« ムーちゃんガード | トップページ | TLT用130mmクランポン② »

2013年3月17日 (日)

鳥海山は今日もカリカリ

「まだカリカリだろうなぁ。。」

と思いつつも、予想気圧配置を見れば暖かい南風が吹くことが
期待出来たので、鳥海牧場から登ってきました。6:30出発です。

 その前に、T字路の駐車場にあった同一グループと思われる
車に注目しました。

 Img_5251

Img_5252

 3台の車の内の2台がこれですよ。「つ」の次は「て」というのも
面白いですが、紛れもなくエベレストの標高です。相当な山好き
なのは間違いありません。(笑)

 さて、歩き出して間もなく、残っていた寒気に伴う雲が消えて
きました。

Img_5254

 買ったばかりのスキー用クランポンを使いたくてヘルベントを
履いていきましたが、雪はよく締まっていてスニーカーでも平気
なほどでした。最初の登りでもスリップしたほどです。

 が、さすがにそんな所でクランポンを装着するワケにはいきま
せん。ストックを駆使して登りました。

 Img_5255

 今日は宮様コースを登りました。今年は雪が多いのでブッシュ
は全く気になりません。気持ちよく登れました。

 しかし、それも森林限界まで。雨の後に冷えたので、ガチガチ
に凍っていました。スリップして登るのが大変なので、クランポン
を装着しました。

Img_5256

 いや~、やっぱり道具ですね~。サクサク効いて気持ちよく楽に
登れました。

Img_5257

 登り切れば滝の小屋が見えます。

Img_5258

 昨日以前からと思われる車が6台あったのに登っている人を
全く見なかったので小屋に寄ってみると、広げた荷物はありま
した。ハテ、どこに行ったのか??。

 風は強かったですが、期待した南風ではなくて西風でした。

「ありゃー、今日はダメだなー。。」

と思いつつ取りあえず河原宿まで登りました。

Img_5263

Img_5264

Img_5265

 いや~、どっちを向いても見事にアイスバーンですね~。
河原宿には、フライトシミュレーターで小型機を着陸させたことが
何度かありますが、全く障害物が無いので本物の飛行機を着陸
させられるとマジで思いましたよ。

 滝の小屋の100m先から外輪までず~っと氷の斜面でした。
これでは、登っても下りの滑降が全然楽しくありません。
風が変わって氷が緩むのを待とうにも、ツエルトを張るための
支点となるスキーを突き刺すことも出来ません。

「あ゛ー、スノーソーとスコップを持ってくるんだったー。」

と思っても、後悔先に立たず。。

 諦めて撤退しました。今年は新山に二度登頂しているので、
登頂意欲はほとんど無かったワケで~。

 それにしても、5日前の鳥越川ルートのような酷い氷ではなかっ
たものの、下りで楽しめたのは滝の小屋の上のほんの100m程
でした。仕事柄、3月はほとんど来ていないこともありますが、
過去最低でした。

 で、滝の小屋に寄ると、おっ、見た顔が。

 正月山行で一緒に登ったことのある酒田のS田さんでした。
日本山岳会東北支部の山行で、3名の仲間と共にスキーで
登って行きました。

 私は、小屋でしばしマッタリ。アイゼンで登ってきて三日目だと
いう若者二人と話せて嬉しかったです。山で若者を見ると無条件
に嬉しくなります。一昨日は外輪まで登って、昨日は停滞。
今日は月山森往復だったそうです。

 さて、しばらくして下山するべく外へ出ると、S田さん達がいま
した。やはり河原宿で引き返してきたんだそうです。
ベテランらしい適切な判断だと思います。アイゼンを履けば頂上
へも行けますが、皆さん兼用靴ですからキツイんですよね。

 話を聞いたら、昨日と今日は山雪荘泊まりだとのこと。
実は私、山雪荘に入ったことが一度も無いので寄らせて貰いま
した。創設者の息子の奥さんが従姉妹なので、いつでも鍵を借り
られるんですが、機会が無かったんです。

 というか、私にとっては、場所的に半端で使いにくい。catface

 Img_5274

 ほとんど雪に埋もれていましたが、窓の部分が掘られていた
ので内部は明るかったです。コーヒーをご馳走になった後に
水汲みを手伝いましたが、これはかなり面白かったです。
沢の上に張ったロープからバケツを下ろして湧水を汲むんですが、
両岸でロープを引く人と、バケツを下ろす人、それをサポートする人
がいて、それぞれの呼吸を合わせて作業するワケです。
私はバケツを水面に落としてバケツを満タンにして汲み上げる係
をやりましたが、コツを覚えたのでまたやりたいです。delicious

 でも、、あれは完全に大人の遊びですね~。発電機があるので
水中ポンプを入れれば簡単に汲めるんですから~。(笑)
 
 そんなことをやっても、時間はまだ午後1時。酒を飲むにはまだ
早い時間でしたが、並のオヤジどもではありませんでした。

 なんと、ツエルトを使った遭難者搬送の技術講習会が突如と
して始まったんです。(@@

Img_5275

Img_5276

Img_5277

Img_5278_2

Img_5279

Img_5280

Img_5281

Img_5282

 素晴らしいっsign01。これなら今日の外輪から落とせば下まで
滑り落ちるでしょう。coldsweats01

「ガイドでもされているんですかsign02

と思わず訊いたら、なんとプロの山岳ガイドを指導するという
プロ中のプロでした。タダで良いものを見せて頂きました。good

 午後からはとても暖かくて、雪がすっかり緩んできました。
14:00という時間帯は、下るには滑らない雪質です。

 ということで、私は一人で登り出しました。シールが効いて
とても登りやすかったです。45分で滝の小屋着。

Img_5283_2

氷が溶けて良い具合ですが、15:30頃にはまた凍り始める
のでそこで登行終了。そこからの下りは本当に楽しかったです。
登り返して良かった~。fuji

 牧場でもスキーが良く滑って快調に下りましたが、山雪荘には
知り合いが3人もいたし、日本山岳会の方々とも一献やりたかった
ので、麓の酒屋に車を止めました。酒を買い込んでから、シュラフ
をザックに詰めて山雪荘に戻ろうと思ったんです。

 しか~し、妻に連絡が取れませんでした。

 ウーム、残念無念。。諦めて帰りましたー。catface

|

« ムーちゃんガード | トップページ | TLT用130mmクランポン② »

コメント

こんにちわ、私も1時間遅れで宮様コースを登りましたが、ぶっとくて力強い単独トレースはファーマーさんのヘルベントだったのですね、納得しました(笑)。

結局、滝ノ小屋には寄らずに速攻で帰っちゃいましたけど、あのアイスバーンでは外輪は無理でしたね・・・。

投稿: superdioaf27 | 2013年3月20日 (水) 17時01分

>superdioaf27さん

 あれれ?、ひょっとして、帰り際に山雪荘に
寄りませんでしたか?。S田さんと話をしていたので
口出ししませんでしたが。。。

投稿: ファーマー佐藤 | 2013年3月20日 (水) 19時16分

いえ、滝ノ小屋付近を11時半過ぎに出て、宮様コース一直線&12時過ぎには駐車地点に戻っておりましたので私では無いハズです~。

でも、最高の天気だったので登頂出来なくとも満足しておりますよ♪

投稿: superdioaf27 | 2013年3月20日 (水) 22時52分

>superdioaf27さん

 そうでしたか。
今度それらしき人物に遭ったら、

「スーパーさんですか?」

とお声かけしますね~。(^^

投稿: ファーマー佐藤 | 2013年3月21日 (木) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムーちゃんガード | トップページ | TLT用130mmクランポン② »