« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日 (木)

ブラックダイアモンド/ストーム

 山用のヘッドランプには、ナショナルの小型3灯LED式を
長年使ってきました。

Img_5065

 しかし、バンドが伸びきってしまったのと、なんと言っても
暗いので買い換えることにしました。

 自転車ロングライド用に買ったジェントスの明るいヘッドライト
はありますが、嵩張るしザックに入れた場合に誤点灯しやすい
ので使えません。

Img_5067

 で、有名専門店で試した結果、これにしました。

Img_5066

 ブラックダイアモンドのストームです。単四乾電池4本で
100ルーメンが50時間持続する性能とのことです。
スイッチを6秒以上押すことでロックモードに出来るので、
ザックの中での誤点灯はまず考えられません。ベルトが
やや滑りやすい気はしますが、使いやすい感じです。

 明るさを比較してみました。

まずはナショナル製BF-198。

Img_5068

  カメラがほとんど光を感知してくれませんでしたー。

 次にジェントス製HW-767H。

Img_5069

 最後にブラックダイアモンド製ストーム。

Img_5070

 中心部の明るさでは150ルーメンのジェントスが勝って
いますが、周辺部もほんのりと明るいストームの方が山での
使い勝手が良さそうです。コンパクトなのも○です。
室内灯として適当なLEDと赤色LEDも付いています。

 それにしても、パッケージを開けた時には少し驚きました。
付属電池が一般的にありがちなマンガン電池ではなくリチウム
乾電池だったからです。これだけで千円しますからね。

 なので、購入価格5千円は安いです。良い買い物をしました。

 

| | コメント (0)

2013年1月30日 (水)

遅刻

 28日、29日はホテルに連泊して某講習会へ参加したん
ですが、昨日は大いに慌てました。

「なんだかサッパリ朝にならないのやぁ。。」

と電気を付けて起きたらビックリ。

「ぬあにぃぃぃ、9時過ぎだぁぁぁ

 講習会初日の集合時間は8:40だったからです。
部屋のアラームを7時にセットしておいたんですが、鳴りません
でした。しかも、窓の外は隣のビルの壁でカーテンは妙に立派な
遮光一級品。朝にならないワケです。

「こりゃ絶対欠格だぁぁぁ

と思いつつも大急ぎで服を着ると会場までの150mほどを
猛ダッシュ。

 会場へ入ると9:05。講義が始まったばかりで、本当にギリギリ
のセーフでした。ヤレヤレ、4万円がパーになるところでした。

 ホテルに帰って時計を見たら7分進んでいたので、正に
不幸中の幸いだったワケです。

 二日目は携帯電話のアラームを複数セットしたのは言う
までもありません。 

 と、ここで一句。

安ホテル 朝になれども 日は差さず

| | コメント (2)

2013年1月29日 (火)

酒田市宮海 大勝軒②

 先月紹介したナニコレ珍百景級のラーメン屋ですが、、、、、

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2012/12/post-3544.html

 先日、近くにいたのでまた行ってしまいました。

「食べたい。でも、行きたくない。。」

という葛藤がありましたが、思い切って暖簾をくぐったら、一回目
で免疫が出来たようで、別に何とも感じませんでした。
我ながらビックリ。(笑)

 ご主人は、私が徒歩で来店したことに好感を覚えたようで、
色々と話しかけてきました。見かけによらず話し好きのようです。
スノーシューで雪山を歩いたり、春には山菜採りを楽しみ、
夏には海で泳ぐのが日課だというアウトドア派でした。

 そして、店のキャッチフレーズは、

「汚なウマい

とのこと。確かにそうです。(笑)

 しか~し、ここで重大発表

 なんと、改装工事を予定していて、すでに大工さんに依頼
しているそうです。もう30年も営業しているそうですが、恐らく
は初めての改装工事でしょう。私が行ったのは今回も日曜日
のお昼でしたが、またしても客は私一人だけ。

「こんなんで大丈夫なのか

と思いましたが、実績はあるので混む時もあるんでしょう。
きっと。。

「今度着たときにはビックリすっぞ。」

と仰っていたので折を見てまた行きたいと思いますが、また雑然
となりそうな気もするので早めが良いかもですね~。

| | コメント (2)

