« 本池秀夫「革の世界展」 | トップページ | BOMAの初乗り »

2013年5月 5日 (日)

鳥海山大滑降!!

 今年のGWは天気が悪いですね。これだけ寒気が居座った
年は珍しいです。

 その寒気も昨日で抜けたので、山スキー一式を車に積んで
鳥海山南麓にある山小屋に出かけました。昨夜は久しぶりに
山仲間が集結しての飲み会があったからです。

「どうせ明日もダメだや~。」

ということで飲んだ飲んだ。焼き肉に始まってモツ鍋を囲んで
飲み放題。beerbottle

 おかげで今朝は7時前まで爆睡していました~。sleepy

 でもって、やはり予想通りで山は濃いガスに覆い尽くされて
いました。残り物での朝食の後は本格コーヒーでマッタリとした
時間を楽しみました。いやぁ、休日って本当に良いですね。confident

 夜半からずっと暖かくて、今日は風がほとんどありませんで
した。ということは、ガスは当分晴れないということです。

 なので、ダメもとで私だけ山に向かいました。この時期に車が
どこまで入れるかも見ておきたかったからです。

Img_5371

 大台野牧場の外れまででした。今年は特に雪が多いので、
まぁこんなもんでしょう。他県ナンバーもいましたが、台数は
全部で20台ほどでしょうか。祓川は満車でしょうね。

Img_5372

 ガスが濃いのでモチベーションはさっぱり上がりませんでした
が、3月24日以来の山なので登ることにしました。

Img_5373

 いざ歩き出せば足取りはメッチャ軽いです。先行者をスイスイ
追い越して快調に登りましたが、急ぐ必要は全く無いので、下り
て来た山スキーヤーを捕まえてしばらくお話ししました。鶴岡在住
のS崎さんという方で、各地の山を滑りまくっているナイスガイでした。

 森林限界を超えると全くのホワイトアウトで何も見えなくて、足
任せで滝の小屋に向かって歩いていたら何かヘン。

 で、20mほど戻ったら小屋が出現しました。

Img_5375

 中に入ると、臨時の小屋番Gさんが歓迎してくれました。
千葉からいらしたMさんもお手伝いしていました。ここ数年来ている
そうで、こんな辺鄙な山小屋を愛してくれるなんて嬉しいですね。

 さて、小屋で談笑しながらノンビリしている内に、外が明るくなって
来ました。河原宿近くまでガスが上がったんです。

「おっsign02、こりゃぁ夕方には間違いなく晴れるパターンだな~。」

ということで、私だけ上を目指しました。

 Img_5376_2

と、一本だけ登りスキーのトレースがありました。

「おー、ガッツのある人がいるんだなぁ。」

と嬉しくなりました。最初は月山森方面かと思いましたが、1,850m
付近の登山道上辺りで発見sign01。外輪を目指したものの、断念して
下りたような感じでした。時間切れだったんでしょうか。テレマーカーでした。

Img_5386

 さて、私はというと、滝の小屋までの予定だったので、金物を
持って行きませんでした。なので、アイスバーンになったら即撤退sign03
と決めていましたが、意外に雪が良い。新雪が降ったばかりですが、
1,900m以上では真冬のような雪質だったんです。

「へ~~~~~。」

ですよ。5月の鳥海山はほとんど知りませんが、こんなこともあるん
ですね。

 しかし、傾斜が急になるとシールが効かなくなりました。 
無理しても効率が悪いので潔く板を背負ってツボ足に変更です。
締まった新雪の下は堅いので、キックステップが良く効いてスタ
スタ登ることが出来ました。dash

Img_5390

 ガスが出ても、

「必ず晴れるsign03

という確信があるので全然気になりません。涼しくて良いくらい
です。

Img_5391

 最後のアザミ坂も快調に登りました。幸いなことにアイスバーン
はありませんでした。scissors

Img_5392

 で、15:00。滝の小屋からちょうど2時間で伏拝岳に着きま
した。新山が見事です。山形県側からの登山者は私だけのよう
で、秋田県側からの登山者の姿は確認できませんでした。

Img_5393

Img_5394

Img_5395

Img_5396

Img_5397

Img_5398

 後は大滑降を楽しむだけです。雪が一気に堅くなってくる
時間帯だけに快適とは言えませんでしたが、鳥海山で今年
滑った5回の中では最上クラスでした。なので、

「イ~ヤッホーsign03

などと絶叫しながら滑りまくりました。何たって広大な斜面を
独り占めですからね~。fuji
 
Img_5399

Img_5401

Img_5402

 河原宿から下はモナカ気味で樹林帯は腐れ雪でしたが、問題
なく滑ることが出来ました。一週間後には車道の雪が切れてしまう
のが確実ですが、板を外すことなく登って滑る事はまだ可能かと
思います。

Img_5403

 ということで、5月とは全く思えないような雪質と景観の中で外輪山
からの大滑降に大満足です。拾った小銭で一枚だけ買った宝くじが
10万円当たったような感じです。(笑)

 祓川や鉾立からのルートと違って人が少ないのも良いですね。happy01


|

« 本池秀夫「革の世界展」 | トップページ | BOMAの初乗り »

コメント

こんばんわ。
らりぽんです。

今日はやはり晴れたんですね~。

私は昨日、祓川で猛風+雪つぶて+ガスでして、5月とは思えませんでした(笑)。
1750mで撤退滑降しましたが、季節外れの新雪は楽しかったです。

それにしても鳥海山の大斜面独り占めは素晴らしいですね!

私は来年こそPEAKから滑降したいもんです。

投稿: らりぽん | 2013年5月 5日 (日) 22時55分

昨日、飯豊本山小屋に一泊し、北東面の沢を700m下降してみましたが、新雪がパックされた雪で板は走り、この時期としてはかつてない最高の滑りでした。
同じく、思わぬ拾い物でした。

投稿: sakano | 2013年5月 6日 (月) 06時30分

>らりぽんさん

 遠路お疲れ様でした。
今日だったら楽しめたんでしょうけどね。
山は本当に天気次第ですね。


>sakanoさん

 おおぉ、飯豊本山大滑降ですか。
やりますね~。fuji

 見に伺いますね。

投稿: ファーマー佐藤 | 2013年5月 6日 (月) 09時15分

ツワモノですねー、経験とスキルがあればこそ、単独で流石です。

投稿: HAMA | 2013年5月 6日 (月) 20時50分

>HAMAさん

 待てば雪路の日和あり

といった山行でしたが、予想よりも早く晴れてくれて
良かったです。山は天気とタイミングですね。

投稿: ファーマー佐藤 | 2013年5月 6日 (月) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本池秀夫「革の世界展」 | トップページ | BOMAの初乗り »