« 田植えチャレンジ! | トップページ | 救急車 »

2011年5月21日 (土)

裁判員制度

 裁判員制度が始まってから今日で丸二年だそうです。

「はぁ?、ズブの素人を刑事裁判に関わらせるなんて、全く
どうかしているよ。アメリカの真似してんじゃネーヨsign01

と思っていましたが、実は私、去年一年間は裁判員候補者に
なっていたらしいのでありました。通知が来た時には、

「なにぃ~sign01、裁判員だぁsign02、そんなのに付き合ってる
暇なんて無いぞ。冗談じゃねーsign03

とう訳で、候補者名簿から削除して貰うために山形地方裁判所
へ上申書を提出したんです。上申書の内容が認められた場合は
その旨を返信する義務があったハズ…。

 が、全くの反応無しでした。

 つまり、

「あー、そいつは面倒だから無視しとけ」

ということだったんでしょう。

 まぁ、実のところ、法曹関係者もバカげた制度だと思っているん
じゃないでしょうかねぇ。一体何のメリットがあるんでしょうか?。

|

« 田植えチャレンジ! | トップページ | 救急車 »

コメント

いろんな意味ですごいですね・・・
裁判員候補になるなんて・・・・
なんでも何千、何万分の一の確率で・・・
でもほんとに裁判員をやらされたら、たまったもんじゃないですよね。ほんとに・・・
よく考えたら。
仕事をサボらせられるのと一緒なんだから。

投稿: MTBルックマン | 2011年5月21日 (土) 23時18分

>MTBルックマンさん

 裁判員をやった結果、大きなストレスを抱え込む
人も多いようですね。理由を付ければ断れるので、
無理することないと思うんですが。

 

投稿: ファーマー佐藤 | 2011年5月23日 (月) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田植えチャレンジ! | トップページ | 救急車 »