2013年1月28日 (月)

海図

 先日のことですが、海図のお勉強をしました。
練習用の海図を使って、現在地の特定や航路の引き方など
を覚えました。これはなかなか面白いですね~。

 例えば、こんな問題を解きます。

 A丸は、西川市東方海域を速力8ノットで航行中、赤岬灯台
を磁針方位260°、西山山頂と青崎灯台をトランシット(重視)
する地点に達した。この地点から、大島の黄岬灯台を右舷に
見て、最接近距離3海里で通過するには、磁針路を何度に
とればいいか。次のうちから選べ。ただし、この海域には流向
040°(真方位)、流速3ノットの海流があるものとする。
                   (試験用海図第150号使用)

(1)113° (2)118° (3)123° (4)128°

といった具合です。

三角定規とコンパスで作図するなんて、何十年ぶりでしょうか。
老眼が始まったのか、細かい目盛りを読むのが少々ツライです
が、結構填ります。

 で、神経を集中させて線を引いた結果、こうなりました。

Img_5050

 答えは(2)が導き出されました。GPSが当たり前の現代
でも不可欠な知識でしょうね。やはり。

| | コメント (0)

2013年1月27日 (日)

自作自転車はめっちゃ楽しい!

 毎年一月は自転車を作るのが恒例になっていますが、
「サイクルペディア自転車事典」を見たらいつも以上に
奇抜な物を作りたくなりました。

 そこで、材料調達。

Img_5064

 実家で不要になっていた自転車を2台貰ってきました。
プラスチックホイールとは珍しいので、これと、余っている
ママチャリのフレーム、各種廃材を使って速攻で作り上げ
ました。

「なんじゃこりゃあぁぁぁ

と声を上げて呆れて頂けること請け合いです。(笑)

 後は研磨塗装してから組めば完成ですが、製作中の写真は
撮っていないので、お披露目までしばらくお待ち下さ~い。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2013/02/post-2c19.html

へつづく。。

| | コメント (2)

2013年1月26日 (土)

サイクルペディア自転車事典

 書店でたまたま見つけた本です。

Img_5062

 いや~、これは実に面白いですね~。

 自転車製作&創作が趣味化している私にとって、収録
されている多種多様な自転車群は実に刺激的です。
製作意欲が大いにそそられますよ~。

 例えばこんなのが載っています。

Img_5063

 自由な発想で作りながらも実用性があります。

 というワケで、色んなアイディアが頭の中を駆けめぐって
いま~す。

| | コメント (2)

2013年1月25日 (金)

携帯電話

 必要に迫られて、ついに携帯電話を持つこととなりました。

Img_5061

 今日発売のソフトバンク202SHです。これまで、携帯電話を
頑なに拒否してきた訳ではなく、単に必要なかったから持たな
かったんですが、事情が変わりました。

 さて、この機種は小型軽量防水型で、テレビとカメラも付いて
います。今流行のスマホは全く必要ないし、通信料がバカ高い
ので最初から対象外でした。私にはこれで十分です。
たぶん、最も安い部類でしょう。

 あ゛ー、何だか悲しい気分です。こんな物を持つことになるとは
思わなかっただけにガッカリですが、まぁ仕方ないですね。

 で、余っていたマイクロSDカードを使ってデータをコピーしようと
しましたが、何故か202SHの電話帳に出てきません。
仕方ないので、取りあえず、妻と私のにそれぞれの電話番号を
登録しました。

 その登録名は、「ダーリン」と「ハニー」ですが~。(笑)

 

| | コメント (0)

2013年1月24日 (木)

輪行袋

 来週に輪行する予定なので、いつもの上ノ山自転車へ輪行
袋を買いに行きました。今日も穏やかな天気だったので、輪行
予定の折り畳みロードバイクでサイクリングです。

 6速可変式シングルギアですが、気持ちよく走行出来ました。
発進時にもたつくので、帰ってからトウーストラップが付いたペダル
に交換しましたが。

「これ入る袋あっが?」

 さすがの店長。TIOGAの29インチMTB用の輪行袋を出し
ました。入れてみるとジャストサイズで、値段と大きさが手頃。
素晴らしい

 買ったのはこれです。

Img_5052

 コンパクトですが、計量してみると・・・・。

Img_5054

 案外重いですが、まあ良いでしょう。

「こりゃ、チェーンカバーが必要だなぁ。」

と、熱して曲げたビニールホースを切ってチェーンカバーに
しました。

Img_5053

 が、チェーンカバーが付属していました。ナカナカ考えられて
います。折角なので純正品を使いましょう。

Img_5055

 ホイールを固定するためのバンドも4本入っていましたが、
折り畳みバイクなので2本あれば十分です。ハンドルを90°
回せば梱包準備完了。後は袋に入れるだけです。

Img_5056_2

 どう入れれば良いのか分かりませんが、取りあえずやって
みましょう。

 肩にかける為のベルトを適当に取り付けて、

Img_5057

 袋に入れました。

Img_5058

 何となく入りました。肩にかけるとこんな感じです。

Img_5060

 遊びに行くわけではありませんが、自転車があれば行動範囲
が飛躍的に拡大するので、少しは遊ぶことが可能になります。

 フフフ、人生初の輪行です。楽しみだなぁ。。

| | コメント (4)

2013年1月23日 (水)

珍しい晴れパターン

 今日は一日中快晴で、鳥海山も綺麗な姿を見せていました。
一月中に鳥海山が晴れて、一日置いてまた晴れるというのは
非常に珍しいことです。

 なので、「週間寒気予報」の予想図を後学のために記録して
おきます。

Photo

 ごく弱い冬型の気圧配置で、上空5,000m付近に-30℃
の寒気が掛かっています。普通なら下界は晴れても鳥海山は
隠れるというパターンですが、この予報図よりも寒気が弱かった
んだと思います。

 今日は朝イチで歯科医院へ行った後に酒田市内を駆けめぐり、
午後は上山市へ買い物へ行ってきましたが、道路状態は良くて
山々は綺麗だし、良い買い物が出来たしで最高でした。

| | コメント (0)

2013年1月22日 (火)

今冬の鳥海山

 東北sakanoさんから、

「今シーズンは寒気が厳しく風が強いんですかね?」

というコメントを頂いたので、直近3年間の写真で比較して
みたいと思います。

 新山から撮ったスノーブリッジ側の外輪山内壁の様子です。

2011年2月22日

Img_2852

2012年1月19日

Img_38291

そして今年、2013年1月21日

Img_5035

 こうして比べてみると、良~く分かりますね。
今年は岩が雪で完全に隠れています。スノーブリッジの積雪が
断トツに多いのも一目瞭然。七高山寄りの外輪へ真っ直ぐ伸び
ている点にも注目です。

 なるほど、昨日の登山が厳しかったワケです。納得。

| | コメント (2)

2013年1月21日 (月)

厳冬の鳥海山/日帰り登頂&滑降

 年明けからもずっ~と天気が悪かったのに加えて、色々と
忙しかったので、まだ山に行っていませんでした。

 ということで、二日前から今日の天気を狙っていました。

「今日がダメなら今年の一月は鳥海山へ登れないっ。」

というワケ。

 とにかく、一月の鳥海山は猛烈に荒れるので、ベテランの岳人
すらもなかなか寄せ付けません。今年はまだ誰も登頂していない
筈です。

 ということで、よ~く狙って速攻で登るか、好天を予想して前日
までに滝の小屋か祓川ヒュッテ等に入って狙うしかない山なん
ですが、昨夜の段階で今日が”THE DAY”になることを確信しま
した。

 夜明け前の6:20に鳥海牧場を出発しました。
下層の寒気はまだ残っていましたが、雲の切れ間から外輪が
見えました。間違いなく晴れるパターンです。

 雪はよく締まっていたのでヘルベントを持ってきたのを後悔
しましたが、下りの腐れ雪でも快適に滑られるのでヨシとしま
しょう。

 例によって入山者は他にいませんでした。とっ~ても贅沢な
気分になります。

 ヤブも邪魔にならない程度に埋まっていました。

Img_4975

Img_4976

 しばらくすると、山がクッキリと姿を現しました。

Img_4978

 昨日のトレースは宮様コースにありましたが、私は手つかずの
車道ショートカットコースへ。順調に高度を上げて8:30、滝の
小屋駐車場に着きました。小屋には寄らずに直登です。

Img_4980

 雪は、圧雪したてのスキー場よりも綺麗なアスピリンスノーで、
気持ちよく登れました。河原宿までは。。。

 その先はアイスバーンだらけで、しばらくは斜面を選びながら
登りましたが、1,750m地点でイカンガーです。
シールは全く効かないし、ヘルベント用のスキーアイゼンは持って
いないので、アイゼン歩行に切り替えです。板とストックをザックに
付けて背負ったら、

「う、、バランス悪ぅ。。」

 しかも、アイゼンの爪も殆ど刺さりません。こりゃ、スキーアイ
ゼンなんかあっても役立たずだし、急斜面で進退極まった時には
本当に困るので、無くて良かったかも知れません。

 やがて、ソロバン尾根へ。ほとんど刺さらない出っ歯だけで
登るので、くたびれますね。登山靴の方が断然楽です。

Img_4990

Img_4989

 気温はー8℃程度と高くても風が強かったので目出し帽を
被って黙々と登りました。

 外輪まであと少しです。

Img_5002

 着きました。

Img_5000

 板とストックを下ろしたら足取りが超軽快になりました。
新山へ向けてレッツラゴーです。

 去年は1月19日に登りましたが、今年の方がずっと雪が多い
ですね。凍っていない所では膝までも潜って大変でした。

 なので、なるべくカリカリの所を歩きます。

Img_5001

 外輪から新山へ伸びるスノーブリッジも十分な積雪で、内壁
への雪の付着も2月下旬並でした。

 でも、めっちゃカリカリ。ピックを突き刺しながら慎重に下降
しました。こういう場合はやはり重いピッケルの方が確実です。

Img_5003

 で、スノーブリッジから新山へ登りますが、雪がかなり深い。
スノーシューが適当な場所です。12:30、無事山頂到着。

Img_5011

Img_5019

Img_5021

 いやぁ、貸し切りってのはやっぱり気分良いですね~。
しかも快晴。何たって山は天気次第です。

 15分後には山頂を後にしましたが、飲むものを飲めばもう
降りるしか無いし、少し溶けたであろうアイスバーンが再び凍る
前に降りたいという気持ちがありました。

Img_5035

 行きは外輪の岩稜を回り込むようしてスノーブリッジへ降り
ましたが、帰りは直登しました。雪の付着が十分ならこっちの
方が良いですね。

 で、デポ地点(伏拝岳と行者岳の間)でスキーに履き替えまし
たが、すでに午前以上に凍っていました。

 冬の鳥海山には30年近く通っていますが、こんなに堅い氷は
初めてのような気がします。スキーのエッジを研いで置いて良か
ったです。。

 というわけで、軽快な滑走など出来るはずもなく、絶対に転ば
ないことだけを心がけて、しかし、良好な斜面を探しながら滑り
降りました。

「ガガガガッ

物凄い音を伴った激しい振動で、足がパンパンになりました。

 結局、それは河原宿まで続いたのでありました。
こんなの初めてです。普通は、外輪直下を過ぎればそれなりに
楽しめるんですけどね。

 ヤレヤレ、、こりゃしんどいですが、そこから下の斜面は快適
に滑ることが出来ました。雄叫びを上げながらの滑降です。

 まぁ、これでディープパウダーだったら最高なんですが、山形
県側の雪は、降ると言うよりも叩き付けられて付着するので、
ほぼありません。その分、雪崩の心配は沢以外ではほぼ無い
ので、慣れている者にとっては安全性が高い山です。

 ということで、去年は外輪から牧場まで45分しかかからな
かったのに、今回はナ~ンと2時間もかかりましたぁ。
下の樹林帯では案の定、モナカ雪になりましたが、スーパー
ファットならノープロブレムで調子よく滑ったんですけどね。
全行程では9時間半もかかりました。

