« 原発事故 | トップページ | 大津波の破壊力 »

2011年3月18日 (金)

買いだめ

 貴重なガソリンを使って会議に出かけたついでに、
買い物をしてきました。

 シェーバーの刃を買いに家電量販店に行ったら、乾電池や
ラジオ、懐中電灯類が棚から全て消えていました。

 大型スーパーに行ったら、加工品を含む肉類、レトルト食品、
インスタントラーメンが完売。魚は豊富にあったので、購買層
としては比較的若い世代で、焦って買いだめに走ったと思われ
ます。

 私の印象としては、

「意外に物あるじゃん!」

 卵や豆腐、魚類、野菜等は地元産があるからだと思いますが、
もっと切迫しているのかと思っていました。ちょっと安心…。

 でも、牛乳とかでは、生産力はあっても紙パックが無くて出荷
出来ないといった問題も生じているようです。ガソリンや軽油が
無くて物流が停止しているくらいなので、明らかに交通量も少な
いです。

 まぁ、豊かになりすぎた生活を見直す良い機会だと思いますねぇ。

|

« 原発事故 | トップページ | 大津波の破壊力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発事故 | トップページ | 大津波の破壊力 »