« 納涼ビアガーデン | トップページ | CC-TR310TW V3n »

2012年8月13日 (月)

第一回鳥海山南麓ヒルクライムレース 本番

 生ビールの樽が空になった後はウイスキーや日本酒等を
飲み続けたから当然でしょう。午前4:30頃に目を覚ましま
したが、

「あ゛ー、飲み過ぎだー。気持ち悪ぅ~。」

 そのまま眠っていたい気分でしたが、ヒルクライムレースに
参加表明しているM君はやる気マンマンで、準備を整えて
いました。

「あ゛ー、年寄りめー。」  (M君45歳)

と罵りつつ、誘ったのは私なので仕方ありません。自分に鞭を
打って起きました。

「あ゛ー、体が重いぃ。ウンコしたい~。」

 しかし、日が昇るとたちまち暑くなるので、そそくさと準備して
下りました。

 折角なので酔い覚ましにと下りで最高速チャレンジをしようかと
思いましたが、新しく取り付けた最新サイコンのスピードセンサー
が全く反応しません。心拍とケイデンスは正常に表示されますが、
スピードが計測されないと5分でスリープモードになってしまいます。
調べてみても、磁石とセンサーの位置関係に問題はありません。

「ウーム…、分からん……。」

 仕方ないので計測は諦めて、上草津の登り口を5:24にスタート
しました。距離は17Kmで標高差は1,040m、平均勾配6.1%
です。参加者は当然の如く、私とM君の二人となりました。

 M君は若い頃にトライアスロンをしていて、山ではヒマラヤの
未踏峰に挑んだ経験もあるベテランです。私より6歳年下で、
山形県境縦走では冬季のパートナーとして何度も行動を共にした
気心の知れた間柄です。

 そのM君。最近になって、中古のロードレーサーを手に入れて
自転車乗りを再開したということだったので今回誘ったワケです。

 まずは、彼の後ろに付いて走ってみましたが、遅い。チョー遅い。

「登りは苦手だ。」

とは聞いていましたが、あまりにも遅いので構わずにササッと追い
越してからは一人旅となりました。

 しかし、前述の通りで体が重いし、モチベーションは全く上がらない
ので、スピードセンサーを復活させるべく何度も降車したり、サドルを
上げてみたり、体の軽量化を図ったりしながらM君が登ってくるのを
待ちましたが、サッパリ見えない……。

 仕方ないので一人旅を続けていると、山雪荘を過ぎた辺りから、
ようやく調子が上向いてきました。テン場に寄ってから終点の駐車場
へ行くと、秋田の岳人が、

「あー、赤い自転車の人ならかなり下にいましたよー。」

とのこと。やっぱりなー。

  たっぷりと汗をかいたので気分はすっかり回復して、

「あー、登って良かったな~。」good

 タイムは約1時間でした。

 話は変わって、最近、鳥海山では遭難事故が異常発生して
います。この日も救急車が登ってきました。

Img_4329

 さっき終点終車場へ行った時には何事も無いように見えた
ので、??です。翌朝の新聞によると、埼玉のオバチャンが
登山の準備中に駐車場から滑落して頭を切ったとか。

「はぁsign02、バガでねがsign03。」

 全くもって、信じられないような事故ですが、その程度の怪我で
救急車を呼ぶと言うことも信じられません。
映画「運命を分けたザイル」を観て、遭難した場合の心がけを
学習して欲しいものです。

 さて、M君は一時間遅れで到着しました。

Img_4330

 かなりきつかったと思いますが、何とか登ってくる辺りはサスガ
です。自転車は、アルミフレームのトレック1400でやや重め。
ノーマルクランクのダブルにリアは7枚。タイヤはチューブラーでも
空気圧が3キロ位と低かった。down

 しかも、ペダルはノーマルで靴がスニーカーでは尚更です。
よく頑張りました。confident

 ということで、まずはメデタシメデタシ。
昨夜の豪華鍋の残り汁で煮たうどんを食べてから解散となり
ました。

 いや~、なかなかナイスなイベントでした。good

|

« 納涼ビアガーデン | トップページ | CC-TR310TW V3n »

コメント

いや〜、凄い。

ヒルクライムはまるで駄目な私としては凄いとしか良い様がないな。
今年の夏に帰省していたとしてもとても参加できません。
この前、ミニベロで斜度15%の坂を200mほど登ったら膝の古傷が痛んで翌日走るのに難儀しましたもの。

二日酔いで下りにトライするのは止めて正解でしょ。

投稿: こうさく | 2012年8月13日 (月) 23時34分

>こうさくさん

 あの体調で登れたということには、自分でも
感心しました。coldsweats01

 でも、ヒルクライムで強くなるには訓練するしかない、
というのが実感です。

投稿: ファーマー佐藤 | 2012年8月14日 (火) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 納涼ビアガーデン | トップページ | CC-TR310TW V3n »