« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月28日 (月)

避難所生活

 大震災後の避難所生活の様子が多数報道されています。

「ガソリンが無い!。食料が無い。水も無い!。助けて!!」

等と涙ながらに訴える人もいましたが、一方、行政の支援が
無い孤立無援の自主避難所でも、知恵を出し合って嬉々と
して共同生活をしている人達がいました。

 牡鹿半島の突端にある集落では、きちんと役割分担をして、
男達は山から水を引いて薪を集め、ドラム缶にお湯を沸かして、
鉄パイプで作った配管で屋内の風呂に給湯し、入浴も出来る
ようにしていました。椅子の座面をくり抜いて、簡易洋式トイレも
作っていました。もちろん、囲いアリです。

 女達は炊事洗濯。かき集めた食料を計画的に利用していま
した。悲しい事も多くあったと思いますが、冗談を言いながら
和気藹々としていたのが印象的でした。

 また、山の上の神社に避難した人達も同様で、拾ってきた
板と鋸でトイレを作っていました。地面に穴を開けて板を渡し、
ベニヤ板で囲っただけの簡単な物ですが、充分間に合います。

 こうした自助努力は、いわばサバイバル術ですよね。
ある物で何とかすることが最も大事です。そこには創意工夫が
あり、上手くいった時の喜びは大きいものです。前向きな気持ち
にもなります。再建に向けて頑張って欲しいものです。

 しかし、避難民でもないのに日常的に似たようなことをやってる
私って……。

 育苗用のビニールハウス内ですが、

Img_2907

 その一角で暮らせるようになっています。有り合わせの物を
集めたので、新たに買った物は殆どありません。

Img_2905

 内張りしているので、水滴が落ちることもありません。

Img_2906

Img_2904

 天気が良い時は暑いので、屋根には部分的に遮光シート
を張っています。

Img_2910

 トイレは、稲刈り後に数日しか使わない籾摺り用のカゴ
の中に穴を掘って板を渡しています。使用済みの紙は、
オイル缶に入れて燃やします。山小屋方式ですね。

Img_2903_2

 風呂は、究極のドラム缶風呂を使っても良いし、大鍋に
沸かしたお湯をプラスチックタンクに入れてもOKです。

 ネズミ対策も万全です。

Img_2909

 つまり、立派に暮らせます。通称「別荘」ですから。(笑)

 もちろん、自宅のような便利さはありませんが、自宅よりも
居心地が良くて気に入っています。テントと山小屋の中間的
な魅力があるんですよね。

 もし、私が被災者だったら、大勢がいる避難所に入ることは
全く考えられません。きっと、こんな風に暮らすでしょう。

| | コメント (2)

2011年3月27日 (日)

アホな行列

 近所のがソリンスタンドが売り切れになってから数日。
昨日からは「売り切れ」の看板が出ていましたが、今日は
早朝から給油待ちの車が行列を作っていました。

「アホか?」

 後方の車はともかく、先頭車両の運転手は文盲か?。
いや、文盲なら運転免許を取れないだろうから、期待して
待っていたということか。今日は日曜日だからタンクローリー
が来ないことくらい考えついても良さそうなもんだけどね。

 震災後、私はまだ一度も車へ給油していませんが、何ら
不自由ありません。どこへ行くにも自転車で充分です。
自動車が不要な気さえしてきました。

 昔の人は本当によく歩きました。それを考えれば自転車
の機動性は凄いです。感動的ですらあります。
頑張れば一日に500Kmだって走れます。

 ただし、大きな荷物がある時は困りますよね。

 そこで、材料置き場からリアカーを作る材料を集めてみました。
まだ必要無いので作りませんが、構想だけは膨らんでいます。

| | コメント (2)

2011年3月21日 (月)

風評被害

 恐れていたことが起きました。農産物の放射能汚染です。

 福島、茨城を始めとして、栃木、群馬等の露地野菜から
も放射性物質が検出されたそうです。こうなると、

「すぐに人体に影響のあるレベルではない。」

とか、

「洗って食べれば大丈夫です。」

とか言ってもダメなんです。消費者は間違いなく買わなくなり
ます。特に、子供を持った主婦はシャッターを下ろしてしまう…。

 こうした風評被害は過去に何度もあって私も大被害を受けまし
たが、放射能汚染となるとその深刻度は桁違いです。
騒ぎが大きくなれば、加工や業務用に回すことも出来なくなる
でしょう。

