« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火)

サイクル・トレーラーを作ろう!⑥

 一応完成したので、MTB改ランドナーに取り付けてみました。
荷台取り付け用のボルトを長さと向きを変えて取り付けます。

Img_4252

Img_4276

 連結部はこんな具合。

Img_4277

 フレームに収納箱をボルトで固定すれば完成~

Img_4278

Img_4279

 容量たっぷりの80リットルです。

Img_4280

 で、早速家の回りを走ってみました。

 すると、ゆっくり走る分には問題ありませんが、スピードを
出すとトレーラーの振幅が大きくなって暴れるんでした。
想定外です。 

 トレーラー本体が7Kg程しかない上に5Kgの収納箱を載せて
いるので重心が高いことも関係していると思われます。
荷物を積むと落ち着きますが、このままでは使えないので改良
が必要です。リンクの構造を変えるか、フレームを改造することに
なるでしょう。両方やった方が良いような気もしますが…。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2012/08/post-7736.html

へつづく……。

| | コメント (2)

2012年7月30日 (月)

暑気払い

「あっつっ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 全くもって、この暑さは半端じゃありません。

 そこで、今年初めて海に出かけました。300歩も歩けばそこは
海ですからね。海パン一丁で海に向かうオヤジ一人。(笑)

Img_4273

 しかし、マスクを良く見ると……。

Img_4275

 ネズミに囓られていました~。

 まぁ、被害が僅かで支障無いのは幸いでした。

 いや~、海は気持ちいいですね~。
温水プール程度の水温があるので、暑気払いには最適です。
あいにく水が濁っていたのでアサリを捕ることは出来ません
でしたが、しばらく泳いだり潜ったりしていました。

 今後もっと暑くなったら、アンカーを落とした大型の浮き輪に
腰を入れて、日よけのパラソルを差して真っ昼間からビールを
飲む、というのが最高です。勿論、場所は日曜日の海水浴場
内で、ミラーサングラス着用ですよね~。

| | コメント (2)

2012年7月29日 (日)

第26回矢島カップ Mt.鳥海バイシクルクラシックに初参戦!

 いや~、何が幸いするか分からないもんですね~。
4月4日の爆弾低気圧でビニールハウスが被害を受けたために
小玉スイカの作付けが12a減ったことから、これまで参加すること
など不可能だった自転車レースに出走出来たんですから。

 そのレースとは、鳥海山の秋田県側で開催された「第26回矢島
カップMt.鳥海バイシクルクラシック」です。

 いや~、嬉しいなあ~。

 今回は1,500人近いライダーが参戦ということで、私には
想像も出来ない規模でした。昨日はタイムトライアルが行われ、
その後は前夜祭も賑やかに行われたようですが、私は二日も
行ってられないし、ウェアも一着しか無いので、当然パスして
祓川で車中泊しました。涼しくて快適でしたよ~。

 今朝は気持ちよく目を覚ますと、天気はなかなか良い感じ。

Img_4255

 あんまりピーカンだと暑いですからね。

 昨夜は8時に寝たので睡眠は充分です。体と自転車の準備
を整えていざ出陣

Img_4256

 自転車で下って5:30に矢島の大会本部前に着くと、もうすでに
大勢いました。

Img_4257

Img_4258

Img_4259

 マビックのサポートカーも待機していました。
お世話にはなりたくないものです。

 この後は荷物を預けたので、ゴール後まで写真はありま
せん。なにせ初めてなので流れが分かりませんでしたが、
町内をパレードしてからスタート地点に移動して待機。
チャンピオンクラスと女子が同時スタートして、その4分後に
私がエントリーしているEクラス(50歳代)がスタートとなりま
した。その後のスタート時間は分かりません。

 パレード走行しながら、

「これは位置取りが必要だな。」

と思いました。Eクラスには231人もエントリーしているので、
なるべく前に進むことが肝要だと思ったワケです。

 その結果、4列目に陣取ることが出来ました。山のお師匠さんも
すぐ近くにいたので話すことが出来ました。この大会には今回で
25回目の参戦となる大ベテランですが、私の方が8歳年下なので
負けるワケにはいきません。

 って、レース初体験のクセに生意気ですよねー。

 さて、とにかく今日は暑かったです。出走前に待っている間の
暑さがくせ者でしたね。パレード前に、ウイダーを飲むかどうか
迷ったんですが、飲まなかったことを後悔することとなりました。

 8:24。いよいよEクラスのスタートです。集団走行の経験が
殆ど無いので、とにかく他車へ接触しないように気を付けました。
最初の直線道路では先頭集団でも時速35Km程度の低スピード
で、どうもお互いに様子を窺っているように見えました。
あるいは軽くウオーミングアップということかも知れません。

