« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

アレクシス・コール/いつか王子様が

 昨日は英国のロイヤル・ウェディングで大盛り上がりだった
から、というワケではありませんが、そんなタイトルを持つ
ジャズ・アルバムを紹介します。

Img_2954

Someday my prince will come 

 キャサリン妃もそう思っていた時期があったんでしょうか。

 それはさておき、ヴィーナス・レコードはまたも素晴らしい歌手を
発掘してくれました。1976年1月28日ニューヨーク州クイーンズ
生まれの35歳。音楽一家という恵まれた家系で、自身は大学
で音楽を専攻して修士号も取得したそうです。東京でも歌って
いたそうです。

 そんな彼女をヴィーナスの原社長が見逃すはずがありません。
その経緯は分かりませんが、目出度く第一弾として発売された
のがこのアルバムというワケ。2009年11月の発売ですが、
書店でたまたま目にしたので試聴したら一発で気に入りました。

 何が良いって、まず声質が素晴らしい。確かな基礎に裏打ち
された抜群の歌唱力と表現力、情感にウットリします。

 このアルバムではディズニー作品の中から珠玉のラブソングを
集めています。おそらく原社長のプロデュースでしょうが、見事
です。バックの演奏や録音も素晴らしく、第一級品に仕上がって
います。

 ちなみに、このCDはHQCDという高品質盤なんだそうです。
普通盤と比べようがありませんが、とにかく音は良いです。
臨場感もあります。DVDオーディオやSACDの普及戦略が失敗
したことを考えれば、普通のCDプレーヤーで再生できて価格も
変わらないHQCDの方が現実的です。ネット配信が台頭している
現状を踏まえれば、こうした形でのパッケージ・メディアの高品質化
には必然性があります。大歓迎ですね~。

 さて、ブックレットを読むと、

「カーメン・マクレエを彷彿とさせるところがある。」

とありましたが、私はアリーチェ・リカルディと声質と歌い方が似て
いると思いました。先に出たアリーチェのアルバムの印象が強く
なってしまうのは仕方ないですが、このアルバムを聴いていて、
ダブってしまうことがあるのは惜しいと言えば惜しい…。

 とはいえ、帯に書いてある通りに「名作!」であるのは間違い
ありません。お薦めです。

| | コメント (0)

2011年4月29日 (金)

肥え振り

 今年も載せますよ~。(笑)

Img_2951

 背負い式動力散布機で田んぼに肥料を散布してきました。
私が一番好きな仕事です。最大60Kgを背負って山々を眺め
ながら歩くのは気持ちが良いです。

 残念ながら鳥海山や月山は雲に隠れて目には見えません
でしたが、脳裏に焼き付いているので気分は変わりません。
金峰山や母狩山は見えました。

Img_2953

 このところの天候不順で田んぼが乾かないので、いつもの
軽登山靴ではなくて長靴履きで散布しました。

Img_2952

 こんな具合なので仕事が遅れています。春先からそんな気が
して稲の種蒔きを4日遅らせたので慌てることはありませんが、
そろそろ晴れが続いて欲しいところです。

| | コメント (2)

2011年4月27日 (水)

ハンディ無線機

 「備えあれば憂いなし」

という考えから、登山の際にはハンディ無線機を必ず携行して
います。八重洲無線のFT-23という、25年程前に購入した
機種です。あくまでも非常用だったので、免許も取らずにザック
に入れっぱなしでした。幸いなことに一度も使ったことがありま
せん。

 しかし、情報収集&暇つぶしに使おうかと思い直して一昨年に
免許を取得しました。が、やはり使うことはありませんでした。

 そもそも、「非常用」だからそれで良いんですが、なんせ古い
ので重いんです。

Img_2948

 標準バッテリーパックは単4電池6本でしたが、ハイパワー用の
単3電池6本仕様に変更したので尚更重い。ケースに入れると
546gにもなります。

 そこで、軽量化することにしました。
最新の小型軽量な機種に買い換える気はサラサラ無いので、
電池をアルカリの「エボルタ」からリチウム乾電池に替えました。

Img_2949

 アルカリ乾電池とは比較にならない程に圧倒的な高性能と
軽量さに惚れ込んだ結果です。高価なのは欠点ですが、私には

「非常用をケチってはいけない

という信念があります。(?)

