« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月29日 (水)

サイクル・トレーラーを作ろう!⑨ 完成!

 自作サイクル・トレーラーの完成です。\(^〇^)/
ペンキがすっかり乾いたので、MTB改ランドナーに取り付け
ました。まずは、車体側に受け金具を取り付けました。

Img_4368

 後はチョー簡単
トレーラーのボールジョイントを差し込んでからボルトで固定する
だけなので、10秒もあればOKです。

Img_4365

Img_4366

Img_4364

 早速近所を走ってきましたが、ふらつきがなくなってスピードを
上げても暴れなくなりました。空荷でこれなら充分使えます。
タイヤは700×23Cじゃなくて、もっと太くて重いのを使えば更に
バランスが良くなる筈ですが、荷物を積めばしっかり安定するので、
特に問題は無いでしょう。

 まぁ、もっと重心を下げれば理想的ですが、幅を広くしなければ
いけません。作り直すのは面倒だしその手間も勿体ないです。
そこまでしなくても、脱着はとても簡単だし、手に持って引くにも
丁度良い高さと太さなので使い勝手がバッチグーです。

Img_4367

 重量はトレーラー+収納箱で13.8Kgでした。 

 これで、自転車の利用価値がぐっと高くなりました。
これまでも、自動車を全く使わない日の方が圧倒的に多かった
のですが、益々乗らなくなるでしょう。

 田舎では、

「車は必需品だ!」

とよく言われますが、必ずしもそうではないと思います。
実際のところは、

「車はあれば便利な乗り物」

程度だというのが私の実感です。車依存を止めて自転車を
利用すれば、化石燃料は使わないし、実に健康的です。
国民的ムーブメントになれば医療費が大幅に減少するのは
間違いありません。

 でも、車が売れなくなったら、お国は自転車に課税するかも
知れませんね。それは困るなー。

製作編はこちら(↓)

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2012/07/post-5f70.html 

| | コメント (2)

2012年8月28日 (火)

ジャケ買い

 数多いジャズシンガーの中で私が一番好きなのは、マン
ハッタン・トランスファーのメンバーとして有名なシェリル・
ベンティーンです。

 なので、彼女のアルバムは殆ど全てが愛聴盤です。
そのため、つい最近届いたアマゾンのお薦めメールに反応して
見てみると、「新作」が二枚も発売されていました。
輸入盤で安かったので即購入

Img_4362

 ジャケットを気に入って買う「ジャケ買い」とは違いますが、
ジャケットで見分けて買ったワケですね。

 ワクワクしながら早速聴いてみると……、

「あっ、やられたっ

 ジャケットが違うだけで中身は既に持っているアルバムだった
んです。しかも二枚とも。

 それはこの二枚。

Img_4363

 二枚ともジャケット写真とアルバム・タイトルが違うので、まさか
同じとは思いませんでした。コールポーターのアルバムは念のため
に一曲目をチェックしたんですが、順序が違っていたのでした。
こりゃ完璧にやられましたねぇ。

 それでも、内容的に秀逸なのは間違いないので、カヤックを
貸してくれる山仲間へのお礼にします。ジャズが好きな彼なら
喜んでくれるでしょう。

| | コメント (0)

2012年8月27日 (月)

カーボン・ブラシ

 鉄工道具の中で最も活躍する工具と言えばこれです。

Img_4358

 お馴染みのディスク・グラインダーです。20年使っている
日立製の高トルクタイプです。

 が、一ヶ月ほど前から動作不良になっていました。
スイッチを入れても動かなくて、ぶっ叩くと渋々動く……。

「こりゃ、ブラシ替えなきゃなー。」

と思いつつだましだまし使っていましたが、ついに殆ど動かなく
なってしまいました。ブラシを外してみると、

Img_4355

 やはり死にかけていました。

 そこで、買い物ついでにホームセンターで探しましたが、
見あたりません。カーボン部の大きさが同じじゃないと入らない
ので、何でも良いというワケにはいかないんです。

「やっぱり専門店じゃないとだめかなー。」

と諦めかけたその時、少し離れた別の商品に紛れて一個だけ
あった日立用ブラシを発見しました。蓋と接する部分の形状は
違いましたが、まぁ、ブラシ部分の大きさは同じなので、

「何とかなんだろやぁー」

と楽天的に買ってきました。他のブラシは¥250でしたが、
これは¥518也。高っ

Img_4357

 元のブラシは円形なのに対して買ってきたのは四角形。
蓋に収まりません。困ったことに、削ろうにもディスク・グラインダー
が動かないんですよねぇ。

 仕方ないので、プライヤーで強引に四辺を潰して蓋に収まる
ようにしました。まぁ、接点じゃないので構わないだとうということ
でー。

 案の定、スイッチを入れると元気よく回転しました。
バッチリ直ったワケですねー。まだまだ活躍して貰えそうです。
 


| | コメント (0)

2012年8月26日 (日)

即席ビレイ・ハンガー

 二階の外壁を塗る際にはしっかりとセルフ・ビレイして作業
していましたが、スリングを通す所が無い箇所では別の手段が
必要となりました。

 そこで、窓枠に取り付けるハンガーを超速攻で作りました。

Img_4354

 材料は全て端材で、採寸無し、切断無し、塗装無しという
超アバウトな工作ですが、ジャストサイズでした。

Img_4353_2

 ただ引っかけるだけなので使い勝手が良いです。
こんなイイカゲンな道具でも、あれば安心感が全然違います。
業者に見積もらせたら足場代だけで60数万円だっただけに、
物凄い節約ですねぇ。

| | コメント (0)

2012年8月25日 (土)

命綱

 昨日から家の外壁塗装を再開しました。
無駄に大きい家なので、一階部分すらまだ終わりません。
そもそも塗装作業は嫌いなので、やがて飽きてしまいました。

 そこで、屋根に上がって二階部分の塗装を始めました。
瓦の上を移動しながらなので、それなりに緊張感があって
グーです。

 しかし、今日の箇所は狭い上にやや滑りやすいので、

「こりゃ、マジやべーなぁ……。」

と思い、ハーネスを着けて命綱を張りました。

Img_4350

 これで何ら不安なく作業出来ます。

 ビレイポイントを変える時には塗料の桶が邪魔なので、
一時的に吊り下げます。

Img_4351

 それにしても、日陰になる場所を選んでの作業ですが、
今日も本当に暑いですねー。頭がボーっとしてきます。

| | コメント (0)

2012年8月23日 (木)

サイクル・トレーラーを作ろう!⑧

 トレーラーの接続部分はリアキャリアに取り付けることに
したので、無意味に高かったキャリアを低くしました。
この状態だったものを……、

Img_4098

 55mmカットして、

Img_4346

 低くしました。強度アップと、ほんの僅かでもトレーラーとの
リンク部分を短くすることで軽量化を図ったワケです。

Img_4347

 外していたスタンドも取り付けました。

 そして、ボールジョイントを受ける金具を取り付ける穴を開け
ました。

Img_4348

 ここに取り付ける金具と、トレーラー側のアームも完成しました
が、現在塗装中です。

 おかげでというか何というか、MTB改ランドナーは、バッグを取り
付ければいつでも旅に出られるような仕様になりましたね。

Img_4349

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2012/08/post-461d.html

へつづく……。

| | コメント (0)

2012年8月21日 (火)

サイクル・トレーラーを作ろう!⑦

「こりゃ、やっぱりボール・ジョイントを使うしかないなー。」

というのが結論です。最初からそう思っていましたが、手元に
無かったし、

「そこまでしなくても、まぁ何とかなるだろ~。」

 と、簡単に考えましたが、そうではなかったんですねー。

 しかし、ボールジョイントなんて、ホームセンターでは売って
いませんよねぇ。ネットで買っても高そう……。

 ボールジョイントと言えば、トラクターに使うトップリンクが
すぐに思い浮かびましたが、業務用品に手を付けるワケには
いきません。

 そこで、農機屋に相談すると、廃材の中から探し出してくれ
ました。

Img_4343

 もちろん、タダ。\(^〇^)/

 これはトレーラー側に使いますが、自転車側のパーツはホーム
センターで調達しました。

Img_4344

 M10の長ナットです。これに六角ボルトをねじ込めば核心部
の完成です。

Img_4345

 しかも、長さはともかく、太さが笑っちゃうくらいにサイズが
ピッタリでした。私の中では、これでもう完成したような気が
しています。この部分が肝心要で、後はもう鉄骨を加工して
取り付けるだけだからです。

 が…、その時間が今はありませ~ん。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2012/08/post-d6fe.html

へつづく……。

| | コメント (0)

2012年8月16日 (木)

超ぶっ飛び!!