 しかし、そういう駆け引きに疎いど素人の私は、

「ちょっとヤバイなー」

と思いつつ、我慢できなくなって単独で飛び出したのでありました。

 50mほど離しながら2Kmほどトップを独走しましたが、あまりの
暑さで、予定していたダンシング中心のプランが崩れていた所を、
7人程の集団にあっさりと抜かれてしまいました。
すでにダレ始めていたので追従することすら出来ませんでした。

 ウーム……。
出走前に回りを見渡した時に、百戦錬磨の強者達が揃っている
とは思いましたが、全くその通りでした。

「あ゛ー、これで入賞はなくなったぁ……。」

と確信しました。さすがに全日本ヒルクライムシリーズ戦になって
いるだけのことはあります。初心者が入賞できるほど甘くはない
ようです。ロードバイクで走るのは今年たった6回目だし…。

 とにかく暑くて、練習のような走りすら出来ないことが分かった
ので、堅実に完走を目指す走りに切り替えました。

「あ゛ー、しんど」

 抜くのはほとんど女子選手ばかりで、後発のCクラス(30代)
やDクラス(40代)には抜かれまくりました。僅かに二人だけ
チャンピオンクラスの選手を抜くことが出来ましたが、きっと彼ら
は絶不調だったんでしょう。

 そんな中で悔しかったのは、ゴール近くでFクラス(60代)の
選手にも抜かたこと。いや~、全国にはやたら元気なオヤジが
いるモンです。

 それにしても、本当に暑かったです。

「これは、暑さとの闘いだっ

と思いましたね。寒さだったらマイナス30℃でも平気ですが、
暑いのが苦手は私にはかなり厳しかったです。ゴール後は
5分ほど動けませんでした。喉の渇きは殆どありませんでした
が、水分不足ですね。冷たい麦茶と名物のスイカで生き返り
ました。

Img_4262

 大玉で、糖度13%ほどもある甘いスイカでした。

 で、タイムですが、計測チップによるデータは分からないので、
サイコンで見ると、

「へっ?、1時間6分

 絶対あり得ません。それってクラス優勝間違いなしですから。
練習走行でもなかった程にダレた走りをしたし、抜いていった
人数から見ても良くてクラス10位だと思っていたので、サイコン
の故障です。去年からケイデンスが計測不能になっているし、
ダメだな。CC-RD200はもう使えない…。

 私がゴールした時間帯は大したことありませんでしたが、その
後どんどん人が増えてきました。祓川がこんなに賑やかになる
のはこの日だけですね。

Img_4261

Img_4263

Img_4264

 やがて、私の山スキーのお師匠さんがゴールしました。

Img_42651

 25回も連続出場しているなんて、凄いですよねー。

 さて、長い待ち時間にはリフレッシュしました。
4リットル焼酎ボトルに入れておいた水が温くなっていて、頭
から被るのが最高でした。勿論素っ裸。開放感がたまりません
ね~。

 祓川ヒュッテまで行けば、吹き抜ける風がとても心地良かった
です。カップラーメンも旨かった。

 その後、11:30には通行止めが解除されたので、ノロノロと
下山しました。せっかくなので表彰式も見ておこうというワケです。
大会本部では、豚汁とおにぎりが貰えました。

Img_4268

 手作り感が良いですね。

 さて、表彰式の会場では暫くしてから正式な成績表が出ました。
それによると、私のタイムは1時間19分16秒でした。
クラス12位で、総合では195位。北海道から鹿児島までの参加者
が集まった全国区の大会に初めて出た初心者ということを考えれば
決して悪くはない成績とも言えますが、やはりフマンです。

 ということで、来年に向けて早速トレーニングに励むのであり
ました。取りあえずは、帰って直ぐにアンクルウエイトを付けての
仕事~。

 ちなみに、参加賞はこれらでした。

Img_4272

 Tシャツとあきたこまち1Kg。お握りと豚汁、麦茶飲み放題に
スイカ、おしぼりとに加えて、お楽しみ抽選会もあり、参加料が
安いことを実感できました。

 ということで、来年は駆け引きなど必要ないほどのパワーを
つけて、暑さ対策も考えて臨みたいと思います。

 でも、一時間そこそこで走るライダー達を見ると、皆さん華奢で、
体重は50Kg台ですね。バイクも軽い。去年のトップライダーの
走りをネットで見たら、高ケイデンスで恐るべきスピードで登って
いました。本当に凄い人達です。(@@

 その後注文して購入した走行写真はこちら。(↓)

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2012/08/post-7837.html

| | コメント (0)

2012年7月27日 (金)

排気ダクト

 梅雨明けして本格的に暑くなってきました。
育苗ハウスから分離独立させた「別荘」こと作業所兼休憩所
では、去年壊れた扇風機の代わりに、かつて自宅で使っていた
冷風扇を使っています。日課である仕事後の筋トレ場所でもある
からです。

 しかし、使い始めは涼しいものの、排気熱が循環するために
風通しの悪い場所では暑くなってイカンガーです。

 そこで、熱い排気を屋外に出すことにしました。

 まずは簡単な木工作業からですが、かな~り久しぶりです。
工作機械にも勿論ご無沙汰…。

Img_4250

 なので、指を落とさないように注意しながら切り出して、ダクトを
作りました。

Img_4242

 ジグソーで穴開けをしましたが、ガイドを使わないアバウトな
作業です。

 これを「別荘」に持ち込んで取り付けです。

 まずは、冷風扇の排気口の回りに隙間テープを貼って、

Img_4244

 ダクト取り付け板をビス止めしました。

Img_4245

 カッティングはアバウトでも、しっかりと収まりました。

Img_4246

 ハウス側には、扉開閉の障害にならないように薄いポリカ板を
使いました。

Img_4247

 外側はこんな具合です。

Img_4249

 間に合わせの蓋を貼っています。(笑)

 排水ホースも取り付けて、いざ運転

Img_4248

 涼しい風だけが吹くようになってバッチグーです。
しかも、全て在り合わせの材料を使ったので、費用は¥0。

| | コメント (0)

2012年7月26日 (木)

サイクル・トレーラーを作ろう!⑤

 フレームを塗装していますが、重ね塗りをしているために
只今乾燥中です。

 そこで、収納箱の方に目を向けました。
道路を走っていてサイクルトレーラーを見かけることは全くない
ので、一般ドライバーからの視認性の確保は重要だと考えました。
轢かれたくないもんねー。

 古パーツを入れてる箱の中から反射板を探しましたが、丁度
良いのが無かったので、ローレーサーのテールランプを外しました。
ステンレス板に6mmボルトを溶接してから薄く削って台座を取り
付けました。

Img_4238

 これにキャットアイの賑やかなテールランプを取り付けてと…。

Img_4240

 これで、嫌でも目に付くハズです。

 ついでに、取り付ける穴が開いていたので、南京錠を取り付け
てみました。

Img_4241

 普段の買い物には必要ありませんが、旅行とかでは安心です。
予定も希望も全くありませんが~。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2012/07/post-606d.html

へつづく……。

| | コメント (0)

2012年7月25日 (水)

参考になる動画

「速いライダーの走りを見たい

という思いから、主に日曜日に矢島カップのコースへと走りに
行きましたが、そういうライダーには一度も遭遇出来ませんで
した。

 そこで、ネットで探してみたらありました。ほんの10日前に
撮影された動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=N7q7udgC1Ms

 矢島のスタート地点から5人が同時にスタートして、トップの
ライダーをゴール地点まで先導車から撮影していました。

 スタートして数分後には2位以下が完全に千切れて独走と
なりました。歳の頃、20代前半でしょうか。
実に軽快なペダリングで、急坂もスイスイ登る様は見ていて
気持ち良いです。クリートキャッチすら満足に出来ないオレとは
大違い。

 ポジションの取り方とか、体重移動とか色々と参考になりました。

「おー、大したモンだなー」

と感心してみていました。テロップで経過時間が表示されるので
分かりやすいです。

 で、先日の練習走行でチェックしていたハーフコースのゴール
地点のタイムはというと、32分18秒でした。

「おー、18秒勝った

 チョット嬉しくなりましたが、まだ先は長いです。

 次のチェックポイント、駒の王子でも1分以上勝ってるし~。

 しかし、そこからが違いました。彼はペースを落とすことなく
コンスタントに登っていきます。特に残り4Km地点からが私と
違うと思いました。年の差+技術+経験値の差は明らかです。

 結局、タイムは1時間13分48秒でした。
あんな軽快な走りをしてもその程度なのか、と思いましたね。

 とにかく、良い物を見せて貰いました。
モチベーションがグーンと上がりましたから。彼のようなライダー
をペースメーカーにすれば良いのが分かったのも収穫です。

 

| | コメント (0)

2012年7月24日 (火)

サイクル・トレーラーを作ろう!④

 自転車とトレーラーの接続部分を作り直しました。
四輪車と違って二輪の自転車での牽引となると案外難しいの
です。

 まず、上下左右に動くのは勿論ですが、自転車の場合は
カーブでバンクします。接続部を完全フリーにすれば簡単ですが、
もしトレーラーの片輪が異物に乗り上げたり、高速でコーナーを
抜けたりした場合、横転する危険性があります。

