« B&W Nautilus802導入 | トップページ | 月山の遭難死亡事故 »

2014年2月26日 (水)

冬の鳥海山は最高だぁ!!

 冬の鳥海山は猛烈な風雪に曝されて殆ど晴れることがない
ので、登頂するには好天の日をピンポイントで狙わないと難しい
です。

 しかし、今の私は日曜休みのサラリーマン。今年になってから
登れるような日は皆無でした。野暮用で潰れる日も多かったしね。

 なので、

「今年は無理かもなー。」

と半ば諦めモードでした。

「山に行くので休ませて下さい。」

なんて、言いにくいですからね。catface

「ん?、待てよ。あの手があったか。」flair

 それは、「確定申告」。

 なんたって申告納税は国民に課せられた義務ですからねー。
税務署の他に給与支払い報告書の提出で市役所にも行かなきゃ
いけないし、銀行や農協等、平日限定の用事も溜まっていたので
今日は休みを貰いました。鳥海山が100%晴れる確信があった
のは言うまでもありませんが。wink

 というワケで目出度く、税務署に行く前に早起きして山へ行く
ことが出来ました~。fuji

 冬季の鳥海山単独日帰り登頂&大滑降。これが一本決まれば
一年間ハッピーでいられるんですから、私には非常に意義がある
ことなんです。

 などと、前置きが長くなりましたが、下界の小雪とは対照的に
積雪量は十分でした。

Img_5699

Img_5700

Img_5701

 鳥海山は3ヶ月振りだし、元日の月山で撤退した時以来の山
なので2ヶ月振りです。日々の筋トレもさぼっていたので体は
かなり鈍っている感じ。。coldsweats01

 実際、標高1,700m付近から股関節に違和感が出始めました。
それでも、「撤退」などという言葉は思いもつかない千載一遇の
チャンスなので、前進あるのみでした。dash

 今日の鳥海山は雪と氷の状態がかなり良かったので、K2
ヘルベント+140mmシール+クランポンで外輪まで登り切り
ました。ストックを後ろ手に持って強力にプッシュしながらで、
かなりハードでしたが。

 上と違って下の方は風がないので雲海が出来ていました。

Img_5706

 最後のアザミ坂です。もう一頑張りsign03

Img_5710

 着いた~sign03

Img_5712

 伏拝岳にスキーをデポしてからアイゼン歩行に切り替えて
新山を目指します。

Img_5711

 いや~、いつものように凄い風景ですね~。

Img_5717

Img_5718

Img_5719

Img_5721

 七高山直下からスノーブリッジ側に下りた直後、見上げて一枚。

Img_5722

 注意が必要な場所です。

Img_5724

 ツボ足ではブーツが隠れるほど沈むので、ペースを上げると
心臓がバクバクです。

Img_5730

 もうここまで来れば疲労感など構わずにガンガン行きます。dash

「着いだーsign03

 鳥海牧場出発から6時間半で新山到着です。

Img_5732

 冬季の単独日帰り登頂は4年連続となりましたが、いつも
新鮮で感動に満ちています。完全貸し切りは最高です。
なんたってタダですからぁsign03heart04

 そこで、恒例の記念撮影です。

Img_5734

「プシュッsign01

の旨いこと旨いこと。360°の大展望だしね~。fuji

 さて、今日の本題。税務署に行かなくてはかなくてはならない
のでノンビリはしていられません。20分後には下山開始です。

 と、間もなくヒヤリとする場面が。。

 スノーブリッジから外輪に上がる所では段差が大きくて、
左アイゼンの出っ歯が僅かに掛かった状態で体重を掛けたら
氷が欠けていきなり滑落しましたー。bearing

 ガリガリの急なアイスバーンだったので一瞬で10mほど落ち
ましたが、その下の軟雪で止まりました。ヤベ~。wobbly

 ピッケルのピックをしっかり打ち込んでいれば滑落は防げた
ので、全くの不注意です。教訓にしなくては。。。

 伏拝岳に戻ればいよいよお楽しみ大滑降です。
最初の超ガリガリ斜面さえ慎重に下れば後は楽しいばかりです。

「ギャッホーsign03sign03

などと絶叫しながら滑りまくりました。

Img_5766

 こ~んな広大な斜面に刻まれるシュプールはたったの一本
だけですよ。こんな贅沢を享受できるのは山スキーヤーの特権
でしょう。fuji

 こんな調子で大変気持ちよく滑りました。

Img_5768

 さすがに下の方は腐れ雪となりましたが、ヘルベントなら全く
問題ナシです。写真を撮りながらでも外輪から鳥海牧場まで
55分で滑りきりました。

 冬の鳥海山は最高です。\^〇^/

|

« B&W Nautilus802導入 | トップページ | 月山の遭難死亡事故 »

コメント

上質なパウダースノーとアイスバーン!
最高ですね!
私ごとですが、スキーの大会で転倒し右足前十字靱帯断裂!来季までお預けです。復帰までリハビリ頑張ります。

投稿: 阿曽清浩 | 2014年2月27日 (木) 09時06分

>阿曽清浩さん

 アチャーですね。お見舞い申し上げます。

 靱帯断絶は私も経験しましたが、リハビリの
痛みさえ我慢して頑張れば元通りになります。
ファイト~っsign03あるのみです。

 春から秋の鳥海山には全国から多くの登山者が
訪れますが、冬は本当に稀ですよね。
平日に至っては皆無、森林限界から上には全く誰も
いません。殆どの場合天気が悪いので、バベルの塔
のようなイメージです。(笑)

投稿: ファーマー佐藤 | 2014年2月27日 (木) 18時42分

お疲れ様でした、本当に今年の鳥海は週末にお天気が回って来なくて、私は今季1月2月共に鳥海へ脚を向けておりません。5年続いた厳冬期新山も途切れてしまいました。でも、その手があったか、と、思わずにやり、ブルースカイにホワイト鳥海、3月は天気がうまく回ってきてくれるかな、期待しながら、佐藤さんの写真で涎をぬぐいます。heart04

投稿: うめ | 2014年2月28日 (金) 08時43分

>うめさん

 あれ?、秋田のうめさんですよね?。
厳冬期新山を5年連続ですか。やりますね~。fuji
私はもう一年。頑張りま~す。

 白鳥が北帰行を始めて、鳥海山も晴れるように
なってきました。雪はタップリあるので当分楽しめそうです。good

投稿: ファーマー佐藤 | 2014年2月28日 (金) 20時15分

サンデースキーヤーにとって厳冬期の鳥海山はハードルが高い。
価値ある4年連続の登頂ですね。good

投稿: sakano | 2014年3月 1日 (土) 06時51分

>sakanoさん

 今年の日曜日は本当に天気が悪かったですよね。
もう3月になってしまいましたが、明日はチョット期待
出来るかも?。

投稿: ファーマー佐藤 | 2014年3月 1日 (土) 19時13分

こんばんは、鳥海山レポお待ちしておりましたよ~♪
水曜日(?)出撃は大正解でしたね、どうやら木曜日辺りに大雨が降ったみたいで、本日(3/1)はどこもかしこも洗濯板状態で酷い有様でした・・・(涙)。
んで、朝日連峰からも朝方は綺麗に見えたのですが、きっと鳥海山に行っていても超ガリガリバーンで滑りは楽しめなかったかも知れません(苦笑)。

投稿: superdioaf27 | 2014年3月 1日 (土) 22時49分

>superdioaf27さん

 27日は物凄く気温が上がって28日は雨模様
だったので、雪はかなり溶けたハズです。

 で、1日の朝はかなり冷えたので、仰るとおりで
超ガリガリバーンになったのはほぼ間違いありません。
26日は、正に冬山としてのラストチャンスでした。

投稿: ファーマー佐藤 | 2014年3月 2日 (日) 08時01分

ファーマー佐藤さん

週末の悪天候が続いて散々なシーズンですが、最近はファットスキーの活躍で森林限界以下のコースが開拓されており、パウダー狙いには新しい楽しみが広がっているようです。

マニュアックなスタイルが好みの方は参考になります。

すごいです。


山形のAさんのHP

http://sanpei.soragoto.net/

投稿: sakano | 2014年3月 3日 (月) 07時55分

>sakanoさん

 ホント、ファットスキーの威力は凄いですよね。
逆に、それまではよくあんな細い板で滑っていたもんだ
と感心します。(^^;;

 おすすめのhpはお気に入りに入れました。
ご紹介ありがとうございます。

投稿: ファーマー佐藤 | 2014年3月 3日 (月) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« B&W Nautilus802導入 | トップページ | 月山の遭難死亡事故 »