« 車中泊仕様③ | トップページ | 超暴風雪の鳥海山 »

2014年4月14日 (月)

七高山から大滑降!

4月13日

 

 4月に山へ登ったのは、な~んと25年ぶりです。(@@

 

 いやぁ、農業をやっていた25年間には無かった休日の有り
難みをつくづく感じます。今年は日曜日の度に天気が悪くて、
一日中快晴に恵まれたのは今日が初めてだったと思いますが。

 

 ということで、朝7時前にいつもの鳥海牧場に車を止めて
準備を整えていると、

 

「佐藤さんですか?」

 

と、謎の覆面男登場

 

 その方こそ、「春夏秋冬~東北の山巡り~」のsuperdioaf27さん
でした。単独で東北の山を中心に、信じられないようなペースで
登りまくっている方です。これまでも鳥海山で同日同時間帯に
いたことは何度かありましたが、遭遇したのは初めてです。
握手してから予定をお聞きすると、ビア沢を詰めるとのこと。
鶴間池の登り返しを厭わないガッツに感心しきりです。

 

 私はというと、外輪まで登って上の台コースを滑ってから
登り返して湯ノ台コースを戻るという強欲作戦です。
凍っていた雪は最高の陽気で溶けるという好条件でした。

 

 しかし、体調は悪かったです。仕事での消耗が激しかったこと
によるグリコーゲン枯渇状態に加えて、朝から腹ピーで「大」休止
3回。。。おまけにメッチャ暑くてオーバーヒート気味でした。

 

「あ゛ー、これじゃ無理っぽいなー。」

 

と思いつつ、ルートは上の台寄りに取りました。

 

Img_5881

 

 滝の小屋駐車場の上、マタフリ沢上部を超えて真っ直ぐ登り
ました。結構急です。この先の尾根を超えると上の台コースが
見えてきました。上から下への連続写真です。

 

Img_5885

 

Img_5886

 

Img_5887

 

Img_5888

 

 仙台市在住のsakanoさんの記事を読んで以来、ずっと行き
たいと思っていたコースですが、好適期は農作業で全く無理
でした。おまけに、杉林の林道歩きはイヤだし雪崩がヤバイ。

 

 ならば、上から攻めっかー、という作戦だったんです
が、ルートを横から眺めただけで滑るイメージが実感のように
湧いてきたので、

 

「まっ、今回は良いか~。」

 

 とにかく暑いし腹は減るし喉も渇くので、行者岳まであと少しの
所でラーメンタイムにしました。急斜面の途中なので、ピッケルで
雪を削って場所を作ってと。。

 

Img_5894

 

 当然のように、ビールもどきの元気回復飲料を服用しながら
マッタリしました。下からはビア沢を攻めてきたsuperdioaf27さん
が登ってきました。

 

Img_5892

 

 登高ペースが私と殆ど同じだったので、いつかパーティを組み
たいものだと思いました。

 

 ラーメン二玉完食後は登高再開ですが、さすがに外輪直下は
急なのでスキーアイゼンを使用しました。チロリア→ジルブレッタ
→ディナフィットと改造しながら使ってきたアイゼンは良く効いて
無事外輪到着。風があって気持ちよかったです。

 

 そのままスキーで七高山へ行くと、やはりスキーで登頂した
superdioaf27さんと年配のアイゼン歩行の地元岳人が一人。
中島台から新山へ登ったパーティの方が多かったです。

 

 

  そこでもsuperdioaf27さんとお話ししましたが、ずっと独学で
山をやってきたというのですから、大したものです。
まもなく、ビア沢を目指して滑降していきました。

 

  一方、矢島側から単独の男性がスキーを背負って来ました。
本荘山岳会の方で、新山にいた別パーティの仲間と大声で
会話していました。無線機要らずです。(笑)

 

 その方、滑降準備中に片方のスキーを流してしまって、私が
とっさに止めようとしたんですが、止め損ねた上に私も一緒に
滑落してしまいました~。

 

 手ぶらだったので指先に力を集中して10m程で止めましたが、
スキーは200m位滑った所で、宙に舞った後に雪に突き刺さって
止まりました。ラッキーでしたね。

 

 七高山には1時間もいました。誰かいるというのは良いもの
ですね。単独の冬山だと全く誰もいないことしかなかったので、
話し相手がいて楽しいです。

 

 さて、私も降りましょう。七高山から山形県側へスキーで降りる
のは初めてでしたが、何ら問題なくアザミ坂の下まで回り込めば、
あとは楽しいばかりです。絶好のザラメ雪でしたからね。

 

 いやぁ、春山って楽しいですね~。

 

Img_5900

 

Img_5901

 

Img_5902

 

 誰か知っている人がいるかと思って滝の小屋に寄ってみま
したが、無人でした。

 

 せっかくなので小屋の写真を撮りましたが、直後にカメラが
逝きましたー。撮った時にはすでに危篤状態だったようです。

 

Img_5904

 

 ということで、上の台を滑るという予定は果たせませんでした
が、絶好の斜面を気持ちよく滑ることが出来たので大満足です。
superdioaf27 さんにもお会いできたしね~。

 

|

« 車中泊仕様③ | トップページ | 超暴風雪の鳥海山 »

コメント

こんばんは、昨日は暑い中お疲れ様でした~!んで、初めてお会いしたにも関わらず、色々とお話させて頂いてとても楽しかったです♪

それにしても、この大斜面と滑降距離はさすがに鳥海山ですね!雪質も快適なザラメだらけで、こちらも思う存分に滑りを堪能出来ましたよ。

私も急いでUPしようと頑張っておりますが、今週中掛かると思いますので気長にお待ち下さいませ~(汗)。

投稿: superdioaf27 | 2014年4月14日 (月) 23時37分

対岸に居たのは佐藤さんでしたか。
是非お会いしたかったです。
大声で会話していた一人です。
当日は今シーズン最高の天気でしたが、午前中にクラストしている斜面を見誤り、一度滑落し手を負傷してしまいました。
千蛇谷は多少硬かったものの、その先は快適なザラメで楽しんできました。
今年は体力的に完登は無理かと思いましたが、どうにか6時間以内で登ることが出来ました。
それでは何時かお会いしたら宜しくお願いします。

投稿: デンキ | 2014年4月15日 (火) 12時37分

>superdioaf27さん

 お会いできて嬉しかったです。

「何をされている方なんだろう??」

という謎は深まりましたが~。

 それにしても、素晴らしい天気と雪でしたね。
冬仕様で行ったので暑くてシンドかったですが。。

 記録のアップを楽しみにしていますよ~。


>デンキさん

 携帯電話を使わずに、七高山と新山とで
会話する光景なんて初めて見たので、何だか
とっても可笑しかったです。

 本荘山岳会は活動が盛んで良いですね。
私が所属していた酒田勤労者山岳会は解散
してしまい、仲間からは

「お前にはついて行けないから誘わないでくれ」

と言われる有様で、単独行ばかりになってし
まいました。たまには賑やかに登りたいと思う
んですけどね。(~~

 いつか見かけたら声を掛けて下さいね。
坊主頭に赤いヘッドバンドをしていたら私
ですから~。

投稿: ファーマー佐藤 | 2014年4月15日 (火) 18時46分

おはようございます。先日の日曜日12時前、七高山より大声で叫ばれていた、単独行で新山にいたのは私です。本当に良い天気で、新山から中島台まで約1時間膝がプルプルしながら滑らせていただきました。月山が珍しく近く見えた感じがしました。今年は、谷の上部のブリッジの形が凄いいびつな感じを受けました。本当に、今年初の日曜日の鳥海山の晴れに感謝した1日でした。(北秋田市 梅田)

投稿: うめ | 2014年4月16日 (水) 08時44分

>うめさん

 おおぉぉ、うめさんもおいででしたか~。
あの上天気に山へ行かなかったら岳人失格みたいな
ものですよね。雪質も良くて最高でした。

 実は、中島台から登ることも考えたんですが、
杉林を歩くのがイヤでヤメました。下りでも板が
走らないだろうと思ったし。。。

 いつか、遭遇することがあったら是非とも声を
掛けて下さいね。

投稿: ファーマー佐藤 | 2014年4月16日 (水) 19時16分

何故か地元の方に遠い上ノ台コース。何故か仙台のスキーヤーに人気のある上ノ台コース。もう一度訪れたいけどやはり遠くなってしまいました。

投稿: sakano | 2014年4月17日 (木) 22時53分

>sakanoさん

 どうも私は杉林が嫌いでして~。

投稿: ファーマー佐藤 | 2014年4月18日 (金) 00時21分

先日はた〜いへんお世話になりました。
山頂からスキーを流してしまったたわけ者です。ヾ(_ _。)
デンキ師匠からファーマー佐藤さんの事を知り、ここにたどり着きました。
ブログもHPもチラチラと見させていただきましたが、もう圧倒されてしまいました。拙ブログにリンク張らせていただきましたので、今後ともよろしくお願いします。

投稿: びんちゃん | 2014年4月22日 (火) 23時46分

>びんちゃんさん

 こちらこそ、楽しくお話出来て嬉しかったです。
あと一寸の所でスキーを逃がしてしまったのは残念でしたが、
運良く止まって良かったです。

 HPの方は、管理していたパソコンが落雷でクラッシュして以来
2年以上も更新していないので、そろそろ何とかしようかと
思っているところです。(^^;;

 こちらにもリンクを貼らせて頂きますね。

投稿: ファーマー佐藤 | 2014年4月23日 (水) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 車中泊仕様③ | トップページ | 超暴風雪の鳥海山 »