 しかし、動きを制限した場合には自転車が転倒すればトレーラー
もひっくり返ってしまうことになります。

 ウーム……。

 考えた末に、転ばないことを前提にすることにしました。
自転車がバンクしても対応できて、しかも駐車時に自転車が自立
出来るようにしようと決めました。

 その結果がこれです。

Img_4235

 接続部には10mm径のボルトを使っていますが、穴の上下に
テーパーを掛けるように広げています。その核心部には、ゴムの
ワッシャーを使用します。

Img_4237

 ビニールハウスの端材で作ったポンチを使っています。

 テストを繰り返して、無理なくバンク出来るようにしました。
今度こそバッチグーですが、タイヤはもっと太いのを履かせて
空気圧を低めにした方が良さそうな感じです。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2012/07/post-ac79.html

へつづく……。

| | コメント (0)

2012年7月23日 (月)

練習走行⑤ 多分最終

 第26回矢島カップヒルクライムレースの現地練習に行って
きました。多分、最終となるでしょう。

Img_4227

 祓川に駐車してダウンヒルを楽しんだ後の登りです。
今回は、最近の試行錯誤から得た、シッティングとダンシングとの
黄金比率を実践しました。もちろん詳細は秘密です。

 平日の今日は車が少なく、ガスがかかるという天気で、比較的
走りやすかったです。タイムは気にしないで、黄金比率の走りを
貫くことにしました。

 正午頃に矢島出発です。

「どうしたら速く登れるか?」

と考えた結果は、

『重いギアでガンガン登る』

ということに尽きると思って頑張ったら、何と、39Tのインナーギアを
使うことは一度もなく、53Tのアウターだけで最後まで登り切ること
が出来ました。\(^〇^)/

 もちろん、途中(花立付近)からは、

「よしっ!、アウターだけで登ってやる

と思ったんですけどね。

 それでも、最後の2Kmは少しきつかったです。

 そうして迎えたゴール地点

 サイコンのデータはいかに

Img_4229

 走行距離はこれまでと同じです。

 気になるタイムは

Img_4232

 へっ、1時間16分9秒

 え゛ー?、そんなもんなの~????。

 前回より速いとはいえ、ベストタイムより2分4秒も遅いじゃん

 ウーム…。インナーを使わないで登れたのに複雑な気分です。

 ここで、冷静に分析してみると、ベストタイムを出した時は、
スタート直後からスピードに乗って、時速45Km程で走行しま
したが、今日は35Km/h程でした。

 つまり、あの時は風が味方したと考えられるので、ガッカリする
ことでもなさそうです。

 あと6日でレース本番。
前を走る自転車がいると俄然抜きたくなる性格だし、列車効果
も見込めるので、タイムはずっと良くなるハズだ、という
ことに期待して頑張りたいと思います。

 とはいえ、なんせ自転車レースというものを経験したことが
無いので、何が起きるか分かりません。当然入賞を狙いますが、
予断は禁物です。

 まぁ、最低でも同クラスに出る山の師匠には勝ちたいですね~。

 ちなみに、レースの準備はすっかり整っていました。

Img_4233

Img_4234

 フルコースでは、残り5Km地点から1Kmごとに表示があり、
ラスト500m、200mの表示もありました。おかげでかなり
走りやすかったです。

 本番が本当に楽しみです。

 他の走行データは以下の通り。

Img_4231

Img_4230

 もっと飛ばせば良かった、と反省しています。(ーー

| | コメント (0)

2012年7月22日 (日)

サイクル・トレーラーを作ろう!③

 加工が全て終わりました。残るは塗装のみです。

Img_4226

 今日の材料は正に廃材利用の寄せ集めです。
20数年前に作ったホンダXLR-250Baja用の特大キャリアや、
ローレーサー製作の犠牲になったMTBのフロント・フォーク、
息子用に作ったバスケットゴールの残骸、農協で不要になった
選果機から外してきたアングル等です。

 こういう加工の場合、新品の鋼材を使うよりも手間が掛かり
ますが、圧倒的に安くできます。

 さて、残るは前述の通りで塗装ですが、嫌いなんだよねー。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2012/07/post-0553.html 

へつづく……

| | コメント (0)

2012年7月19日 (木)

サイクル・トレーラーを作ろう!②

 3日前のハブ掃除は、実はサイクルトレーラーを作るためなの
でありま~す。

 自転車は実にエコで健康的だし、一日に500Kmも走れる程の
超優れ物ですが、荷物が多い時には使えませんでした。
ザックや荷台に搭載できる量なんて知れてますからね。

 そこで、トレーラーです。それさえあれば、二週間ごとに行く酒類
の買い出しでも自動車が不要になるワケですね~。
予定は全くありませんが、長期の旅行だって可能になります。

 さて、そのホイールに合わせてフレームを作りました。材料には、
買い置きの1.6mm厚の21mm軟鉄角パイプを使いました。
ホイールを取り付ける部分には、ローレーサー用に作ったものの、
結局使わなかったハブステアから外した部材を使いました。

Img_4219

 そうして、本体を組み上げました。

Img_4216

 市販のサイクル・トレーラーには一輪式も多いようですが、
安定性を考えれば断然二輪式でしょう。重くなるデメリットは
ありますがね。

 ホイールの脱着は、もちろんクイックリリースです。

Img_4224

 私が使っている高速切断機は精度が低いので正確な留め加工
は出来ないのですが、溶接すればノープロブレムです。

Img_4222

 この黄色いタイヤは、ママチャリ改発展型の折り畳みロードバイク
から外しました。そのせいで、走行不能になりました。

 って、チェーンがすっかり錆びていましたがー。

Img_4220

 さて、このトレーラーには、容量80リットルの収納箱を取り付け
ます。十分な容量だし、荷物の積み込みが楽チンです。

Img_4218

Img_4217

 しっかりと固定するために4本のボルトを通しました。

 次は、自転車との連結ですね~。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2012/07/post-b8f6.html

へつづく……

| | コメント (4)

2012年7月18日 (水)

減量

 今月29日は矢島カップへの初出場ですが、仕事が忙しくて
練習はこのところほんの少しだけです。

 しかし、体重は昨日よりも1Kg減っていました。
減量するつもりは無いのですが、クソ暑いビニールハウス内で
仕事をしていると、汗が大量に流れるからなんですねー。
足首には片足3Kgずつのウエイトを巻いていたりもしますが。

 もちろん、水分補給しながら仕事をしていますが、それでも
マイナス1Kgって、大きいです。

 と言うのも、重力に逆らって競うヒルクライム・レースでは自転車
や体重、装備を軽くする事が重要になりますが、ある程度仕上が
った車体から更に1Kgも軽量化しようとすれば、数十万円から
100万円ほどの投資が必要になります。

 それが、普通に仕事をしただけで一日にマイナス1Kgなんて、
凄いことですよ。なんたって費用ゼロだし。(笑)

 レース本番まであと10日。
減量に向く仕事がしばらく続くので、コンディション作りには案外
良いのかも知れませんねぇ。

| | コメント (0)

2012年7月16日 (月)

ハブ掃除

 ある物を作るために、余っている昔のロード用ホイールを使う
ことにしました。そのために、まずはハブを掃除しました。
粗悪グリースのクレームで輸入代理店送りになっていた代物
ですが、結局のところ、

「原因不明です。」

という、製品の非を認めないという予想通りの結末となりました。

 そのグリースとはこれです。

Img_4199

 バイオグリースとかで、良かれと思って使ったら大間違い。
ほんの数ヶ月でカチカチに固まって動作不能となったのでありました。

Img_4200

 植物性なんでしょうが、パーツクリーナーをガンガン吹いても
溶けません。これは非常に厄介でした。仕方ないので、割り箸で
削ぎ落としてから丹念に拭き取りました。ホント大変。

 今回の工作ではフロント・ホイールが二つあれば良いのですが、
無いのでリアも使います。当然、カセットは不要なので外そうと
したものの、台座の方がとても固くてチョットやソッとでは外れま
せんでした。

 そこで、最終兵器登場

Img_4201

 パイプレンチを当てて、ハンマーで叩いたらようやく外れました。

Img_4202

 これで、清掃も楽になりました。
外したパーツを計量してみるとかなり重いです。

Img_4203_2

 昔のチャリ部品ですからね。

 それにしても、中も状態は最悪でした。

Img_4204

 手こずりましたよー。

 さて、何とか綺麗にしてからはグリスを塗ってベアリングの
取り付けです。

Img_4206

Img_4205

 粗悪グリースの代わりに上ノ山自転車店の店長がくれた
デュラエース・グリースを使っています。蛍光グリーンで滑らか
な感じが、かな~りグーですね~。

 次ぎに前輪のハブもお掃除です。

Img_4209

 後輪のベアリングは9個でしたが、前輪は10個でした。
そのせいか、回転は滑らかです。

 これで、ホイールは二つ揃いました。

Img_4212_2

 これで何を作るのかは……、フフフ…、そのウチに分かります。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2012/07/post-bb14.html

へつづく……

| | コメント (0)

2012年7月15日 (日)

