« 地デジテレビ | トップページ | 鳥海山 SEA TO SUMMIT 2011 山岳編 »

2011年9月11日 (日)

鳥海山 SEA TO SUMMIT 2011 自転車編

 鳥海山SEA TO SUMMIT実行委員会(事務局:NPO法人元気
王国)が主催し、地元自治体が後援したモンベルのイベントに
飛び入りで参加してきました。

http://www.montbell.jp/generalpage/index.php?general_id=153

 湾内でカヌーを約4Km漕いでから鳥海ブルーラインを鉾立まで
(約21Km)自転車で駆け上がり、頂上神社まで(約7Km)登山
するという内容です。カヌーを漕ぐのは好きですが所有はしていま
せん。山仲間から借りられたんですが練習するのも面倒だし、
自転車+ハイクだけでは参加出来ないということだったので、
飛び入りというか乱入してきたワケです。

 それに、雨天決行というのは嫌いだし、仕事の都合が付くかは
事前には分からない…。参加料¥15,000というのも高いし。coldsweats01

 ということで、仕事のやりくりが付いたので昨夜の内に鉾立に
車を走らせました。BOMAのクランク・ギアを交換したので一度
練習走行をしたいと思っていましたが、忙しくてそれどころでは
なくて、ぶっつけ本番です。BOMAにも殆ど乗っていなくて、
本格的なヒルクライムは1年以上やっていませんが、ママチャリ改
やMTBには畑への行き来で毎日乗っているので、まぁ何とかなる
かと。coldsweats01

 鉾立に着くと、まずは燃料補給です。

Img_3212

 前輪を外さないといけないかな?、と思っていた自転車が丁度
収まったので良かったです。BOMAと初めて添い寝しました。(笑)

Img_3213_2

 朝4:30起床。山は晴れていましたが、前線が近いので登る頃
にはガスがかかると踏みました。この程度なら決行です。dash

 丁度良い気温の中、BOMAで下りましたが、路面が濡れている
のでコーナーで滑る滑るsign03

「アブネーsign03

 ということで、ゆっくり下りました。こんな所で転けたら洒落にも
なりませんからねぇ。

 西浜海岸に着くと大勢いました。

Img_3216

Img_3215

 もし、カヌーを漕いだら中位以上には付けられるだろうという
目算から、自転車が半数位出走した頃にスタートしました。

 今回飛び入りした一番の理由は、

「自転車で他の人達と走ってみたいsign03

という思いからでした。自分の実力を知ろうにも全く誰とも一緒に
走ったことが無いんですよね。

 ついに念願が叶いました。正式参加じゃないので誰にも見送られ
ることのない寂しいスタートでしたが、沿道の人達は分け隔て無く
声援をくれました。これってチョー気持ち良いもんですねぇ。heart04
私は体育会系ではなかったので、今回の初体験にはマジで感動
しました。

 さて、走り出して間もなく、長い列をなして登っている集団を
あっさりと抜き去りました。

「へっsign02、なんで皆さんこんなに遅いの??」

 見かけは速そうですが、自転車のみのイベントでは無いので
各地を転戦するような本格派ライダー達は参加していないんで
しょうか。初めは抜いた自転車の数を数えていたんですが、
15台目以降は面倒になってヤメました。

 とにかく前に見える自転車を全て追い越すと、小野曽辺りから
は一人旅となりました。標高300m付近で、

「4位だぞっsign01

と教えられましたが、嬉しいような寂しいような……。

「なんだ、前にあと3人しかいないのか……。」

 さすがに上位のライダーは速くて、3位の人の後ろ姿を捉えて
からもなかなか近づきません。勾配は10%位が続くので結構
辛いです。

 が、今回は最低ギアが39×25Tなので、必然的に頑張らないと
いけない状況が幸いしたようです。コンパクト・ドライブなら間違い
なく34×25Tを選んでスピードが落ちていた筈ですから。

 チェックポイントになっていた駒止の先で3位のライダーを抜き去り
ましたが、2位はとんと見えません。黙々と一人旅を続けました。

 やがて、大平を過ぎた辺りで2位のライダーを発見sign01
やっと追いつきました。鉾立の手前500m付近でダンシングして
いた彼を得意のアネロビック・シッティングで抜き去りました。
そのままゴールsign03

Img_0026

 某サイトから拝借しました。私です。bicycle

 大きな拍手で迎えられ、誘導員が導いてくれましたが……、

「すいません。飛び入りなんで…。」

と素通りするのが侘びしい……。catface

Img_3220

 特に急ぐこともなくBOMAを積み込んでから衣替えです。
正式参加者の自転車は事務局が預かってくれるみたいでした…。

 ということで、ヒルクライムに関してはそこそこの実力があることが
分かりました。抜かれることは一度も無かったしね。

 ちなみに、タイムは1時間10分でした。
乗鞍ヒルクライムでは、似たような内容でもトップクラスは一時間を
切るそうですから、凄い世界だと思います。

以下山岳編につづく……

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2011/09/sea-to-summit-1.html

|

« 地デジテレビ | トップページ | 鳥海山 SEA TO SUMMIT 2011 山岳編 »

コメント

やったね!。流石はファーマー工房。

  この勢いで10/23開催の「庄内デユアスロンin酒田大会」にもエントリーして欲しいな~!。

  自分の実力を知るには競技会に参加する他に無いですね!。

  東京マラソンに参加した同級生もいたね~!。(^^

投稿: 面白ダディ | 2011年9月11日 (日) 19時58分

>面白ダディさん

 平地を走るのはヤダし~。coldsweats01

 それに、自転車30Kmじゃ全然その気にになりませ~ん。
300Kmならマジで考えますが。

 ところで、東京マラソンに参加した同級生って誰?。

投稿: ファーマー佐藤 | 2011年9月11日 (日) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地デジテレビ | トップページ | 鳥海山 SEA TO SUMMIT 2011 山岳編 »