 その結果、

Img_2950

 56gも軽くなりました。
底知れぬパワーがあって超軽量となれば、もはや天下無敵。

 まぁ、本当にケチらないのであれば衛星携帯電話を持てば良い
ところですが、貧乏なので維持費がかかる物は却下です。
普通の携帯電話も持っていないくらいだしねぇ。

 ということで、気分を良くしたところで、二ヶ月前に鳥海山で使って
そのままになっていた山道具を全部片付けました。

「あわよくばもう一度……。」

と思っていましたが、ついに諦めました。(笑)

| | コメント (3)

2011年4月25日 (月)

チャイコのピアノ協奏曲

 ラジオを聞きながらスイカの接ぎ木作業をしていて、ふと
NHK-FM放送に切り替えたら、丁度チャイコフスキーの
ピアノ協奏曲第一番が始まったところでした。
ナイスなタイミングです。

 冒頭のピアノを聞いてすぐに、

「あれっ

と思いました。聞き覚えのあるピアノ演奏だったからです。

「これって、辻井伸行君じゃね?」

 ラフマニノフの第二番で聴いたタッチに似ていたからです。
重くならずテクニックにも走らない、優しい演奏でした。
一言で言って、慈愛に満ちた演奏という感じ。

 聞けば聞くほど、

「これはやっぱり辻井君だろっ

と思いましたが、第三楽章のエンディングで、大きくリタルダント
してからオケと合わせた瞬間に、

「絶対間違いないっ

と確信しました。この曲は、とかく重々しくなって息苦しさをも感じ
させる演奏が多い傾向にありますが、彼の演奏にはそれが無い。
独特の揺らぎ感は、何やら子守歌でも聴いているかのような気さえ
しました。

 アナウンスで、やはりピアノは辻井君で、佐渡裕氏の指揮による
演奏だったことを知りました。音色や演奏に個性があって、それが
聴く人の心に響くというのは、優れた演奏家の条件だと思います。
テクニックに走る演奏家にはウンザリしますが、彼のように「心」で
奏でる演奏家は大歓迎です。生まれつきの才能を感じさせますが、
全盲という大きなハンディが非常に良い方向に作用したんでしょう。

 調べたら、チャイコの一番はCDが発売されたばかりなんですね。
ちゃんと聴いてみたいものですが、チョット高い…。 

| | コメント (0)

2011年4月22日 (金)

警戒区域

 福島原発絡みで、ついに警戒区域が設定されてしまい
ましたね。気の毒なことです。

 避難させた住民は、もっと手厚く保護するべきでしょう。
一時金が一世帯100万円だなんてケチなことは言わないで、
せめて1,000万円位なら少しは納得出来ると思うんですけ
どね。

「この機会に海外旅行でもするかー。」

と私なら思うでしょう。いや、思うでしょうが、実際は学費に回す
な…。

 もし私が警戒区域の住民だったら、長野県に避難しますね。
山に登り放題ということもありますが、一年を通して北東の風は
吹かないので安全と考えるからです。事実、放射性物質の飛散
状況を見ると、原発の南西方向への飛散量は少ないです。

 にも関わらず、半径20Kmと一律に決めてしまうのはナンセンス。
いかにもお役所仕事です。しかも、警戒区域設定後に一時帰宅を
させるが、最大2時間で一軒一人だけで貴重品類だけの持ち出し
なんてバカげています。皆さん、トラックで行って家財道具を持ち出し
たい筈です。なんたって、半年以上帰れないんですから。

