« 復活コンバイン | トップページ | 乾燥機の穴 »

2011年9月29日 (木)

背面飛行

 全日空のボーイング737型機が背面飛行してしまった件が
報道されていました。

「お~、やるなあぁ

というのが第一印象。

 マイクロソフトのフライトシミュレーターXで庄内空港をB737で
離陸し、高度を十分に上げてから背面にロールしてハーフループ
するというスプリットSで180°向きを変えて、庄内空港に着陸
するという飛行パターンが好きだったりしますから。

 勿論、スプリットSは戦闘機の飛行技術であって、機体強度が低い
旅客機で強引にやるとシミュレーターであっても空中分解します。

 今回の場合は旋回しながらロールしていったようですが、その動き
に逆らわないで立て直した辺りは偉いです。

「無事に済んだのは偶然だ

という専門家もいるようですが、やはり訓練の賜でしょう。

 久しぶりに飛びたくなりました。

|

« 復活コンバイン | トップページ | 乾燥機の穴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 復活コンバイン | トップページ | 乾燥機の穴 »