 なんといっても、先が全く見えないワケで、飛散地域だけでなく、
産地を問わずにほうれん草が売れなくなるかも知れません。

「庄内産は安全だー」

などと脳天気に言ってもいられないのです。妻に言わせれば、
それが主婦感情なんだそうです。つまり理屈が全く通じない
相手が購買層ということですから、実に恐ろしい……。

「あ゛ー、官房長官、まずいこと言ってるな~」

 と思いました。もはや手遅れです。(ーー

 枝野官房長官の奥さんが、やっと授かった4歳の双子に汚染
野菜を平気で食べさせるか知りたいですねぇ。

| | コメント (0)

2011年3月20日 (日)

シングル・ロードって楽しいっ!

 ママチャリ改造型シングル・ロード車ですが、天気が
良い日には畑に乗っていきます。

Img_2902

 圃場内の道を23cタイヤで走行するのは不可能なので、
200mほど担ぎます。

 それでも、MTBとは比較にならない程の軽快な走りが
楽しめるので、担ぐことなど全く苦になりません。

 今日は、このママチャリ改で実家まで走ってきました。
新潟の大学に合格した甥っ子へ合格祝いを贈るためですが、
ガソリンが勿体ないので自転車で行ったというワケです。
正月の話では仙台の大学を受けるということで心配していま
したが、新潟で良かったです。福島県からの避難民が多くて、
物資が不足しているという話もありますが…。

 それはともかく、シングル・ロード車って楽しいですね~。
52×17Tというギア比は普通よりも高いですが、少々の登り
ならばダンシングで乗り切れます。ギアチェンジが出来ないと
いうのは、何とも言えない潔さがあって私好みです。

 それにしても、このところの深刻なガソリン不足で、実家の父も
自転車で爆走しているそうです。御年80也。さすがは我が親父
というべきか。(笑)

| | コメント (0)

2011年3月19日 (土)

大津波の破壊力

 東日本大震災で大きな被害をもたらした大津波ですが、
なんと、釜石湾にある世界一の大防波堤をも破壊したとの
こと。

「この防波堤は世界一の規模なんだ。」

と潜水会社の社長が誇らしげに教えてくれたので良く覚えて
います。多分、そこでの工事だったと思いますが、私も水深
55mの現場に潜って写真を撮ったことがあります。たった5分
で5万円という美味しい仕事でした。

 それが完成したのが平成20年度とのこと。63mの海底から
積み上げた巨大な堤防が完成後僅か数年で破壊されるなんて、
誰が考えたでしょうか。いやはや全く、自然の力は呆れるほど
凄まじいです。小賢しい人類を嘲笑するかのようです。

 他にも田老町の、やはり世界一の防潮堤も役立たずだったそう
です。

 これでは、諦めて高台に住むしかなさそうですね。沿岸部の地盤
沈下も甚だしいようだし…。

| | コメント (2)

2011年3月18日 (金)

買いだめ

 貴重なガソリンを使って会議に出かけたついでに、
買い物をしてきました。

 シェーバーの刃を買いに家電量販店に行ったら、乾電池や
ラジオ、懐中電灯類が棚から全て消えていました。

 大型スーパーに行ったら、加工品を含む肉類、レトルト食品、
インスタントラーメンが完売。魚は豊富にあったので、購買層
としては比較的若い世代で、焦って買いだめに走ったと思われ
ます。

 私の印象としては、

「意外に物あるじゃん!」

 卵や豆腐、魚類、野菜等は地元産があるからだと思いますが、
もっと切迫しているのかと思っていました。ちょっと安心…。

 でも、牛乳とかでは、生産力はあっても紙パックが無くて出荷
出来ないといった問題も生じているようです。ガソリンや軽油が
無くて物流が停止しているくらいなので、明らかに交通量も少な
いです。

 まぁ、豊かになりすぎた生活を見直す良い機会だと思いますねぇ。

| | コメント (0)

2011年3月16日 (水)