 それに、酪農家はどうするんでしょう。家畜を見殺しにしろというの
でしょうか。受け入れ先を確保するのはかなり大変でしょうし。

 とにかく、避難住民の気持ちを全く理解出来ない人達がやること
に期待は全く持てませんね。悲劇です。

| | コメント (8)

2011年4月21日 (木)

仙台市内

 大震災後からそのままにしていた、仙台市青葉区にある
息子のマンション(?)を見に行きました。
道中、月山付近にあった残雪に、胸キュンでした。2ヶ月振りに
間近で見る雪でしたからね。

 さて、息子の住居は、築29年という今の耐震基準以前の
4階建てなので、親としては一応のチェックをしに行ったワケ
です。

 その結果、部屋回りには若干のひび割れや壁の剥がれ
落ちはありましたが、建物本体の損傷は見られませんでした。

 部屋の中は、冷蔵庫の上に置いていた電子レンジや、天袋の
鍋が落ちていた位で、被害はほとんど無し。食器棚も無事でした。

 そもそも、沿岸部から離れている青葉区を見る限りは、大震災が
あったなんて考えられない程に平常でした。
念のために防災用品や保存食等を用意して行ったんですけどね。

Img_2940

Img_2942

Img_2943

 ここ数年は余震が続くという話もあるので、危機意識はまだまだ
必要です。地震と付き合っていく心構えが必要でしょう。

 そこで拘ったのは、水と燃料、明かり。そして食料ですね。
ライフラインが再度止まることも想定しなくてはいけませんから。

 燃料に関しては、カセットガス+山用のガスコンロ、固形燃料の
3本柱です。

 水は、2リットルのペットボトル6本+20リットルのポリタンク一つ。
これには、塩素入りで保存が利く水道水を入れておきます。
定期的な入れ替えは必要ですが安上がりです。

 明かりに関しては、去年の引っ越し時に買って置いた懐中電灯の
他に、自作のロウソクや昔使っていた蛍光灯を加えました。

 更に、ヘッドランプを新しく買ったんですが、これがメッチャ明るい。
3WのLEDランプなんですが、私が山用として長年使っている物と
比べると10倍位明るい感じ。驚きました。
取り替えようかと思ったくらいです。

 そのヘッドランプとラジオは、普段から携行するように教えていま
す。携帯電話用の乾電池式充電器は息子が用意していました。
電池はエボルタで決まりです。

 ところで、仙台市内の桜は満開でした。
個人的には、

「まんず、飲まねば始まらねっ

と、盛大に花見でもやって、復興へのスタートを切って欲しいもの
だと思いました。

| | コメント (9)

2011年4月20日 (水)

ボケ洗濯機

 不調が続いている我が家の全自動洗濯機が、どういう
症状なのかが分かりました。

Img_2944_2

 8年前に購入した東芝製ですが、脱水が終わるとまた
注水して、エラー表示が出て止まるんです。
婆ちゃんは、再度スタートボタンを押すもんだから、いつまで
経っても終わらない……。

「あの洗濯機、ボケたようだ~」

 人間も洗濯機も、ボケると何かと面倒ですね。

 ということで、脱水が終わりそうになったら停止ボタンを
押すように教えました。これじゃぁ半自動洗濯機ですね。

 ちなみに、乾燥機が載っている台は、HPに載せていません
が、20年以上前に私が鉄骨で作った物です。

| | コメント (0)

2011年4月19日 (火)

地磁気

 最近、家電製品の具合が悪いです。
ファックス電話機が通話不能になったので修理に出そうと
したら、買い換えたほうが安いと言われてガッカリしたばかり
でしたが、今度は全自動洗濯機が不調です。どうも、制御回路
がイカレたようです。

 妻が買い物をしたお店では、

「お客さんの電話機が故障した例がすごく多いです。」

という話を聞いたそうです。

 そこで、私は疑いました。

「ひょっとして大地震で地磁気が大きく乱れたから?。
電磁波のせい??」

 NHKラジオでも、リスナーが、

「毎年必ず来る渡り鳥が今年は来ない。」

という話をしていました。渡り鳥は地磁気を頼りにナビゲー
ション飛行をするそうですから、それが乱れたら正確な渡りは
出来ないでしょう。

 そこで、ネットで調べたら、やはり地磁気が乱れているみたい
ですが、家電製品故障との因果関係は分かりませ~ん。

 誰か、分かる人がいたら教えてチョンマゲ

| | コメント (0)

2011年4月17日 (日)

燃料調達3

 先日運んだ時に積み残したニセアカシアを運んできました。
プロが伐採して、ある程度の枝を落としておいた材木なので、
割と楽に引っ張り出すことが出来ました。一時間でこれだけ
です。

Img_2935

 これを速攻で玉切りしました。

Img_2937

 細い薪はミニハウスに積みました。

Img_2939

 自転車置き場も兼ねています。

 斧で割った薪は農機小屋の軒下に積みました。
痛んだトタンが隠れて良い具合です。(笑)
薪割りは本当に楽しいので、一時間で終わってしまい
ました。

Img_2938

 私が薪ストーブを使うのは二月下旬からで、毎日は焚か
ないので、これだけあれば二年は間に合うでしょう。

 薪ストーブに憧れる人は多くても、いざ使ってみると薪を
確保するのが想像以上に大変で、挫折する人も少なくない
そうです。そりゃそうですよね~。

 でも、大震災後の電力不足でライフスタイルの見直しが
叫ばれています。これを機会に、スローライフを考える人が
増えるかも知れませんね。

 ただし、薪ストーブは自動消火しないので、大地震の際には
火事になる危険性が甚だ大きいと言えるでしょう。
要注意です。

| | コメント (0)

2011年4月15日 (金)

燃料調達2

「チェーンソーはスティールに限るよ

という話はよく聞きますが、私が使っているのは残念ながら
30年以上前の物と思われる共立製の安物です。

Img_2933

 ハッキリ言ってオモチャに近い代物ですが、たまにしか
使わないので間に合わせています。

 が、昨日搬入したニセアカシアを早朝から玉切りにしている
と、オイルが出なくなってしまいました。穴が詰まったようです。

 ということでお掃除です。

Img_2930

 オイルタンクとノズルをしっかりと綺麗にして始動しようとしたら、
ありゃまー、スターターの紐が切れてしまいました。

 まぁ、リコイルスターター式の小型機械ではよくあることなので
紐を交換しようとしましたが、ゼンマイが外れてしまいました。
作業が面倒になりますが、とにかく収めなくてはいけません。

 しかし、普通は何とかなるものですが、このゼンマイは強力で、
握力70Kgの私でも無理でした。

「あ゛ー、ダメだこりゃ

 ということで、ゼンマイを内側から巻いて小さくするための道具を
速攻で作りました。

Img_2931

 半分収まった状態のゼンマイをこれで巻くと……、

Img_2932

 ちゃんと収めることが出来ました。

 ついでに、刃もバッチリ研いだのでホイホイ切ることが出来ま
した。残るは太い木を斧で割るだけです。これは楽しいです。

Img_2934

| | コメント (0)

2011年4月14日 (木)

燃料調達

 灯油はバカ高いし、電気の供給も大震災後から怪しく
なっているので、昔ながらの燃料を調達してきました。

Img_2929

 薪にするニセアカシヤの原木が約2トンです。時間があれば
もう一回積みに行きたいです。なんたってタダだし。

 何があっても良いように準備だけはしておかないとね。

| | コメント (4)

2011年4月12日 (火)

レベル7

 福島原発の事故は、ついに最悪レベルに発展しましたね。
全くもって困った事態です。(ーー

 大津波は天災なので諦められますが、原発事故は明らかな
人災だけに頭にきます。漁民達の怒りは至極もっとも。
よーく分かりますよ。自分達の畑へ、事前の説明無しに有害な
産業廃棄物を大量にぶちまけられたようなものですから。