 まぁ、その分、思い出には残るでしょうが。。 


| | コメント (4)

2013年1月15日 (火)

折り畳みロードバイク復活

 ママチャリを改造して仕上げたロードバイクを更に折り畳み式
へと改造した自転車ですが、トレーラーや他の自転車を作る
ためにパーツを供出したので、こうなっていました。

Img_4963

 走行不能ですが、今月末に使う予定があるので乗れるように
しないといけません。

 で、まずはディレイラーから。MTBで使っていたのはあるんです
が、溶接したナットはミリネジなので、ディレイラーのボルトを交換
しないと取り付け出来ません。それって、面倒なんですよね。
スプリングがとても堅いから。

Img_4964

 タイヤも必要なので上ノ山自転車へ行くと、鉄製のディレイラー
ハンガーがありました。¥517という値段を見て、

「これだっ

 これさえあれば事は簡単です。

Img_4966

 不要な部分を切断したハンガーをエンド部分に溶接して、
ディレイラーを取り付けました。

Img_4971

 しかし、プーリーがやたらと大きいMTB用なので、チェーンの
駒が足りませんでした。仕方ないので余っている駒を足しました
が、ピン1本¥200は痛いですねぇ。。

 買ってきた700×30cの安タイヤはトレーラーに履かせて、

Img_4965

 外したイエロータイヤを折り畳みロードバイクに履かせました。
元々履かせていたタイヤです。

Img_4967

 ギアは前2枚で後ろ10枚ですが、変速レバーが無いので
変速するには自転車を降りての6速限定になります。
街中を走るにはそれで充分です。

 折り畳むとこんな感じ。

Img_4969

  いやぁ、自転車って簡単に組めるから、本当に楽しいですね。
車検も無いし~。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2018/11/post-27c2.html 

につづく。


| | コメント (0)

2013年1月13日 (日)

仮想ヒルクライムレース

 落雷で逝ってしまったパソコンが修理されて帰ってきました。

Img_4954

 目に見える基盤焼損とかは無かったんですが、マザーボード
とHDD、VGAの交換という重傷でした。修理費はナ~ンと、
¥94,800。保険が効かなかったら絶対に修理しませんね。

 いや、本当は修理不能であって欲しかったんですが、直れば
それなりに利用価値はあります。

Img_4960

 矢島カップのクラス優勝者がヘルメットカメラで撮った極めて
クオリティの高い映像を見ながら、レース本番の気分でローラー
を回そうという作戦です。

Img_4962

 これはかなり効果的ですね~。
かつて、サブウーファーを置いていた傾斜台に前輪部を載せ
ているので、体勢的にもヒルクライムに近いです。左右が壁なの
で転ける心配はありません。しかも、音声はオーディオシステムを
使っているので、その臨場感はかなりのものです。

 本当は90インチのスクリーンに投影するつもりでしたが、
どうも以前買って置いた5BNC-DVIケーブルが悪いのか
正常に映らなくてね。よって、19インチディスプレイですが、
それでも俄然その気になりました。

 うん、こりゃ良いね。

 今日は室温8℃と暖かったこともあって、汗がボタボタ落ち
ました。扇風機を用意することも必要ですが、ウェアも本格的
にしないといけませんね。

 いや、それ以前に、晩酌してからやるというのはイカンガー
な気はしますが~。。

| | コメント (0)

2013年1月12日 (土)

たざわ湖スキー場

 1月11日

 4時半起きして行ってきました。
一晩中風が吹いていたので期待が高まります。地吹雪にも
なりましたが、4時間で到着。

 クワッドリフト乗り場に着くとちょうど運転開始の9:00で、
ナイスなタイミングでした。

 しかし、期待した新雪は少なくてトラックだらけでした。

 仕方ないので林の中を滑りましたが、まだヤブが多くてあまり
楽しめません。9:30からは上のリフトばかり利用しました。

Img_4953

 気温はー10℃。視界はほとんどありません。
フードが無いので寒かったですが、羽毛インナーを重ねるなど
万全の防寒対策で滑りまくりました。いつものように林の中と
リフトの下専門ですが、雪面が分かるのでゲレンデよりも安全に
滑ることが出来ます。

 特に、このスキー場は、

「コース外の滑走は禁止です

などと言われることが無いので、気分良く遊べます。
パトロールも殆ど見かけません。秋田県人らしい大らかな対応
が嬉しいですね~。

 見方を変えれば、

「自己責任ですからね~。」

という事でしょうが、スキー場といえども自然の中なので、それ
が正解だと思います。安全は自分で確保するものですから。

 ということで、リフトの下も食い尽くした頃にガスが少し切れて
きました。去年も楽しんだ広いノートラックエリアへ。。
そこはもう最高でした。風が強いので、滑るたびにリセットされる
感じで、雄叫びを上げながら滑走しました。5時時間券を休憩
なしでフルに使いました。

 まぁ、あれで上のリフトも高速なら文句なしなんですけどねぇ。
天気が良ければ駒ヶ岳へも登れるので、なかなか魅力的なスキー
場です。

| | コメント (0)

2013年1月 8日 (火)

刺身のつま

 二日間の講習会へ参加するために村山市へ行って来ました。
泊まりはもちろんキャンピングボックス。

 一日目の終了後はクワハウス碁点で寒中水泳を楽しんで
腹減らしてから夕食です。

 Img_4949

 正月休み最終日の午後7時ということで、刺身の豪華盛り
合わせが半額でした。他の総菜は3割引き。

 たっぷり楽しみましたが、刺身のつまの量が半端じゃありま
せん。

Img_4951

 大根、人参、大葉、パセリがてんこ盛りです。
そのままではとても食べ切れません。

 そこで、全部入れてスープにしました。

Img_4952

 見た目は悪いですが、少し残した魚介から良いダシが出て
なかなか美味しかったです。完食。ゴミにならないのも
嬉しいですね。
 

 

| | コメント (0)

2013年1月 5日 (土)

キャンピングボックス⑭ 完成!

 内装工事をした結果、快適な使用感が得られたので、これで
完成とします。箱の脚に滑り止めを敷いたので走行中にズレる
心配もなくなりましたし。

 ということで、音楽好きの私らしく快適化アイテムを追加しま
した。

Img_4943

 作業場で使っている埃まみれのCDラジカセをブロアーで
掃除して電池を入れて試してみると、CDもちゃんと再生しま
した。子供のお下がりです。

「おーっ、使えるじゃんこれ。」

 というワケで、随分前にコピーしたCDを並べました。

Img_4944

 奥には暇つぶし用の「シャカリキ!」全巻を置いていますが、
CDケースが笑っちゃうくらいにピッタリ収まりました。
こりゃ良いね。

 ということで、申し分のない移動式快適空間の完成です。

Img_4945

 なんたって、厳寒下でも3分もあればヌクヌクになるし、
保温性バッチリで結露ナシ。最高です。

 まぁ、一般的なキャンピングカーのようにリッチな外観では
ないし流し台やトイレもありませんが、全然オッケー。
大いに利用したいと思いま~す。


その後、結露対策をしました。(↓)

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2013/02/post-004e.html

| | コメント (2)

2013年1月 4日 (金)

電力事情

 007最新作が上映されているので見に行きたい気はあり
ますが、映画館はウイルス感染が怖いので自宅で映画鑑賞
です。

Img_4940

 ただし、映画館と違ってエアコンは入れません。

Img_4941

 室温0℃。

 でもね、寒い方が体には良いそうですよ。
細胞内のミトコンドリアが活性化して老化防止になるそうです。
エスキモーとかが若々しいのか知りたいところですが。

 とはいえ、パジャマ姿では寒すぎるので羽毛服を重ねます。

Img_4942

 この時期の鳥海山と比べれば随分と暖かいです。

 そこで思うのですが、日本中が私のように過ごせば電力需要は
激減することでしょう。日中は太陽光発電と風力発電が使えるし、
世界に誇る地熱発電技術もあります。制御できないことが証明
された原発なんかサッサと閉鎖すれば代替エネルギー開発は
急速に進むでしょう。

 そもそも、核廃棄物処理と廃炉する技術が無いのは大問題
です。核のゴミは増える一方だし、放射能汚染地帯の除染は
事実上不可能です。福島県でやっている除染なんて、あんな
ものスタンドプレーに過ぎません。

「福島の皆さ~ん、騙されちゃいけませんよ~。」

 気の毒ですがそれが現実。あの事故がもっと深刻だったら
私の所だって汚染地帯になったでしょう。自然の力を人間が
想定して技術的に制御することなんて所詮無理なんです。
それに気づかないアホ達が国を動かすのは全くもって不幸な
ことです。

 原発設置地帯では原発交付金や雇用がなくなったら困る
ので必要だという話もありますが、魂まで売ってしまったんで
しょうか。

 などと、冷たい空気を吸いながら思うのでありました。

 一昨年の5月。鳥海山の頂上で出会った福島から来た男性の
言葉を思い出します。

「向こうでは出来ないので、深呼吸しに来ました。」

 極めて憂慮すべき事態が続いています。

| | コメント (0)

2013年1月 3日 (木)

地吹雪サイクリング

 鳥海山ではスノーモービルで入山した8名が猛吹雪で
帰れなくなっているそうです。悪天候を予想できなかったと
したらアホです。

 さて、今日も強風が吹き荒れているので山は無理。
隣町まで自転車で買い物がてらのサイクリングに出掛けま
した。路面はツルツルなので、スパイクタイヤの空気圧を
下げてゴー

 西北西の風11mを背に受けて走る走る。時速40キロ
オーバーで疾走しました。頭の中では、

サイクリング~サイクリング~、ヤッホーヤッホー
ヤッホーッ~

という名曲が軽妙に流れました。寒くても気分爽快です。

 しかし、目的地に着く頃から猛吹雪となりました。

「ぬおぉー、前が見えない~

 猛烈な横風をまともに受けて、まっすぐ走ることも困難です。
店に着いた時には全身真っ白になっていました。
スノーマンです。

 ヤレヤレ、買い物も楽じゃないね。

 さて、当然ながら帰りは強烈な向かい風です。硬い雪も
叩き付けました。スーパーハードです。

 なので、頭の中で往路とは別の歌が流れました。

重い~いコンダ~ラ、試練の~み~~ちを~~~

 巨人の星のテーマソングがリフレインしました。
ローギア固定で頑張りました。かなり良い運動になります。

 さすがに、サイクリングしている人は他に見ませんでした
が~。

 さてと、暇なのでプールにでも行ってこようかな。チャリで。(笑)

Img_4936

| | コメント (2)

2013年1月 2日 (水)

おでん

 キャンピングボックス内に掛けた吊り旗はナカナカ良いムード
を醸してくれています。

Img_4933

 極小部屋が屋台に早変わり?。

 ということで、初おでんです。

Img_4934

 おでんには日本酒が良く合いますね。

 これから泊まりで出掛ける機会が増えるので、各種
料理で楽しみたいと思いますねぇ。

| | コメント (0)

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。

 穏やかだった昨年の元旦とは大違いの天気なので、夜更かし
してローラー台の上で新年を迎えました。気温2℃でも良い汗
かきました。

Img_4932

 決戦用ホイールを練習用ホイールに替えて回しました。
雷の被害に遭ったパソコンが保険で修理出来るそうなので、
直ってきたらディスプレイを置いて、ユーチューブのレース
映像を見ながら本番気分で走りたいと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=0HVRhAUrGvU

 第26回矢島カップでクラス優勝した方のヘルメットカム映像
ですが、これを使うと私自身を追い越すことが出来ます。

 さて、今年は大きな転機を迎える年になります。
常に前向き、アクティブに邁進したいですね~。

 そして、目標は、家族のために頑張ることと、

「ヒルクライムレースの表彰台に立つ

ということ。目標を持つことは大事だと思うワケですが、その
ためには酒量を減らさねばと思う今日この頃です。

| | コメント (6)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »