« TLTスピード 取り付け編 | トップページ | TLTスピード 実地編/鳥海山 »

2011年6月16日 (木)

改造ママチャリのギアアップ

 晴天時に畑へ行く足として愛用している改造ママチャリですが、
とても軽快なので大変気に入っています。

 が、シングル・ギア52×17Tなので、回転数が低い私の脚では
トップスピードが伸びません。

 そこで、一段上げて15Tにしようと思いました。
チェーンのコマを最低数の2コマを切ってから調整したら、ありゃまー
でした。タイヤがブレーキ・ステーに当たってしまうのです。crying

 仕方ないので、もう一段上げて13Tにしました。
ついにトップ・ギアです。

 Img_3031

 でも、走ってみると何も問題ありませんでした。
いつの間にか、脚力がアップしているのかも知れません。

 ウシシ…、これで時速60キロはいけるな。smile

Img_3030


|

« TLTスピード 取り付け編 | トップページ | TLTスピード 実地編/鳥海山 »

コメント

あ、ママチャリって、一応スプロケ多段だったんですね・・・
ぼく、完全シングルだと思っていました。
でも、60キロはすごいですね・・・
ほんとにすごいです。
僕の総合の自己記録は58キロです。
MTBルックですが。
どうしたらそんなに出るのか知りたいのが本音です・・・

投稿: MTBルックマン | 2011年6月17日 (金) 21時43分

>MTBルックマンさん

 時速60Kmって大したことないですよ。
下り坂なら楽勝ですが、平地でも追い風に乗るかワゴン車
等のスリップストリームに入れば難なく出ます。
一番強く引かれるのは大型車ですが、前が見えなくて
危険なので止めた方が良いです。

 もちろん、それなりの脚力と心肺能力は必要でしょう。

 また、ドロップハンドルの下ハンを握る等の強い
前傾姿勢を取って空気抵抗を減らすことも重要な
ポイントです。空気抵抗は速度の2乗に比例して
大きくなるから大変なんですよ。

 それに、ハンドルを腕で引きつける事で、ペダルを
踏み込んだ時に発生する反作用を抑えて効率を上げる
ことが出来ます。MTBに使われているフラットバーハンドル
と決定的に違う点ですね。

投稿: ファーマー佐藤 | 2011年6月17日 (金) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TLTスピード 取り付け編 | トップページ | TLTスピード 実地編/鳥海山 »