 とんぼさんが紹介されていた動画に度肝を抜かれました。

http://www.youtube.com/watch?v=Ph0SjLC_lqk&feature=player_embedded

 いや~、これは本当に凄いっ

 サーキットなら話は分かりますが、公道をクローズしての
タイムトライアル・レースのようで、その速度は何と時速300
キロ近く。(@@

 しかも、カーブやギャップが多いコースで、フロントを上げた
ままの超高速コーナリングなんて、凄すぎです。

 これは是非ご覧下さい。

| | コメント (2)

2012年8月15日 (水)

矢島カップの走行写真

 第26回矢島カップでは本格的に写真を撮っている人達が
いましたが、プロのカメラマンだったんですね。
出場者を主に写真を撮りまくって、自分が写っている写真を
購入して貰おうというシステムです。

http://allsports.jp/event/00119391.html?sf=eid

「オールスポーツ・コミュニティ」というそうです。なかかな便利
ですよね。我が子が出た大会があったら、親は絶対買います。
豊富なジャンルにはボート競技もあったので、ひょっとして数年
前に息子がインターハイに出場した時の写真があるかと思いま
したが、その大会自体が載っていませんでした~。

 その時は埼玉まで日帰り強行軍で見に行ったんですが、写真
と撮るどころか息子が何処にいるのかさえも分からなかったので、
チョット期待したんですけどねぇ。

 さて、私の写真はというと、ゴール200m手前付近で、あまりの
暑さに死にそうになりながら頑張っている様子が鮮明に写って
いました。さすがはプロですね~。

Top

 我ながら凄い形相で漕いでいたんですねー。
セルフじゃ絶対に撮れない写真です。

| | コメント (2)

2012年8月14日 (火)

CC-TR310TW V3n

 ほぼ使用不能になったCCーRD200の後継機種として
先日のヒルクライムで初めて使ったものの、役立たずだった
最新のサイコンとは、キャットアイのCC-TR310TW V3nです。

Img_4308

Img_4310

 発売が遅れに遅れていた製品ですが、つい最近になって売り
出されたようです。タイミング良く買うことが出来たのはラッキー
でした。しかも安かったし。

 矢島のヒルクライムレースに初めて出場して、

「勝つには科学的なトレーニングが必要だ

と強く思いました。そのためには心拍数とケイデンスを把握する
ことは必要不可欠だと考えました。心拍計といえばポラールが
有名ですが、センサーの電池が切れたら本体交換だということ
で、維持費が安いキャットアイの最新機種に決めたワケ。

 心拍を計るためにはブラジャー、のように感じるセンサーを
胸に巻きます。

Img_4319

 かなり鬱陶しい気がしていましたが、実際には全く気になりま
せんでした。リアルタイムで表示される心拍数に、

「へーーーー。」

でした。

 しかし、スピードセンサーが正常に動作しないのでは話になり
ません。取り付けた時には正常に動作していただけに????、
でした。

 その際、スピードセンサー用のマグネットにはシマノのホイール
に付いていた超軽量のを取り付けました。

Img_4335

 最初は動作していただけに、

「これは絶対不良品だっ

と思いましたが、念のために付属のマグネットに替えてみました。

Img_4333

 あっ、動いた

 なんで~?????。

 時間を置きながら何度も試しましたが、正常に動作します。

 そこで、マグネットを超軽量タイプに戻してみると、これまた
正常に表示されました。どういうこっちゃ~

「あぁぁ??、ワケ分かんねー。」

 暫くは様子見です。 

| | コメント (0)

2012年8月13日 (月)

第一回鳥海山南麓ヒルクライムレース 本番

 生ビールの樽が空になった後はウイスキーや日本酒等を
飲み続けたから当然でしょう。午前4:30頃に目を覚ましま
したが、

「あ゛ー、飲み過ぎだー。気持ち悪ぅ~。」

 そのまま眠っていたい気分でしたが、ヒルクライムレースに
参加表明しているM君はやる気マンマンで、準備を整えて
いました。

「あ゛ー、年寄りめー。」  (M君45歳)

と罵りつつ、誘ったのは私なので仕方ありません。自分に鞭を
打って起きました。

「あ゛ー、体が重いぃ。ウンコしたい~。」

 しかし、日が昇るとたちまち暑くなるので、そそくさと準備して
下りました。

 折角なので酔い覚ましにと下りで最高速チャレンジをしようかと
思いましたが、新しく取り付けた最新サイコンのスピードセンサー
が全く反応しません。心拍とケイデンスは正常に表示されますが、
スピードが計測されないと5分でスリープモードになってしまいます。
調べてみても、磁石とセンサーの位置関係に問題はありません。

「ウーム…、分からん……。」

 仕方ないので計測は諦めて、上草津の登り口を5:24にスタート
しました。距離は17Kmで標高差は1,040m、平均勾配6.1%
です。参加者は当然の如く、私とM君の二人となりました。

 M君は若い頃にトライアスロンをしていて、山ではヒマラヤの
未踏峰に挑んだ経験もあるベテランです。私より6歳年下で、
山形県境縦走では冬季のパートナーとして何度も行動を共にした
気心の知れた間柄です。

 そのM君。最近になって、中古のロードレーサーを手に入れて
自転車乗りを再開したということだったので今回誘ったワケです。

 まずは、彼の後ろに付いて走ってみましたが、遅い。チョー遅い。

「登りは苦手だ。」

とは聞いていましたが、あまりにも遅いので構わずにササッと追い
越してからは一人旅となりました。

 しかし、前述の通りで体が重いし、モチベーションは全く上がらない
ので、スピードセンサーを復活させるべく何度も降車したり、サドルを
上げてみたり、体の軽量化を図ったりしながらM君が登ってくるのを
待ちましたが、サッパリ見えない……。

 仕方ないので一人旅を続けていると、山雪荘を過ぎた辺りから、
ようやく調子が上向いてきました。テン場に寄ってから終点の駐車場
へ行くと、秋田の岳人が、

「あー、赤い自転車の人ならかなり下にいましたよー。」

とのこと。やっぱりなー。

  たっぷりと汗をかいたので気分はすっかり回復して、

「あー、登って良かったな~。」

 タイムは約1時間でした。

 話は変わって、最近、鳥海山では遭難事故が異常発生して
います。この日も救急車が登ってきました。

Img_4329

 さっき終点終車場へ行った時には何事も無いように見えた
ので、??です。翌朝の新聞によると、埼玉のオバチャンが
登山の準備中に駐車場から滑落して頭を切ったとか。

「はぁ、バガでねが。」

 全くもって、信じられないような事故ですが、その程度の怪我で
救急車を呼ぶと言うことも信じられません。
映画「運命を分けたザイル」を観て、遭難した場合の心がけを
学習して欲しいものです。

 さて、M君は一時間遅れで到着しました。

Img_4330

 かなりきつかったと思いますが、何とか登ってくる辺りはサスガ
です。自転車は、アルミフレームのトレック1400でやや重め。
ノーマルクランクのダブルにリアは7枚。タイヤはチューブラーでも
空気圧が3キロ位と低かった。

 しかも、ペダルはノーマルで靴がスニーカーでは尚更です。
よく頑張りました。

 ということで、まずはメデタシメデタシ。
昨夜の豪華鍋の残り汁で煮たうどんを食べてから解散となり
ました。

 いや~、なかなかナイスなイベントでした。

| | コメント (2)

2012年8月12日 (日)

納涼ビアガーデン

8月10日

「涼しい所で生ビール飲もぜ

というワケで、鳥海山滝の小屋駐車場の下の駐車場に山仲間
が集まりました。

Img_4324

 かなり久しぶりにウエンゼルの大型テント、トランズロッキー5
を張りました。主に我が家のファミリーキャンプで活躍していた
優れ物です。虫干しにもなり、良い機会です。

 さて、そこの標高は1,110mもあるので、とても涼しくて快適
でした。皆その辺は分かっていて防寒装備は万全で、中には
冬用の厚物を着ている者も…。

Img_4326

 ビールはエビスの樽生10リットル。本当は「琥珀」を注文した
んですが、無かったと言うことで普通の「エビス」となりましたが、
充分美味しかったです。

Img_4325

 会費は一人¥3,000ということで、非常に豪華で食べきれない
程のご馳走が並びました。そこの会場は全くの貸し切りだったので、
大盛り上がりの宴会は夜更けまで続いたのでありました。
翌朝の自転車ヒルクライムなどすっかり忘れて……。

 

| | コメント (0)

2012年8月 9日 (木)

インカ帝国展

 仙台市博物館で開催中の、マチュピチュ「発見」100年
インカ帝国展を見に行ってきました。例によって、朝仕事を
終えてからの出発です。

 そう。農家は朝仕事が勝負。深夜のオリンピックなど
テレビ観戦している場合ではないのです。

 というワケで、お昼近くに到着しました。

Img_4323

 まずは腹ごしらえですが、館内のレストランでサーロイン
ステーキを食べたら、これが意外に美味しい。
値段が¥1,500と手頃で味が良く、特に付け合わせの野菜
が美味しかったです。あれでライスがもう少し多くてコーヒー付き
なら完璧だと思いました。青葉城址の辺りには飲食店が少ない
ので、食事だけでもあの博物館は利用価値があると思いました。

 さて、食後に一人¥1,200払って入場して一回り。

 ウーム……。個人的には期待外れでした。眩いばかりの宝飾品
が見られるものと思っていましたが、それらはスペインによって
持ち去られてしまったのか、展示されていたのは残りカスだった
ようです。(ーー

 そのため、私はというとササッと見た後は、インカ絡みの南米系
売店にあった楽器が興味の対象となりました。ケーナやサンポー
ニャ、オカリナ等の笛があって、皆安い。さすがに吹くことは出来
ないので、口を付けずに軽く息を吹き込んで音程を調べてみました。

 あ゛ー、やっぱりお土産品だ~。

 とても「楽器」と言えるような代物ではありませんでした。
それでも、楽器好きの私にはチョット楽しめました。

 当然の事ながら妻とは別行動だったので、待ちくたびれた
私は椅子に座って待っていましたが、やがて横になり爆睡
していました。それから暫くすると……、

「お客様、お客様

 と起こされてしまいました。

「はぁ?」

「こんな所で寝られては困ります。」

と警備員に咎められました。妻を待っているのだと言いましたが、

「ご気分が悪いなら別ですが……。」

 待ちくたびれていた私は当然の如く、

「ハイ、気分悪いです。」

と答えました。

 しかし、相手も引き下がりません。

「館内放送で呼び出しましょうか?」

 それもそうだとお願いしましたが、その担当者はあまりやり
たくない様子。

 仕方ないので館内を一回りしましたが妻は見つからないので、
公衆電話から妻の携帯に電話して呼び出したのでありました。
今や職員に訊かないと所在が分からないような場所に公衆電話
が追いやれれているんですから全くもって不便な世の中になった
ものです。(ーー

 妻とはその後すぐに合流できたし、結構楽しんだ様子だったの
は幸いでした。

| | コメント (4)

2012年8月 8日 (水)

第一回鳥海山南麓ヒルクライムレース

 突然ですが、今週11日(土)に鳥海山でプライベートの
自転車ヒルクライムレースを開催します。詳細は以下の通り。

開催日      8月11日(土) 雨天中止

スタート地点  酒田市上草津、鳥海家族旅行村への登り口
          にある駐車場

ゴール地点   滝の小屋下の駐車場

スタート時間  午前5:30分(予定)

使用車種    自由(アシスト機構付きを除く)

参加費      無料

参加申し込み  不要ですが、コメント貰えれば嬉しいです。

サポート     一切無し

表彰       優勝者の栄誉を讃えるのみ

という内容です。

 まぁ、今のところ参加者二人で、ここを見ているサイクリストは
少ないので、参加希望者が現れるとは思えませんが、いたら
嬉しいなと。

| | コメント (0)

2012年8月 6日 (月)

筋トレグッズ

 本気で自転車に向き合うようになってからは、

「それなりの筋トレが必要だ

と強く思いました。

 そこで、40歳から続けている晩酌しながらの筋トレに、
新しいメニューを加えています。それに使うのがこれら。

Img_4307

 中身を飲み干した4リットル焼酎ボトルに水を入れた物が2本と
一個3Kgの巻き付け式のアンクルウエイト4個です。
片足にウエイト4ヶを巻いて前後、上下の運動や、腹に巻いた
上に両手にダンベル代わりの焼酎ボトルを持ってのランジや
片足スクワットをやります。結構キツイですが、慣れてきたので
ボトルには水の代わりに砂を入れようかと考えています。
2倍位の重さになるでしょう。

 そして、自転車に乗る時には高ケイデンスで回しています。
いずれも登山にも非常に有功なトレーニングなので、今後何かと
楽しみです。

| | コメント (0)

2012年8月 4日 (土)

暑気払い②

 いや~、毎日本当に暑いですね~。

 その猛暑の中、ビニールハウスで仕事をしていました。
遮光率50%の遮光幕の上に遮光率95%の遮光幕を重ねて
なので、家の中よりも涼しいかも知れません。
この遮光幕ナシではスイカの二度採りは不可能です。

 しかし、それでも外気温以下に温度が下がる事は無いので、
体はオーバーヒート気味になります。

 そこで、昼食前の速攻クールダウン。

Img_4285

 毎年アップしている気はしますが、庭先での水風呂です。
これは最高です。海は近所ですが、行き帰りが暑いので実は
これが一番です。水温調整はビーチパラソルの位置でします。
加温するのに電気や灯油、ガスが不要なので、経済的です。
水も3日位は足しながら使用するので経済的です。

 体が冷え切った時は風呂に入るのが一番なのと同様で、
最も効果的ですね~。猛暑対策としてマスコミが取り上げる
ことが全くないのは不思議なことです。

| | コメント (2)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »