« 酸素の威力 | トップページ | 鳥海山大滑降!! »

2013年5月 3日 (金)

本池秀夫「革の世界展」

 酒田市美術館で開催されている企画展を妻と見に行って
きました。受付前にあった都道府県パズルを完成させてから
中へ。(笑)

 いや~、驚きましたねぇ。本物みたいに生々しいんです。(@@

Img_5370

 撮影オーケーはこの作品だけでした。隣に座って記念撮影
出来るようにしていました。

 人形としては体長10cm前後の小さな物が多くて、それが
また緻密で表情がとても豊か。革であんなに繊細な表現が
出来るなんてビックリです。

 さすがに人形以外の小物には木や金属が使われていて、
本池氏が作っているかどうかは不明ですが、それも一切の
手抜きナシ。自転車なんか、スポークやラグまでもが完璧に
再現されていました。

 しかし、なんと言っても圧倒されたのは等身大の動物群です。
ゴリラやサラブレッド、バッファロー等々、今にも動き出しそうな
臨場感でした。凄いな~~。

 ということで、大満足の企画展でした。東北開催は初めてと
のことです。お近くの方は是非ご覧下さい。入場料¥700で、
6月2日までの会期中は無休です。

|

« 酸素の威力 | トップページ | 鳥海山大滑降!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酸素の威力 | トップページ | 鳥海山大滑降!! »