 いや、もっとタチが悪いです。
今が旬のコウナゴ漁が出来ないとなれば、それを捕食する魚
が増殖して食物連鎖が加速するでしょう。放射性物質が蓄積
されると共に、大型の回遊魚が世界中に拡散させる恐れも
あります。諸外国も大迷惑。

 汚染されて作付け禁止となった農地を持つ農家は、これから
どうなるんでしょう…。

 さらに、避難指示を受けて退去したした住民達は、一体いつ
になったら帰れるのか分からない中で不自由な避難生活を強い
られています。不安や憤りで、どうしようもなくやりきれないで
しょう。仕事は?、学校は??……。

 やれやれ、制御不能になるような危険な事態を招きかねない
科学技術なんてご免ですね。大自然の力を人間が「想定」する
なんてことが、そもそもおこがましいことです。猛省が必要でしょう。

「安全な技術なら東京湾に建設すれば良かっただろっ

と言いたくなります。

 そして、今回の事態を一層悪くしているのが菅総理ではないか
と思います。個人的見解では「レベル8」ですが、あの男、相当
シブトイ・・・。

| | コメント (2)

2011年4月11日 (月)

ママチャリで鍛える

 昨日は天気が良かったので、昼休みにママチャリ改で
酒田市内の自転車屋へチューブを買いに行ってきました。
片道12Kmと手頃な距離です。

 往路は追い風に乗って快調快調。
市内に入ってからは自動車以上の速度でガンガン走ったので
20分で到着しました。平均速度36Km/hならママチャリに
しては速いです。

 いや…、原形をとどめていないから、もはやママチャリとは
言えない気はしますが。

 700c×23cでギアは52×17Tなので、追い風でガンガン走る
には軽すぎて、もっと高いギア比が欲しいところですが、無いもの
は仕方がない。目一杯回転数を上げました。心拍数は160程度
にも達して、かなり良い運動になりました。止まった途端に汗が
噴き出しましたが、かなり気持ち良かったです。

 SPD-SLで行ったので、向かい風の復路では引き足を積極的
に使ってケイデンスを80程度までをキープして走りました。
これは良いトレーニングになります。

 結果、帰りの所要時間は30分。平均時速24Km/hでした。
長距離を走るには全く向きませんが、ママチャリ改はチョイ乗り以外
にトレーニングマシンとしても好適だと思いました。
 

| | コメント (2)

2011年4月 9日 (土)

常備灯

 20年近く前に我が家を改築した際に、玄関へ常備灯を
取り付けたんですが、これって凄く便利です。

Img_2928

 取り外すと点灯して、元の位置に戻すと消灯するので、
行方不明になる心配が無いワケですから。夜中の停電時
とかでは特に有用です。真っ暗闇になっても必ずそこにある
ので、簡単に明かりを得ることが出来ます。一昨日の大きな
余震で停電した時も、他のライトを取りに行く為に使いました。

 また、普段でも、夕食時に薬味の長ネギを庭先へ取りに
行く際とかでも重宝します。

「我が家には無いなぁ…。」

という方には、是非ともお勧めします。 

| | コメント (4)

2011年4月 8日 (金)

松ボックリ

「そういえば、子供の頃は学校で石炭ストーブの点火用に
松ボックリをみんなで集めたもんだよなー。」

 と思い出して、昨日は天気も良かったので松ボックリを拾い
集めました。

Img_2925

 大量に落ちているので簡単に貯まります。

 それが、昨夜の大きな余震による停電で早速役立ちました。
育苗ハウス内のスイカ苗を守るためにドラム缶ストーブへ
点火する際の着火剤として活躍したワケです。

 いや~、驚きの着火力ですね。油分を多く含んでいるんで
しょう。簡単に点火しました。花火の導火線に点火するような
感じです。これなら、市販されている着火剤は要りませんね。