原発事故

 福島原発の事故は本当に恐ろしいことですね。
危険レベルが最高度7に次ぐ6に相当するという話も
あります。

 避難した地域住民は自宅へ戻る見込みがなくなり、
長期にわたって農業や漁業が出来なくなることが懸念
されます。これは津波被害を凌駕する極めて深刻な事態
です。

 その原因を作った東京電力の対応には呆れるばかりです。
今日の報道では、

「放射能レベルが高くて近づけません。」

 だと。

 はぁ?、なに人並みなこと言ってんだよ。
危険は承知の上で原発に勤めて、高い給料貰ってきたん
だろ。これは戦争だ。死ぬ覚悟で原子炉を守れ

 マジでそう思います。

 今のところの避難範囲は半径20Kmですが、風向きと
風速次第ではなかり遠くまで被害が及ぶのは間違いあり
ません。原子炉が破壊されないことを願うばかりです。(ーー

| | コメント (2)

2011年3月15日 (火)

物流停止

 庄内地方では地震の直接的被害は無いのですが、
物流の拠点だった仙台が甚大な被害を受けたために
大きな影響が出ています。

 まず、ガソリンや軽油などの燃料事情が厳しくなったので、

「帰りの燃料が確保出来ない」

という理由も重なって、食料品や生活物資を運ぶトラックが
来なくなりました。

 我が家では一週間分の食料を生協宅配で購入している
のですが、昨日の配達日には、詫び状を添えた無料の納豆
が一個だけ届いていました。

「まあ、こういう事態だからしょうがないなー。
何が入っているか分からない婆チャンの冷凍庫を掃除
するのに良い機会だー。ハハハ。」

 という具合で、さほど困りませんが、街の住民達がパニクって
買いあさったのが一番の原因でしょう。ヤレヤレ…。

 テレビで一月の豪雪を取り上げていた時に、秋田の山奥の
民家を取材していました。

インタビュアー 「何日分くらいの食料を保存しているんですか?。」

婆様       「んだなあ、2年分くらいかなー。」

 笑っちゃいましたが、これが本来あるべき家庭の姿だと思い
ました。

 私の実家でも、昔から「味噌蔵」と称する食料庫があって大瓶
がずらりと並んでいました。今でも大量の保存食の他に、大型
冷蔵庫はいつも満杯。物流が停止しても全然困らないでしょう。

 我が家の備蓄量はそれには全く及びませんが、当面は大丈夫
です。

 今回買いあさりに走った人達も、物流が回復したら備蓄すること
の重要性なんて、すぐに忘れてしまうんでしょうね。
嘆かわしいことです。(ーー

 我が家では、農家の務めとして野菜をせっせと出荷しています。
このところ、昼休みもナシです。

| | コメント (3)

2011年3月14日 (月)

長蛇の列

 一昨日からガソリンスタンドに長蛇の列が出来て
います。給油量を一台10リットルとか制限している
ので、毎日並ぶ人が多いのでしょう。

 並ぶためにもガソリンを消費するし、車で携帯電話の
充電をするためにガソリンが必要という人もいました。
バカげています。こういう時くらいは自転車で通勤する
とか考えないんでしょうかね?。充電ならエンジンを
かけなくても出来るし、乾電池利用の充電器もあります。

 今回の大震災で、自動車と携帯電話に依存し切っている
人がいかに多いかが良く分かりました。

「備えあれば憂いなし」

という素晴らしい諺があっても、実践している人は少ない
のが実態のようです。(ーー

| | コメント (2)

2011年3月13日 (日)

東北関東大震災

 驚愕の大災害ですね。

 発生時、私は鶴岡市郊外の歯科医院にいました。

「これは震度5くらいだな」

と思いました。テレビで震源と規模が分かりましたが、
まさかあんな凄まじい津波被害が発生するとは思いま
せんでした。本当に驚きました。

 歯科医院では停電も無くて普通に治療出来たんですが、
帰宅したら停電していて、

「超ヤバッ

 スイカの接木(断根挿し接ぎ)を前日にしたばかりで、
長時間の停電は苗の死に直結するからです。

 家族の生活は後回しにして養生床用に発電機を回すと
共に、薪ストーブと反射式ストーブをガンガン燃やしました。
一晩中、一時間ごとに燃料補給をしていました。
暖房効率を上げるために、前の日に育苗ハウス内に
間仕切りをしていたのが非常に役立ちました。

 家族への対応は最低限です。
私自身は日ごろから無暖房で過ごしているし、ライフライン
など全く無い冬山に慣れているので全然ノープロブレムです
が、家族はそうじゃないので少しはしないとね。

 実は、私は子供の頃から停電が大好きでした。
40年以上前は停電が珍しくなかったんですよね。
停電すると、普段は使わないランプやろうそくを灯すのが
嬉しくて、ワクワクしたものです。今もそんな感じです。

 ということで、今回はガスランタンや各種電池式ランプが
活躍しました。料理するにもガスはプロパンなので問題なし。
水は、発電機で井戸水を汲めば良いのですが、速攻で畑に
持っていったので、家では雪を溶かして使いました。
水洗トイレが使用不能でも、外にポットン便所があるので困り
ません。反射式ストーブが多数あるし、食料や燃料の備蓄も
充分にあります。電話は電源不要の昔の機種に交換しました。

 これが、今流行の「オール電化」なんかだったら大変です
よね。あれは私には全く考えられない発想です。
リスクを分散するのは危機対策の基本だということに全く
反していますから。

 今回の大震災では家族と連絡が取れなくて気をもんでいる
方が大勢います。私の息子も、地震が発生した日に高速バス
で仙台へ帰っていって、高速道路上で足止めを食らった後に
連絡不能になって随分と心配したのですが、昨夜遅く、無事に
帰ってくることが出来ました。高速バスは何とか仙台まで着いた
ものの、ライフラインは完全に停止。こういう事態に備えて私が
買い与えておいた非常用品が役立ったそうです。

 それにしても、被害の映像を見れば見るほど凄まじい震災
だと思います。三陸沿岸は、若い頃にフリーの作業ダイバー
として働いていただけに、一層心が痛みます。身を置いていた
釜石の潜水会社も消滅したでしょう。O社長は生きてるかな?。

 しかし、地球は人間のためにあるワケじゃないのも事実。
「ホモサピエンス」などと驕ることなく、謙虚に生きたいものだと
思いますが、津波以上に恐ろしい原発事故を起こすのは人間。
困ったことです。(ーー

| | コメント (6)

2011年3月 6日 (日)

キジ料理

 一月に捕まえたキジをローストして冷凍しておいたん
ですが、少々焼きすぎたのでチョット固そう…。

Img_2892

 そこで、焼いた肉にも効果があるのかは不明でしたが、
重曹の水溶液に一日浸けておきました。

 さっと水洗いしてから手で解体すると、簡単にバラバラに
なりました。一応の効果があったようです。

 これを煮ることにしました。他の具材はシンプルに玉葱
だけです。味付けには、中華スープの素と塩、日本酒、
おろし生姜、胡椒、昆布醤油、胡麻油を使って煮込んで
から、最後に片栗粉で軽くとろみを付けて完成

Img_2893

 おーっ、旨いな~。
市販の鶏肉では得られない濃い味わいです。
ジビエ料理に理解の無い妻は一目見て、

「あっ、パスっ。」

と逃げてしまいましたが、息子は終始無言ながらもお代わり
していました。初めて食べたキジ料理は気に入ったようです。

 肉も美味しかったですが、スープがまた旨いっ
飲みまくりました。

 ということで、今度捕まえた時には普通に生肉を重曹に
浸けてから料理しようと思います。その方がより美味しい
でしょうから。

| | コメント (0)

2011年3月 4日 (金)

携帯カンニング

 大ニュースになった大学入試カンニング事件ですが、
なんと山形県内の公立高校を去年卒業した男子だそう
ですね。

「なぬ?、山形県の北部にある進学校って、まさか息子の
同級生じゃないだろな

と思いましたが、「県内きっての豪雪地帯」ということだったので、
酒田の高校ではないようです。おそらく最上地方でしょう。

 それにしても、なんとも切ない話ですねー。
一昨年に父親を亡くして、母親に負担をかけないようにと
思いつめた末の不正行為だったようで、ここまで大事になって
逮捕までされるなんて思いもしなかったのでしょう。

「まんず、めじょけねごど~」

 まあ、カンニングが悪いことなのは当たり前のことですが、
やったことがある人は少なくないでしょう。私も中学時代に
やったことがありま~す。あの頃はゲーム感覚でしたが、
カンニングペーパーを作っても、作る段階で覚えてしまい
無意味だったので止めたことを覚えています。

 今回は第三者に回答を求めたという現代的なカンニング
ですが、打ち込みに費やす時間とバレるリスクを考えると、
割に合わないのでは思いますがねぇ。

 また、不正できないような対策を講じていなかった大学側
にも問題があると思います。

 幸いにも今回の浪人生は未成年で名前が出ないので、
再起のチャンスはあるでしょう。出直して欲しいものです。

| | コメント (2)

2011年3月 3日 (木)

改造スキーアイゼン

 私がジルブレッタ404に使用しているスキーアイゼンは、
かつてチロリアTRBで使用していた純正品をジルブレッタ用
に改造した物です。ジルブレッタの純正品より爪が長いので
優れているんですが、先日の鳥海山行では、長さが足りま
せんでした。クライムサポートを立てると爪が雪面に僅かしか
届かないからです。

 そこで、改造することにしました。

Img_2888

 昨日届いたジュラルミン板をジグソーで切り出しました。

Img_2889

 鳥海山の外輪直下を登りながら、

「あと30mm長かったらな~」

と思っていましたが、よく考えて20mmにしました。
強度を増すためにプレス成形してから焼き入れするといった
加工が出来ないので、むやみに長くするのは避けた方が良い
という判断からです。

 これをドリルネジで取り付けました。

Img_2891

 ビット部分を削り落としてバリも取りました。
鳥海山の青氷でも刃が立つように鋭角にしました。

 クライムサポートを立てた404にセットするとこんな感じ。

Img_2890

 見た目には良さそうですが、実際に使ってみないと実用的
かどうかは分かりません。早く試してみたいですね~。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2011/05/post-ae20.html

へつづく…

 

| | コメント (2)

2011年3月 2日 (水)

ジュラルミン

 「鉄工」とは違いますが、金属加工用としてジュラルミンの
板を買いました。寸法は200×300×2mmです。

Img_2887

 今回の購入に際して、アルミ合金について調べてみました。
古くは零戦にも使われ、テントポールにも普通に使われている
超々ジュラルミン とかの違いも良く分かりました。

※ジュラルミン A2017
   銅 - 約4%
   マグネシウム - 0.5%
   マンガン - 0.5%

※超ジュラルミン A2024
   銅 - 4.5%
   マグネシウム - 1.5%

※超々ジュラルミン A7075
   亜鉛 - 5.5%
   マグネシウム - 2.5%
   銅 - 1.6%

 で、超々ジュラルミンが最も強度があるんですねぇ。

 しかも、熱処理に関しては、普通の鋼鉄と全く違う性質を
持つというのは驚きでした。融点が低いことから、温度設定が
ちゃんと出来る設備が無いと出来ないことも分かりました。

 ということで焼き入れは考えませんが、実物を手にしてみると
結構強いので、そのまま使えそうです。

 さて、ここで問題です。
私は、このジュラルミン板で何をしようとしているんでしょうか?。(笑)

| | コメント (0)

2011年3月 1日 (火)

ラムレーズン・チョコ

 以前、妻が買ってきたラムレーズン・チョコが美味しかった
ので、作ってみました。

Img_2880

 用意したのはラム酒に漬け込んで置いたレーズンとピュア・
ショコラ。一応、準チョコレートではなく、純チョコレートです。
徳用袋の安物だけど。

 これをコッヘルに入れて湯煎しました。

Img_2882

 その間、製氷皿にレーズンをテキトーに入れました。

Img_2881

 ラム酒を飲みながらだったりします。

 しかし、チョコレートって意外に溶けにくいんですね。
全く初めてなので知りませんでした。

 スプーンでかき混ぜて溶かしてから製氷皿に流し込んだら、
ピッタシカンカンの量でした。

Img_2883

 固まってから取りだしてみると……。

Img_2886

 ありゃー、見事に不格好です。
製氷皿も熱湯に入れておけば、チョコが全体に回ったんですね。
こりゃ失敗です。

 でも、結構美味しい。

 妻曰く、

「本格的な味ねぇ。でも、チョコの味が安っぽい。」

との評。何チョコを使ったかは知らないのですが正にその通り。
「本格的」というのも、つまりラム酒がキツイということでして…。

 ということで、次は上手く出来そうに思いますが、

「別にわざわざ溶かして作らなくても、チョコとラムレーズンを
一緒に食べれば良いじゃん

 とも思います。手間かからないし~。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »