« 決戦前夜 | トップページ | 裁判員制度 »

2011年5月20日 (金)

田植えチャレンジ!

 昨日は、助手無しの完全ワンマン田植えで、一日での
最高記録更新に挑みました。ここ数年での恒例行事に
なっています。使用機械は、10数年前のヤンマー製6条
植えで、使用苗数は29枚/10aです。

Img_3007

 午前3時から午後8時まで全く休み無しに頑張りました。

 行動食は、お握り4個、バナナ4本、ゼリー飲料2個、
ウインナー・ソーセージ4本です。飲み物はお茶とリポD。
トラックの運転中に摂りました。

 お昼前後は気温が上がって眠くなりましたが、夕方からは
ハイな状態になりました。行け行けドンドンッ、って感じ。
体力的には大丈夫でしたが、夕闇が迫ってきて……。

 結局、去年の16時間で240aという記録に対して、今年は
17時間で233aが精一杯でした。トラックに積み込む苗箱の
数を96枚から100枚に増やしたし、真っ暗闇になってからも
ライトを灯して頑張ったにも関わらずです。

 その要因としては、この春の天候不順で田んぼが乾かなくて
耕土が深くなった為に田植機に負荷が掛かって速度が落ちた
のと、スロットルの調子がイマイチだったのが上げられます。

 結論としては、これ以上の記録アップは植え込み枚数を減ら
さない限り不可能だということです。

 実は、親戚の農家が、ハクビシンと思われる獣から稲の苗を
大量に荒らされる被害を受けたので、苗を融通するために植え
込み枚数を減らすつもりだったので、

「収量は落ちるけど、田植え記録は間違いなく更新だな。」

と思っていました。

 しかし、幸いなことに、田植えが早く済んだ農家から余った苗を
貰うことが出来たということで、私が融通する必要がなくなったの
でした。

 帰宅してから体組成計に乗ったら凄い数値が出ました。
表示プログラムに制限が無かったら、多分20歳に近い体内年齢が
出て報われた気がしたと思います。それだけハードな一日だった
ということでしょう。

 ということで、限界が明確に分かったので、「田植えチャレンジ!」
は今回で終わりです。

「そんなに頑張ったからってどうなの?。バッカじゃない

と妻は宣っていましたが、

「フンッ、女には男のロマンが分からないんだよっ」

と思うのでありました。

 って、こんな事にロマンを感じる男も珍しいかも知れないですが。

|

« 決戦前夜 | トップページ | 裁判員制度 »

コメント

頑張ったねー

  ほぼ昨年並みの植え付け面積じゃないですか?。細かい事は気にせず大体で行こうよ

投稿: 面白ダディ | 2011年5月20日 (金) 22時45分

>面白ダディさん

 スポーツマンらしからぬご発言ですぞ。
限界に挑む場合では、ほんのちょっとでも負けは負けです。

投稿: ファーマー佐藤 | 2011年5月20日 (金) 23時10分

営農アスリートですね。

投稿: shuntasan | 2011年5月20日 (金) 23時36分

>shuntasanさん

 ほとんど自己満足の世界ですが、どこかの誰かに
やる気や勇気を与えられたら、という思いもあります。

 チャレンジ精神は死ぬまで持ち続けたいと思います。

投稿: ファーマー佐藤 | 2011年5月21日 (土) 08時24分

お疲れ様。
女にゃ分からぬロマンもあるって事で。
創意工夫と自分の身体の限界を使った自己満足。
まさに男のロマンでしょう。

投稿: こうさく | 2011年5月26日 (木) 23時16分

>こうさくさん

 体の限界というよりも、日長と田植機の限界ですね。

 男にゃ分からぬ女のフマンもあるようで…。

投稿: ファーマー佐藤 | 2011年5月27日 (金) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 決戦前夜 | トップページ | 裁判員制度 »