« カレンダー | トップページ | 劣悪グリース② »

2011年12月 4日 (日)

劣悪グリース

 ローレーサーに使用するロッドの精度を上げるために、別の
ステンレス・パイプで作り直して、加工作業は完了しました。

 あとは分解して、研磨、塗装、組み立てで三度目の完成と
なりますが、クランクの動きが異常に固いのでBBを外したら
ビックリ仰天sign01

「なんじゃこりゃーっsign03

Img_3453

 一年前にオーバーホールしてから殆ど使っていないにも関わ
らず、カチカチに固まっていました。shock

 使ったグリースはこれです。

Img_3454

 行きつけの自転車屋で買ったバイオグリースですが、常識では
考えられない状態です。

 当然、一緒にオーバーホールしたミッドギアとステアリングヘッド
のベアリングも同様でした。

Img_3451

 仕方ないので、洗浄しようとしましたが、パーツクリーナーでも
全く溶けません。ブラシで擦ってもダメです。こんなグリースは
初めてです。最終手段で、お湯で煮沸して溶かそうと試みました
が、それでも全く溶けませんでした。

 全く手に負えない、とんでもなく劣悪なグリースです。
本来なら全く必要ない作業なので、尚更頭に来ます。angry

「おれの貴重な時間をどうしてくれるんだ~~~っsign03」 

 これなら、安いシャーシグリースを使った方がよほど良かったです。

 ママチャリ改のフリーハブが固定ハブになってしまった原因も
このグリースだったんですね。まさか回らないほどにグリースが
固着するなんて、全く思いもしませんでした。

 皆さ~ん、このグリースは絶対に使っちゃダメですよ~sign01

 それにしても、あの自転車屋…、自分で使ったこと無いのは
間違いないですね。買った客は他にいなかったんだろうか??。

 おかげで、予定していたフレームの研磨と再塗装は出来ません
でした…。catface

Img_3455

|

« カレンダー | トップページ | 劣悪グリース② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カレンダー | トップページ | 劣悪グリース② »