花になった

 さくらが死んで半年。いない生活にもすっかり慣れました。
犬小屋からひょっこり出てきそうな気もしなくなり、寂しさも
なくなりました。

 しかし、さくらの小屋と庭はそのままにしています。
片付けられないからではなくて、犬を飼っているように見せて
おく方が防犯効果があると思うからです。

 その庭ですが、植えてもいないのに花が咲いています。

Img_4195

 さくらがいた頃にはなかったことだけに、何やら嬉しいです。

 数年前ですが、放浪癖があったご近所の犬を見なくなった際に、

「シロ見ねけど、なしたな~?。」

と買い主に訊くと、フッと溜息をついてから、

「シロは風になった……。」

と聞いたことのある言葉を発しましたが、私はこう言うことにします。

「さくらは花になった……。」

| | コメント (5)

2012年7月13日 (金)

ホタルイカの醤油漬け

 スイカを上げたお礼にと、ホタルイカの醤油漬けを頂きました。

Img_4194

 酒瓶のような容器に入っていました。最初にチラッと見た時には
ラベルが貼ってありましたが、剥がれてなくなってしまいました。

 食べてみると、これが激ウマ
酒の肴にしても良いし、アツアツご飯に載せれば絶品です。
こりゃ旨いな~。\(^〇^)/

 妻によれば、富山の名産品だということです。
買っても良いと思っただけに、ラベルが剥がれ落ちたのが実に
惜しいです。

 いや~、それにしても旨いっ。絶妙な塩加減とツルッとした食感
がたまりません。

| | コメント (0)

2012年7月12日 (木)

戸車交換

 片側が開閉困難になっていた作業場の扉を直すことにしま
した。

Img_4191

 重くて外すのが大変なので忙しい時にはやりたくない修理
です。頑張って一人で外すと、固着していた戸車を外しました。

Img_4192

 いつものホームセンターへ買いに走りましたが、無い…。
鶴岡のムサシにも無い…。以前も交換したんですが、何処で
買ったか全く思い出せませんでした。

「ひょっとしてあそこなら?」

と思って、プロショップ「ヤマザキ」へ行ってみると、

「あった~。」

 売り場を見て思い出しましたが、前回もそこで買ったのでした。

Img_4193

 無事交換してスムーズな開閉が復活しました。もう片方分の
戸車も買ってきましたが、取りあえず動いているので今回は
交換しません。ホント重い扉なんですよ~。

| | コメント (0)

2012年7月10日 (火)

外壁塗装

 我が家は海岸地帯にあって激しい風雪風雨に曝されるために、
外壁の痛みも半端じゃありません。4月の暴風による被害箇所の
修理を業者にして貰った際に、外壁の塗装工事の見積もりを軽い
気持ちで依頼しました。

 風があまり当たらない所でも24年になる箇所はこんな具合で、
痛み具合は二階の半分以下といった感じです。

Img_4183

 このままにしておくと木がスカスカになってしまうので、塗装しない
といけないのです。

 暫くして届いた見積書を見た私は、

「ギョエー、に、にひゃくさんじゅうまんえん

と絶叫したのでありました。

 そんなバナナです。

 そこで、自分で出来る範囲を空き時間に塗ることにしました。
こういう板壁には通常、キシラデコールという浸透性塗料を塗る
のですが、14リットル缶で¥33,000余などという呆れるような
高価格なので、半値以下で買える国内メーカー製品にしました。

 まずは、砂や埃を払いました。

Img_4182

 洗車ブラシが大活躍です。

 あとは塗りまくるだけです。塗装は苦手な作業なのでなるべく
ならやりたくないのですが、大金を稼ぐと思えばその気になる
ワケですねぇ。

 しかし、築120年の我が家は増改築を数知れず繰り返して
きたので、塗装の種類や色がその度に違っています。ペンキが
塗ってある箇所もありました。

「何処に合わせりゃ良いのよ

 そこで、統一するべく色を吟味して塗料を選びました。
とはいえ、安い塗料なので種類はキシラデコールのように豊富
ではなかったんですが~。

Img_4189_2

 面倒なので、マスキング無し、色分け無しで塗りまくりました。

 そうやって、半日作業して一階の約1/3を塗りましたが、低い
脚立しか無いので高い箇所の塗装が出来ませんでした。
やはり、それなりの道具が必要なので、ホームセンターで買って
きました。

Img_4190

 ¥4,400の脚立に自在脚を足しても¥8,800也。
自分で作るよりも断然安いです。

 一階に関してはこれだけで対応出来るでしょう。

| | コメント (2)

2012年7月 9日 (月)

