« 登山計画 | トップページ | 代替エネルギー »

2011年5月14日 (土)

メルトダウン

 福島第一原発の一号機の原子炉がメルトダウンしていた
という報道がありました。

「信じられん……。」

と思いました。今まで分からなかったということが信じられ
ないのです。実は当初から疑われていたけれども、パニック
を恐れて、確認できないことは伏せていただけではないのか?。

 テレビの公共広告では、

「誤った情報に惑わされないようにしよう!」

みたいなことを言っていましたが、何が正しいかは全く分から
ないのが現状ですよね。政府発表と週刊ポストの記事とでは
全く違っていて、どちらかと言えばポストの方が説得力があった
りします。(通っていた歯科医院に週間ポストがあった…)

 私は元々、制御できないような事態が発生する危険性がある
原発には反対でした。自然の力を見くびってはいけないのです。
その結果が今回の「想定外」です。

 あのチェルノブイリ事故後に、完成したばかりの原発を封鎖した
賢明な国もありましたが、日本国はその技術力を過信したので
しょう。政府も殆どの国民も脱原発、反原発の動きに発展させる
ことはありませんでした。

 その中でも、浜岡原発訴訟の原告団は頑張りましたね。
今回の原発事故を受けて、浜岡原発の原子炉が全て停止した
のは画期的なことでしょう。菅総理の思いつきのような数々の
発言にはウンザリですが、今回だけは評価します。

 浜岡原発については、こんな資料がありました。

http://www.stop-hamaoka.com/higaiyosoku.htm

 想定されている規模の東海地震が発生したら、活断層の真上
にある浜岡原発では大事故が発生して、風下70Kmまでの住民
は全て死亡というショッキングなものです。原告側寄りの主張だと
は思いますが、チェルノブイリ級の事故なら充分あり得るでしょう。
山形県だって風下になるのでヤバイです。

 いやはや、今回の原発事故には本当に参りましたね。
避難住民の帰宅時期は、一層遠くなったと言えるでしょう。(ーー
 

|

« 登山計画 | トップページ | 代替エネルギー »

コメント

正に、対岸の火事などではないでしょうね。

 東よりの風が吹くと「頭のあんばいが悪い~!」と年寄りが口癖のように言っていたことが今は「マジにヤバイ 」に変貌しつつありますね。

  今日のように情報が氾濫している時代では受け取る側の処理能力も試されているのかもしれませんね。何が虚構で何が真実なのか、今一度歴史の検証考察が不可欠でしょう。…ってが!。(^^;

投稿: 面白ダディ | 2011年5月14日 (土) 21時54分

>面白ダディさん

 結局は、

「国が言うことなんか信用するなsign03

ということに尽きるでしょう。歴史が証明しているとおりです。

投稿: ファーマー佐藤 | 2011年5月15日 (日) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 登山計画 | トップページ | 代替エネルギー »