。

 ならば、こうして情報を発信することで、

「オレも挑戦してみよう

とか、

「若い頃にやったよ。」

とか言う人が出てくれば、と思った訳です。

 ブルベ600Kmというのはありますが、制限時間40時間
なので、私がやっている午前0時から24時間以内で行う
ノンサポート単独走行の「チャレンジ!ワンデイラン」とは
性格が違います。

 ブルベもいずれはやってみたいと思いますが、日程的に
出場できるものが無いので仕方ありません。

 もし、このページを見つけて血が騒いだ方や、経験者の
方は連絡下さいね~。

 それにしても……、高速道路って信号が無いし路側帯が広い
から、自転車で長距離を走るのに都合が良いと思いません?。
もし走ったら、やっぱり警察に捕まるんでしょうか。

| | コメント (6)

2010年11月 6日 (土)

エクステンダブルズ

 久~しぶりに映画館に行ってきました。チャリンコで。

 シルベスター・スタローンの最新作で、オールスター・
キャストのアクション大作という触れ込みの作品です。

Img_2292

 座席指定の意味がないガラガラのレイトショーだったので、
見易い席に移動して鑑賞しました。

 いや~、スタローンらしいというか、やたらと銃をぶっ放し
ナイフを投げまくる見事なB級アクション映画でした。
これはこれで気分スッキリ。(笑)

 たった一度だけガイドして貰っただけの女を命がけで助ける
というのは理解不能ですが、ランボー2の流れでしょうか。

 友情出演のアーノルド・シュワルツネッガーとのシーンは
ジョークに満ちていて笑ってしまったんですが、他の観客は
大人しくしていました。なんで~?。

 「デモリッションマン」では、長期冷凍禁固刑に処されていた
スタローン演じる元警官が、出所後にシュワルツネッガー図書館
を見つけて、それがシュワルツネッガー大統領を記念した物と
知ると思わずぼやくシーンがあり、アクションスターとしてのライ
バル関係を象徴するような印象を与えました。

 しかし、この映画では深い絆で結ばれた友人に変わっている
ようで、ニヤリとさせられました。シュワちゃん、良いよね~。

 結局のところ、この作品は疲れ気味のオヤジ達への応援歌
なのかも知れませんね。

 帰りは星を眺めながら快走しましたが、暖かい夜で、とっても
気持ちよかったです。

| | コメント (0)

2010年11月 5日 (金)

尖閣ビデオ流出

 今日はこれしかないですよね~。

 このところ、TPP参加へ加速している政府の姿勢にカッカ
していただけに、胸のすく思いです。

 you tubeに投稿した、というか内部告発した人は偉い
よくやった。 \(^〇^)/\(^〇^)/\(^〇^)/

 中国に対して及び腰の政府の対応に、

「ふざけんじゃねーぞ、バカヤローッ

という、はらわたの煮えくりかえるような思いだったのでしょう。

 犯人捜しもされるでしょうが、世論はビデオを公開せずに
うやむやにしようとした政府への批判を強めるでしょう。 

 ビデオを見る限り、誰がどう見ても中国漁船が一方的に悪い
です。そもそも、漁が目的ではなく問題を起こすための偽装漁船
だったのは明らかです。最初からそんな気がしていましたが、
もはや確定的ですね。

 もし、領海侵犯されたのが日本以外の国であったら、間違いなく
銃撃していたでしょう。いやはやなんとも…、海上保安庁も随分と
舐められたモンです。がんじがらめにされている現場の海上保安官
達の悔しさといったら無いでしょうね。きっと、このビデオ流出に拍手
喝采していることでしょう。

 とにかく、よくやった
 

| | コメント (0)

2010年11月 4日 (木)

マイ・ミシン

 妻のミシンが絶不調ということで修理屋に見て貰ったら、

「これは寿命です。部品もありません。」

 ということで、奮発して新しいミシンをプレゼントしました。
私が妻に高価な物を贈ったなんて、結婚以来初めてかも
知れませんが、店頭で充分試してから選んだので、妻は
大喜び。

 ひょっとして、私が借用してツエルトやシュラフの改造で
無理をしたのが悪かったのかも……?、という負い目も
あったんでねー。

 ということで、古いミシンが不要になりましたが、試して
みるとまだ使えるので貰いました。

Img_2290

 ヤッタッー、これで気兼ねなくミシンが使えます。

 妻の主な使途である創作人形の服を縫う作業はかなり繊細
なので、不調のミシンではどうにもなりませんが、私の大雑把な
縫い物ならまだまだいけるでしょう。

| | コメント (2)

2010年11月 3日 (水)

籾摺りカゴ

 籾摺り時にトラックに乗せて使うカゴですが、脚が腐ったり
強風で骨が折れたりしていたので修理しました。

Img_2275

 折れた骨を外して、腐った脚を切断中です。

 これに新しい脚と骨を足して固定しました。

Img_2286

 接地する管の腐食を防ぐために、両端にシリコンを詰め
ました。

Img_2285

 これで修理完了。30Kg袋100袋分の籾殻が
余裕で入ります。

 あとは、来年また使う時に網を被せて、スエジットに固定
すればOKです。

 準備万端ですが、本当に来年も米を作れるかどうかが
問題です。日本がTPPに参加するなんて事態になったら
やめるかも知れません。

| | コメント (0)

2010年11月 2日 (火)

8連式CDスタンド

 久しぶりの木工です。

 よく聴くCDは、これまでこんな風にしていました。

6z040001

 まあ、これはこれで良いんですが、思いつきで8連式を
作ってみました。

Img_2289

 どうなっているかというと、

Img_2288

 こんな具合です。欅材を使いました。
簡単木工ですが、木肌の感触と磨く時の匂いががたまり
ませんね~。


| | コメント (0)

2010年11月 1日 (月)

風力推進機

 一週間ほど前、動力散布機を背負って自転車に乗って
いる人がテレビで紹介されていました。ダクトを後ろに向け
て、そこから吹き出す風を推進力にしていたんです。

「へ??、あんなんでホントに進むのか

と思ったのは私だけではないでしょう。

 そこで、実験です。

 私の散布機には巨大タンクが付いていて邪魔くさいので
外しました。

Img_2281

 調節レバーの穴はガムテープで塞ぎましたが、大穴を塞が
ないといけません。

Img_2279

 端材を使ってササッと蓋を作りました。

Img_2284

 2.3mm鉄板に19mm角パイプと6mm丸棒を溶接して塗装
し、10mmの発泡ゴム板を貼りました。こういう作業は久しぶり
なので、とても楽しいです。

 取り付けもすんなりいきました。混合ガソリンを満タンに
しても10.8Kgでした。軽いです。

Img_2282

 さてと、試験走行となりましたが、村中でやると騒音公害になる
ので、担いでアイドリングのまま田んぼに出かけました。
スピードを計測するためにGPSを持参しました。
路面ウエットで無風、1.5インチスリックタイヤ装着のMTBという
条件です。

 その結果、ゼロスタートでクランクを回さない、全くの風力推進に
よる最高速度は21.8Kmでした。普通に漕ぐより遅いし~。
 
 お遊びついでに動画も撮りました。デジカメの動画撮影初体験
ですが、アップロードしようとしたら凄く時間がかかるのでヤメ
ましたー。簡単に出来ないのかな?。

 ということで、予想通りの推進力しかないことが分かりましたが、
上り坂では後ろから軽く押して貰っているようで、確かに楽でした。
風力アシストというワケです。

 でもね~、音はうるさいしあまりスピードが出ないから実用性は
無いと判定しました。余興としては楽しいと思いますが。

 ところで、日本中で、

「おっ、オレも試してみよっ

と私のように実行した人って、何人いるでしょうね?。(笑) 

| | コメント (2)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »