« 鋳物の薪ストーブ | トップページ | 着火剤 »

2012年10月24日 (水)

火入れ

 少し冷えてきたので、設置したばかりの薪ストーブに火を
入れてみました。

Img_4616

 扉を開けた状態でも煙が室内に流れることはありませんが、
吸い込みがイマイチ弱い…。煙突をケチって3本しか買って
こなくて3.5本の約3mでは、いくら横管ナシでも足りなかった

 そこで、2本追加して5m近くまで伸ばしました。

Img_4610

 支えが必要な高さです。

 これで点火してみると、確かに吸い込みは強くなりましたが、
結局のところ、吸気口が狭いからだという結論に至りました。
チョロチョロ焚く分には良いのですが、ガンガン焚きたい場合
には吸気が全く不足するのです。

 そこで、焚き口全開

Img_4615_2

 何やら暖炉のようでもあり、これで良いではないかー。

 とにかく、ドラム缶ストーブのような爆発的なパワーはないものの、
ジンワリと染みるような温かさがあります。

 そこで、プチバーベキューです。

Img_4620

 以前紹介した、車載ジャッキ利用の串焼き台でウインナーを
焼きました。メッチャ旨いです。

Img_4617

 ということで、煙突の支えを作るのも面倒なので、一本減らして
また試してみましょうか。 

|

« 鋳物の薪ストーブ | トップページ | 着火剤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鋳物の薪ストーブ | トップページ | 着火剤 »