« 上原ひろみ/ALIVE | トップページ | 真夏のオリオン »

2014年5月25日 (日)

トイレ修理

 昨夜帰宅すると、以前から続いていたトイレの給水管からの
水漏れが酷くなっていました。

「しょがねぇのぉ。明日直すがー。」

 とトイレの小さな止水栓を回そうとした途端、配管が破れて
水が噴き出しました~sign03。すぐさま井戸ポンプを停止しま
したが、直さないと水が全く使えません。ノブ式の止水栓が
大元一個しかないって、困った施工をしてくれたもんです。wobbly

 修理材料を買わないと修理不能でしたが、店はすでに閉まって
いました。イカンガーです。

「大丈夫sign01。お風呂のお湯があるから。まだ誰も入っていないし。」

 さすがは我が妻。サバイバーです。(笑)

 私と妻が浴び湯をしても、お湯はまだたっぷりと残りました。
二室ある水洗トイレは使えませんが、外にポットン式があるので
特に問題はありません。昔ながらのトイレの方が災害やトラブル
に強いので、なくせませんねー。confident

 というわけで、今日はトイレ修理が大命題となりました。
予定していた鳥海山ヒルクライムどころではありません。

「まー、午後から行げんでろー。」 

と最初は呑気に考えていましたが、すっとこどっこい。
便器を撤去して壁を壊さないと修理不能なのでありましたー。crying

P5250003

 便器を外に出してから、配管が折れて使えなくなったエルボー
を外しました。

P5250002_2

 道具も広げて、後はパーツを買ってくるだけです。

P5250004

 しかし、フィルター付きの止水栓はホームセンターにはありま
せんでした。専門業者は日曜休みですからね。。

 仕方ないので、売っているパーツで何とかすることにしましたが、
買い物だけで半日掛かってしまいました。catface

「見苦しい修理はしないでよねっsign03

という、妻の厳しい注文にも応じないといけないので大変です。

 午後から本格的修理の開始です。

 まずは、壁の石膏ボードを剥がしました。費用と時間の都合で
一枚分だけです。coldsweats01

P5250005

 明治24年建設時からの大黒柱が出てきました。どうせ見えな
いので、剥がしたボードを中に押し込めようかとも思いましたが、
大黒柱に敬意を表して外に出しました。

 石膏ボードをカットして填め込みました。サイズピッタリです。

P5250007

 これに、これまでと似たような壁紙を貼りました。

P5250008

 ここまで来ればあとは簡単です。配水管周りにコーキングを
たっぷりしてから便器をセットして、しっかりとシームテープを
巻きながら配管しました。止水栓の代わりにボールバルブを
使用しました。この方が操作が簡単だし、便器にフィルターが
付いているので問題ないでしょう。

P5250009
 
ついでなので、便器のフィルターを掃除しようとしましたが、
堅くて全く回らなかったので、端材で専用レンチを作ったらバッチ
グー。簡単に外すことが出来ました。今後も使えるので、作業が
終わってから塗装しましたが、スプレーの残量がほとんどなくて
圧力が低く、酷い仕上がりです。coldsweats01

 P5250011

 ということで、夕方にはトイレの修理が完了しました。
水回りは20年も経つとあちこち壊れますね。。。catface

|

« 上原ひろみ/ALIVE | トップページ | 真夏のオリオン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上原ひろみ/ALIVE | トップページ | 真夏のオリオン »