« 第一回鳥海山南麓ヒルクライムレース 本番 | トップページ | 矢島カップの走行写真 »

2012年8月14日 (火)

CC-TR310TW V3n

 ほぼ使用不能になったCCーRD200の後継機種として
先日のヒルクライムで初めて使ったものの、役立たずだった
最新のサイコンとは、キャットアイのCC-TR310TW V3nです。

Img_4308

Img_4310

 発売が遅れに遅れていた製品ですが、つい最近になって売り
出されたようです。タイミング良く買うことが出来たのはラッキー
でした。しかも安かったし。

 矢島のヒルクライムレースに初めて出場して、

「勝つには科学的なトレーニングが必要だsign01

と強く思いました。そのためには心拍数とケイデンスを把握する
ことは必要不可欠だと考えました。心拍計といえばポラールが
有名ですが、センサーの電池が切れたら本体交換だということ
で、維持費が安いキャットアイの最新機種に決めたワケ。

 心拍を計るためにはブラジャー、のように感じるセンサーを
胸に巻きます。

Img_4319

 かなり鬱陶しい気がしていましたが、実際には全く気になりま
せんでした。リアルタイムで表示される心拍数に、

「へーーーー。」

でした。

 しかし、スピードセンサーが正常に動作しないのでは話になり
ません。取り付けた時には正常に動作していただけに????、
でした。

 その際、スピードセンサー用のマグネットにはシマノのホイール
に付いていた超軽量のを取り付けました。

Img_4335

 最初は動作していただけに、

「これは絶対不良品だっsign03

と思いましたが、念のために付属のマグネットに替えてみました。

Img_4333

 あっsign02、動いたsign03

 なんで~?????。

 時間を置きながら何度も試しましたが、正常に動作します。

 そこで、マグネットを超軽量タイプに戻してみると、これまた
正常に表示されました。どういうこっちゃ~sign02

「あぁぁ??、ワケ分かんねー。」

 暫くは様子見です。catface 

|

« 第一回鳥海山南麓ヒルクライムレース 本番 | トップページ | 矢島カップの走行写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第一回鳥海山南麓ヒルクライムレース 本番 | トップページ | 矢島カップの走行写真 »