モンベル/トレントフライヤー

 三季の山行に携行する雨具としては、モンベルのストーム・
クルーザーを使用してきましたが、ゴアテックスフィルムが剥離
してしまいました。

 まぁ、使用頻度が低いとはいえ、多分20年近く経つので仕方
ないかと考えて冬季の仕事用に下ろしました。大雪に見舞われた
この冬は大活躍しました。

 そこで、次期三季用カッパとして選んだのがこれ。

Img_4184

 モンベルのトレントフライヤーのジャケットとパンツです。
平均重量が、ジャケットで205g、パンツ165gという超軽量
製品です。

 やっぱりね、時代は超軽量だと思うワケですよ。

 しかし、性能が犠牲になっていては話になりません。
とがしスポーツに注文していたので細部は知りませんでしたが、
さすがはモンベル。良く出来ています。

Img_4185

 ファスナーは全て防水タイプで、目止めも完璧です。
軽量防水ファスナーを採用することで、余分な生地を使わずに
済むので大幅な小型化に成功しています。

Img_4186

 ストーム・クルーザーの半分以下でしょう。
衝撃的に小さいです。(@@

 計量してみると……、

Img_4187

 上下で僅か418gしかありません。素晴らしいっ

 これだけ軽いと、着用してみても殆ど羽衣感覚です。
こりゃ良いわ~。\(^〇^)/


| | コメント (0)

2012年7月 8日 (日)

練習走行④ シッティング

 スイカの箱詰め出荷と収穫の合間に矢島へヒルクライムの
練習に行ってきました。レースコース上や迂回路の道路工事が
休みになる日曜日の度に晴れるので有り難いです。

 今日は、中島台林道と矢島祓川線の合流地点に駐車しま
した。燃料と時間が最も少なくて済むパターンです。

 で、そこから自転車でスタート地点まで下りました。
丁度お昼のスタートとなりましたが、天気は晴れたり曇ったりで
さほど暑くもなく風は弱いというまずまずのコンディションとなり
ました。

 さて、今日のテーマは、

「シッティングでどこまで追い込めるか」

ということでした。乗鞍ヒルクライムの優勝者がシッティング95%
で登るということだったので、試してみようと思ったワケですね~。
ギアは、53-39T×11-25Tです。

 その結果ですが……。

 タイムは先週と全く同じで、1時間17分29秒でした。
スパートするタイミングを間違えて、ラスト2Km地点で売り切れ
状態となったのが痛かったです。
 
 ということで、練習走行②のパターンが私には合っているという
感触が得られました。ダンシングを積極的に取り入れた登りです。

 ゴール地点には、MTBの男女ペアがいました。
地元にかほの方々で、矢島カップの常連さんでした。色々と話を
聞けて良かったです。

| | コメント (0)

2012年7月 7日 (土)

看板犬コロナ

 鳥海山の麓にある「いなカフェはくさん」へ妻と行ってきました。
写真はないのでお店のブログを参照して下さい。

http://cafe893.cocolog-nifty.com/blog/

 農協の支店を改装したお店で、鳥海山へ行く時にいつも前を
通ります。たまたまネットでブログを見つけて以来、時々覗いて
いましたが、行ったのは初めてです。お目当ては看板犬の
コロナ。

 メスの黒柴なんですが、実物は思ったよりも小さくてメッチャ
可愛かったです。豆柴に類するでしょう。お店のお姉さんから
話を聞くと、幼少時にかなり虐げられていたそうで、特に私の
ようなオジサンを恐れていたそうです。ダッコなんかしようもの
なら失禁していたそうな。

 なので、私がダッコして可愛がっていたら驚かれました。
いや~、ホントにめんごい犬っこだねぇ。

 ただ、ブラッシングが不十分だったのは残念でした。
飲食店内での放し飼いなんだから、そこは徹底して欲しいと
思いました。

 それにしても、黒柴って本当に可愛いですね。
さくらのような茶柴も良いですが、黒柴の愛くるしさには負ける
気がしました。

 さて、私は「タコライス」を注文したんですが、

「あれっ?、タコ入ってねーし。」

 タコメシじゃなかったんですね~。あー、勘違い。
というか、妻に教えられるまで、そんな野菜メシがあることを
知りませんでした。
 
 妻は「コロナパフェ」を注文しましたが、不思議な食感があって
美味しいと言っていました。また食べたいとも…。

 私は、コロナに会いたくなったらまた行っても良いな、と思い
ました。

| | コメント (2)

2012年7月 5日 (木)

鳥海山 SEA TO SUMMIT 2012

 去年、自転車と登山に飛び入り参加して楽しかったイベント
へ、今年は正式参加します。参加承認のメールが届きました。
参加希望者が100名を超えると抽選になるということだった
ので、大会実行委員長に、抽選に漏れることがないように
念を押しておいたからかどうかは不明です。

 PDFファイルを各自印刷して郵送するというものでしたが、
不要メールを削除する際に、チェックを入れていないのにも
関わらず、このメールも一緒に消えてしまいました~。

 しかし、PDFファイルが履歴に残っていたので、無事に印刷
することが出来ました。ヤレヤレ…。

 参加カテゴリーは、カヤック、自転車、登山を一人でやる
シングル部門です。もちろん、優勝を狙います。

 とはいえ、自転車&登山と違ってカヤックは未知数です。
どの程度のスピードで漕ぐことが出来るかはやってみないと
分かりません。まずは、山仲間から借りてこないといけま
せんが、矢島カップが終わってからだよねぇ。

 このイベントは、参加料が¥15,000と高いのですが、
景品がかなり良いらしいので楽しみです。


本番はこちら(↓)

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2012/09/post-cf06.html

| | コメント (10)

2012年7月 2日 (月)

玄関扉の錠修理

 必要に迫られて玄関扉の錠を直しました。
厳しい潮風に晒されるために、もう10年以上も前から鍵穴が
硬直していた難物です。

「直すのは無理だべ~。買ってくっか~。」

とホームセンターに行ったものの、我が家の玄関に適合する
物が無い。

 仕方ないので、分解することにしました。やったことはありま
せんでしたが……。

Img_4174

 全く動かない状態だったのでガスで焼いてから慎重に分解
しました。なるほど、こういう作りになっていたんですかー。
シリンダーが4ヶ入っていましたが、長さが微妙に違うので間違
って入れると使用不能になります。一個ずつ取りだしてから洗浄
しました。固着していた回転部分はサンドペーパーで磨いてから
洗浄です。

 そして、オイルをたっぷり吹いてから慎重に組みました。

Img_4175

 良く回るようになったと思いきや、扉に取り付けてみると引っか
かってしまいます。回転ギアの爪が上手くガイド穴に掛からない
のです。

「ウーム……。」

 思案した後でやっとことは、ガイドをプライヤーで広げること。
力業で解決しました。写真ナシですが。

 これで、バッチリ動くようになりました。
やってみれば難しくはありませんが、上部のステンレスカバーを
外す際には、徐々にスライドさせてシリンダーを確実に一個ずつ
抜かないとお手上げになってしまうので、注意が必要です。

Img_4180


| | コメント (4)

2012年7月 1日 (日)

練習走行③ 向かい風

 仕事の合間に矢島カップの練習走行に行きました。
今回は中島台林道を通って祓川に駐車しました。かなり近い
し、緑が濃くて好きなルートです。

Img_4176

 祓川に駐車すると言うことは、下りたら登るしかないという設定
ですね~。しかも、10m超の強風が吹き荒れていて前途多難を
予想させました。

 まずは快調に矢島カップのスタート地点まで下って、再度の
ストレッチ。お茶を一口飲んで出発と思いきや、

「あ゛ー、ボトル忘れだ~。」

 車の荷台に置いたままにしてきてしてしまいました。
ペットボトルを買おうにもお金も無い。200mlも入れていません
でしたが、あると無いとでは大違い。ヤバイです。

 それでも、下山前にウイダーを飲んだし、暑いとはいえ曇って
いたので何とかなるだろうということで出発しました。訓練だと
思えばそれもアリかと…。

 しかし、最初から向かい風。矢島のアメダスを調べたらこの時の
風速は6mでした。

「こりゃ、記録更新は無理っぽいなー」

と思いつつもペダルを踏み続けました。ダンシングすると風を
モロに受けるので、下ハンのシッティングが多くなりました。
登れば登るほど風速は増してくるから厳しいです。
正に試練の時となりました。

 それでも、辛抱強く漕いでいればやがてゴールです。
やれやれ、かな~りしんどかったです。

 で、記録はというと…。

距離    26.43Km
標高差   1,100m
所要時間  1時間17分29秒
平均速度  20.4Km/h
最高速度  62.4Km/h

 ということで、先週よりも+3分24秒で、平均速度は-1Km/h
となりました。無念ですが、良い練習にはなったと思います。

 山は夕方から雨になりそうな雲行きでした。

Img_4177

 今日はライダーを6人ほど見ました。車で下る時も2台とすれ
違ったので観察してみると、かなり遅い。34×28T程度のギア
で登っている感じでした。あれなら負ける気が全くしませんが、
参考になるような速いライダーの走りも見てみたいものだと
思いました。

 さて、帰り道で、7号線名物の通称「ババヘラアイス」を買って
みました。パラソルを立てて一人で売っているアレです。
30年も前からその存在は知っていましたが、買ったのは初めて
です。

Img_4179

 黄色アイスが写っていませんが、花びらのようです。¥200也。
手にした瞬間からシャーベット状のアイスが溶け出して流れる
ので、運転しながら食べるのは無理です。お世辞にも美味しい
とは言えませんが、後味は爽やかでした。

 

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »