« 裁判員制度 | トップページ | うさぎ汁 »

2011年5月24日 (火)

救急車

 付添人としてですが、救急車に初めて乗車しました。
二人の救命救急士がキビキビと動くさまに感心しながら
車内を見渡すと、様々な医療器具が機能的に揃っていま
した。「エピネフリン」と書かれた赤い袋もありました。

(「おー、蜂に刺されてショック症状が出た時は救急車を
呼べば、医者に診て貰わう前に助かるなー。」)good

 などと思いました。delicious

 更に、サイレンを鳴らしながら走ると他の車が停車してくれる
のが最高です。自家用車にしたいです。勿論、内部はキャンプ
仕様にしてね。(笑)

 などと書いているくらいですから、患者の容態は問題なかった
ワケです。庭先に倒れていたのですが、外傷がなかったので
脳疾患を疑いました。

 しかし、辛うじて意識はあったし脈も正常。四肢の動作に異常
も見られなかったので、救急車を呼ぶ前に近所の医師に相談
しました。

 直ぐに往診に来てくれましたが、脳出血が疑われるということで、
結局、救急車での搬送になった訳です。その医師の指示で救急車
内では酸素吸入されました。

 すると、意識レベルが明らかに上がりました。
その時点で、

(「これは大したこと無い。」)

と思いました。

 詳しく書く気はありませんが、殆ど笑い話のような顛末でした。
手間は取られましたが、良い経験をしました。wink

|

« 裁判員制度 | トップページ | うさぎ汁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 裁判員制度 | トップページ | うさぎ汁 »