 この松ぼっくりを見た妻は、

「わー、可愛いっ

と喜んでいました。小学一年生の時に、上級生に連れられて
松ボックリを拾いに行った時の楽しかった想い出が蘇ったよう
です。

 確かに、可愛い形をしていますね。

| | コメント (0)

2011年4月 7日 (木)

ローレーサーの試走

 完成後、初めて走行しました。

 まずは、試走に適当な道路を探しに、昼休みにBOMAで
走り回って、

「やっぱりここだっ

という道を見つけました。

 名取市のサイクルスポーツセンターが大津波で壊滅したので
一般道を走るしかありませんが、路面が良くて交通量が少ない
道路は僅かです。自転車といえば、最も気軽な乗り物ですが、
私のローレーサーはナカナカ厄介な乗り物なのです。

 ということで、14Km程走って体が温まったところで、トラックに
積んで「コース」に移動しました。

Img_2926

 約2Kmの直線路に期待が高まります。
その昔、カワサキのZⅡ改にノーヘル&サンダルで乗って時速
180Kmで爆走した道です。

 全身レーススタイルでバッチリ決めて乗車したものの……。

 SPD-SLを固定して走り出しましたが、経験の無い乗車
ポジションとステアリング&ハンドル、補助輪の違和感はかなり
のもので、全力で漕ぐことが出来ませんでした。
一言で言って、

「怖かったぁ……。」

 結局、最高速度は、たったの44Km/hでした。
ママチャリ改並みです。

 道路の真ん中を走って良いのであれば、もっと頑張れたと
思いますが、

「そもそも、補助輪が必要なようではダメだ

という結論に至りました。

 ということで、ステアリング・システムの全面的な見直し決定です
が、当面はその暇が無いので、作業は秋以降になります。

 更に、踏み込んだ時に体がシート上でずり上がるという問題点も
発覚しました。駆動力が大きく損なわれるので、滑り止めが必要
です。

 やっぱり、乗ってみないと分かりませんねー。

| | コメント (4)

2011年4月 5日 (火)

マーティン・ローレンス

 いやぁ、この俳優さん好きだなあ。

Img_2924

 今回観たのは「ブラックナイト」ですが、「バッド・ボーイズ」や
「ブルー・ストリーク」で、その表情豊かなコメディタッチの演技が
私の感性にバッチリ填ったようで、すっかりお気に入りになりま
した。実に個性的で楽しいです。

 「ブラックナイト」も、なかなか完成度が高いお馬鹿かな娯楽
作品で、息抜きにはピッタリです。

| | コメント (0)

2011年4月 4日 (月)

蛇口

「蛇口から水が出ることがこんなに嬉しいとは思いません
でした」

 ライフラインが回復した避難所で被災者の女子高校生が
コメントしていました。そりゃそうです。

 一方、私の「別荘」では、一年以上前に松林から拾ってきた
流し台のシンクに蛇口が付いていたにも関わらず、相変わらず
ポリタンクから直接水を出して使っていました。コックが壊れて
いたので、使う時にはタンク本体を90°回転させていました。
不便と言えば不便です。

 そこで、遮光ホースを買ってきてタンクと蛇口を繋ぎました。

Img_2919

「おーっ、こりゃ便利だぁ。」

 蛇口から水が出るなんて感動的です。(笑)
 
 と、ひとしきり感動したところで、もう少し快適度アップです。
水の出を良くするために、ポリタンクの穴を拡大しました。

Img_2921

 穴を2mm大きくしました。

 さらに、不要なレバーを切り落として、ホースの脱着が簡単
に出来るようにと、手巻き式の締め具に替えました。

Img_2922

 バッチグーです。

 まぁ、揚水ポンプから「別荘」までちゃんと配管すれば快適度は
飛躍的に上がるんですが、そこまでやる必要はありません。
これで充分です。

| | コメント (2)

2011年4月 3日 (日)

各種燃料

 私は常日頃から危機意識が高い方なので、今回の大震災
でライフラインや物流が停止しても別に困りませんでした。
ガソリンや灯油も、備蓄していたので買いに走ることもありま
せんでした。

 炊事用の燃料もしかりです。自宅はLPガスなので問題なし。
昼食時は、育苗ハウス内の「別荘」でツーバーナーを使うので、
カセットガスも10本位は買い置きしていました。

Img_2915

 自宅のカセットコンロ用はまだ10本位はあるハズですが、
「別荘」の方は残りが少なくなってきました。物流が回復した今も
店舗での売り切れが続いていて、補充出来ないからです。

Img_2917

 そこで、久しぶりにオプティマスの灯油コンロ「00」を出して
きました。

Img_2918

 点火するために予熱は必要ですが、火力が強くて非常に燃費
が良い名品です。灯油はまだ400リットルくらいあるので、いくら
使っても平気。(笑)

 他に練炭コンロもあって、練炭も20個位はあります。

Img_2920_2

 薪もあるし、登山用のガスも多数あります。固形燃料もあります。
「オール電化」などという利便性と安全性だけを求めたシステム
とは対極にあるようです。ナハ。

 まぁ、大津波に飲まれたら、やっぱり薪が一番かなー。
建築廃材は乾燥しきっているので、良く燃えるんですよね~。

| | コメント (2)

2011年4月 2日 (土)

トップ・ランナー

 実話を元にした自転車映画に刺激を受けました。

Img_2914

 レンタル落ちDVDを安く買いました。
主人公は、グレアム・オブリーという実在するレーサーです。

 彼の活躍を不愉快に思う競技連盟幹部の理不尽な仕打ち
に遭いながらも、不屈の精神で這い上がって栄冠を手にした
実話を元にしたという作品です。構成としては分かりにくい
部分があってイケイケムービーとは言えませんが、内容的には
大したものです。

「ウーム…、一時間で50キロも走るなんて…。す、凄い

 世の中には本当に凄い人がいるモンです。
なんたって、非常に独創的な自作マシンで世界記録を樹立した
ことには驚きモモノキです。自宅の洗濯機を解体して、そのベア
リングをBBに使うなんて誰が考えるでしょうか。(@@

 私も身近にある物を使って自転車を作るのは大好きですが、
彼の場合は究極の走りをするために追求した結果なので、
発想の次元が違います。見習うべき所が多いです。

 ということで、最高速度100Km/h以上を想定して作った
ローレーサーをフルカウル仕様にして本気モードで乗りたい
気分マンマンです。(笑)

 その前に、まずはノーカウルで走りたいんですが、本気で
走れる道がなかなかありません。最低地上高が僅か40mm
しか無い上にホイールベースが異常に長いので、完全フラットで
長い直線があって車が通らない道が必要なんですが、予定して
いた道路は工事中のようで……。

 サーキットしか無いでしょうかねぇ?……。

| | コメント (2)

2011年4月 1日 (金)

材料ママチャリ

 ヘンテコ自転車製作用にと、自転車屋から廃ママチャリを
貰ってきました。

Img_2911

「鉄フレームなら何でも良い」

ということでロクに見もしないでトラックに積んできましたが、

「あれ~、普通に走れるし~。」

 内装3段の変速付きで動きはイマイチでしたが、注油したら
動くようになりました。全体的に錆びてはいるものの、他は
問題なし。最近まで乗っていた自転車に違いありません。

「あ゛ー、これバラすのは勿体ないなー」

というワケで、家人用として利用することにしました。
少し手を加えれば快適な自転車に生まれ変わります。
大震災の影響で大学の新学期が5月9日からになった息子も
使うでしょう。 

 その息子…。自堕落な生活を送っていますが、やはり帰省中の
姉が起床させるのが日課になっているようです。

 昨日は弟のベッドの上で、回すと音が出るフラフープを派手に
回して起こしたそうです。毎日どうやって起こすか考えているとか。
誰に似たのか変なヤツだー。

| | コメント (4)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »