« 劣悪グリース | トップページ | 換気窓 »

2011年12月 4日 (日)

劣悪グリース②

 劣悪グリースがこびり付いたベアリングですが、強力な溶剤
であるパーツクリーナーを容器に溜めて、その中に丸一日浸して
おいたことで何とか綺麗にすることが出来ました。

 しかし、何か色が変。

Img_3476_4

 よく見ると、ボール表面のメッキが所々剥げています。
こんなの初めて見ました。

 ステアリングヘッドのベアリングも同様です。

Img_3477_2

 これじゃ使えません。やはり固くなっていたハブの玉も同様で
しょう。ただただ呆れます。

 そこで、グリースを購入した自転車屋に相談すると、

「店でも使うことがあるけど、こんな症状は初めて見た。」

ということでした。手が入りにくいハブに、小型グリースガンを
使って入れているそうです。一応回れば客も気付かないのかも
知れません。

 そこで、この問題をどうするかで店の真価が問われることにも
なりますが、販売元に送って見て貰うことになりました。
方向性としてはBBの新品交換ですが?。

 進展があったらまた報告します。


|

« 劣悪グリース | トップページ | 換気窓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 劣悪グリース | トップページ | 換気窓 »