« 七高山から大滑降! | トップページ | 補助ロープ »

2014年4月17日 (木)

超暴風雪の鳥海山

 先日の鳥海山は穏やかで、朝からウグイスがホーホケキョ。
最高の一日でした。天候が安定するこの時期の山は良いですね。

 ですが、猛烈に荒れることもあります。以下、昔話です。

 忘れもしない平成元年の4月16日。一人で農作業をしていた
私はプッツンして、天気を気にすることもなくバイクに荷物を積み
込むと、走りに出掛けました。金山町を経由して鳥海山の祓川
ヒュッテで酒飲みして、翌朝帰宅するつもりでした。

 夕方5時過ぎ、誰もいないヒュッテに到着した途端に猛烈な雨と
なりました。外にいたらほんの一秒でずぶ濡れになるような凄い
雨でした。

「おー、ラッキーだったなぁ。」

と思いつつ、一人酒を楽しみました。bottle 

 しかし、夜中から物凄い風が吹いてきて、小屋が吹っ飛ぶん
じゃないかと思う程でした。こうなれば運命共同体なので、耳に
ティッシュを詰め込んで眠り続けました。

 翌17日は、とんでもない暴風雪でした。とても外に出られる
ような天気ではありません。

「停滞決定sign03

しかないところでしたが、その日は私の地区のお祭りで、実家の
父親が招待客として初めて来ることになっていました。
立場上、何としても昼までに帰らないといけません。

 ヘルメットを被り、ボストンバッグを背負って決死の思いで外に
出ました。立って歩くことが不可能だったので、匍匐前進で駐車場
へ向かいました。

「人生最悪の日だぁぁぁsign03。せめてピッケルがあれば。。。」

と思いつつ何とか駐車場にたどり着きましたが、バイクが無い。
雪で完全に埋まっていたんです。

「この辺に置いたハズだっsign01

と、何とか探し当てて掘り出しましたが、エンジンがかかりせん。
気圧が猛烈に下がったからでしょう。ヤマハXT-200のエンジン
はウンともスンとも言いません。キックすること恐らく500回以上。
ようやく始動しました。

 ヤレヤレと思いつつ下りましたが、ほんの500m程進んだ所で
唖然としました。直径30~50cmもあるブナの大木が倒れて
道路を塞いでいたんです。一本や二本ではありません。
バカバカ状態でした。

 仕方ないのでバイクを捨てて歩いて下りました。
飛ばされそうになりながらも一時間以上は歩いたでしょうか。
森林組合のマイクロバスが上がってきました。すぐさま止めると
上の状況を話して、

「危なすぎるから仕事は中止した方が良いですっsign01。」

と進言して、矢島駅まで送ってもらいました。渡りに船とはこの
ことで、本当に助かりました。

 しかし、昼までに帰宅することなど出来るハズもなく、夕方に
なってしまいました。

 その日、酒田では最大瞬間風速38mを観測していたので、
祓川では50m以上吹いたと思います。とにかくとんでもない
風でした。

 それから一週間後、トラックでバイクを回収しに行くと、何事も
なかったように、路肩にポツンと置いてありました。とても不思議
な光景だったことをよく覚えています。

 やはり、山は天気次第です。登りに行った訳ではなかった故の
大失敗でしたが、忘れ得ぬ思い出となりました~。coldsweats01

|

« 七高山から大滑降! | トップページ | 補助ロープ »

コメント

風速38.0mなんてヒマラヤでもめったに聞きません。鳥越コースの樹木がなぎ倒されたのはこの頃?

投稿: sakano | 2014年4月17日 (木) 22時47分

>sakanoさん

 鳥越コースの樹木がなぎ倒されたことは知りません
でしたが、そんな被害をもたらすような風が吹いた
のは、私が知る限りこの時と平成3年9月28日の
台風19号だけです。

 ちなみに、台風19号では酒田で45.9mの最大瞬間風速を
観測しました。

投稿: ファーマー佐藤 | 2014年4月18日 (金) 00時17分

ちょっと違うかもですが、パラで飛んでいる最中に天候が急変!。
雨・風は強くなってくるし、濃霧(と言うか雨雲)の中視界も
全く効かず、這う這うの体で不時着した事がありました。
あれは怖かったなぁ ><)。

投稿: 鍛冶屋 | 2014年4月18日 (金) 15時36分

>鍛冶屋さん

 パラグライダーは気持ちよさそうですね。
私もやりたいですが、そこまで手(金)が回りません。

 シミュレーターでの飛行機飛行はやりますが、視界がないと
計器に頼らざるをえず、かなり難しいです。
実際に飛んでいたら怖いでしょうね。

投稿: ファーマー佐藤 | 2014年4月20日 (日) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七高山から大滑降! | トップページ | 補助ロープ »