« 火入れ | トップページ | 煙突の支柱 »

2012年10月25日 (木)

着火剤

 ドラム缶ストーブではゴミ処分を兼ねて紙類を盛大に燃やして
着火していましたが、煙突にとっては良くないそうです。

 そこで、ストーブを替えたことを機に紙を燃やさないことに
しました。当然、それに代わる着火剤が必要です。

 昔からの着火剤である松ぼっくりを集めるのも面倒なので、
メロンやスイカの種蒔きに使うピートモス板を試してみました。

Img_4622

 カッターナイフで切れ目を入れて64枚に切り分けました。
これに灯油を染み込ませれば着火剤の完成です。

Img_4624

 パワー十分で、一枚使って薪に着火してみたら簡単に燃え
上がりました。

Img_4623

 使った灯油を含めたコストは、一枚当たり約¥7.5円です。

 しか~し、市販している着火剤はもっと安かったんです。

Img_4625

 木屑を固めた板に灯油を染み込ませた物で、18本で¥98
でした。一本当たりは¥5.4円也。パワーでは私のよりも全く
劣りますが、更に灯油を加えればコスト&パワー共に同等になる
でしょう。切る手間が要らないので、今度からはこれを使うことに
しましょう。もちろん、灯油をたっぷり染み込ませてね。delicious

 いや、待てよ……。
より安く、廃油を使うのもアリですね。試してみましょう。 

|

« 火入れ | トップページ | 煙突の支柱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火入れ | トップページ | 煙突の支柱 »