« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月29日 (日)

アヤハブラSSR用自作品あれこれ

 先週のヒルクライムレース後に初乗りしたカヤックとは、奄美
大島の船大工によるFRP艇のアヤハブラSSRです。
無謀にも上級者用のレース艇です。全長630cm、幅42cmと
細くて長いです。予想通りで激沈大会となりました。

 過去に乗った5艇のカヤックでは一度も沈したことがありま
せんでしたが、やはりレース艇は別格ですね。製作者曰く、

「電柱を浮かべてその上にシートが有る感じ」

ということで、メッチャ簡単にひっくり返ります。それでも、

「いや~、水が気持ち良いのや~。」

 と、根っから海好きな私は諦めることなく何度も再乗挺して
練習しました。

 しかし、工具を持って行かなかったのでポジション調整が全く
出来なくて、かなり窮屈でした。

 そこで、自宅でじっくり調整出来るようにと道具を作りました。

P6290016

 あり合わせの15mm合板による架台です。
船底にラダーが付いているので浮かす必要があるんです。
これに緩衝材を敷いてカヤックを乗せました。

P6290017

 こりゃ良いね。バッチリ調整できました。スペースを広く取って
コンテナにでも載せればパドルも振り回せます。パドルにゴム
チューブでも付ければエルゴマシーンに早変わりしそうです。

P6290018

 さて、この艇は特注の二分割仕様で、固定するのに蝶ネジ
を使用しますが、これが非常に使いにくい。

P6290019

 バウに開けてある穴に腕を入れて脱着するんですが、穴が
小さいので腕が遣えてかなり辛いのです。特に上のネジが回し
難い。前のオーナーは華奢な方だったので問題なかったのかも
知れませんが、私にはかなりイカンガーです。

 そこで、ノブ式のネジを探したところ適当なのが無かったので、
付属の蝶ネジを回しやすくするための道具を作りました。

P6290021

 黒檀製のハンドルです。孫の手のような道具ですね。

 次は運搬用具。SSRの純正グラス艇は16Kgとのことですが、
この二分割仕様は総重量21Kgもあって重いし持ちにくいので、
ベルトを回して肩に掛けるようにしました。

P6290022

 これで楽々です。コンテナ用の運搬車があるので、そのタイヤ
使ったキャリーカートも考えましたが、荷物になるのでこれにしま
した。SSRの小物入れにも入るしね。

 次は海岸の駐車場で使う架台です。バウの脱着に必要です
からね。

P6210001

 仕事で長年使っていたパイプ椅子ですが、一脚は座面がボロ
ボロだったので張り直して、邪魔な背もたれは切り落としました。

P6210002

 エアウェイブのルーフキャリアに艇を固定する際の踏み台にも
なるし、普通に椅子としても使えるのでバッチグーです。

 また、ルーフキャリアに固定するためのバンドも作りました。

P6290027

 やっぱりね、タダでさえ難しい艇なので持ち出すのが億劫に
なってはイカンガーだと思うワケですよ。これらのおかげで練習
が進んで上手に乗れるようになったら、組み立て状態のままに
して置いて、その時こそキャリーカートを作って、自宅近くの海に
歩いて練習に行くつもりです。そもそもSSRはサーフスキーなの
で、そういう使い方が前提ですから~。

P6290023

| | コメント (8)

2014年6月23日 (月)

えっ!?、4位??

 昨日の鳥海山ブルーラインヒルクライムの結果ですが、ある
ブログの記事にリザルトの写真が載っていました。それによる
と、私の成績はクラス5位ではなくて4位でした。

「アジャー、そうと分かっていれば死にものぐるいで
ラストスパートをかけたのにー

 表彰される3位とされない4位とでは大違いですからね。

「どうせ抜いても4位だしなー。」

とラストスパートをかけなかったことが悔やまれますが、どう
考えても5位のハズだったのでどこで間違えたのかが不思議
です。 

 ちなみに、タイムは53分13秒で総合35位でした。

 ところで、大会関係者が撮った写真がアップされていたので
拝借しました。

Img_9699


| | コメント (2)

2014年6月22日 (日)

第一回鳥海山ブルーラインヒルクライム

 正式には「from 日本海」が続きますが、全然日本海からじゃ
ないので割愛しました。日本海からだと距離がずっと長くなって
魅力的な大会になると思うんですけどね~。

 さて、昨日の内に受付を済ますと、車で鉾立に移動して今日に
備えました。自転車でコースを登った人も多数いましたが、グリコ
ーゲンを無駄に消費するのは勿体ないので、車内で大量の炭水
化物を肴に「プシュッ」連発。

 いや~、最高だね~。

P6210010

 ということで、今朝6時前に自転車でスタート地点まで下山
しました。雨の心配がない雲がかかって、やや涼しいくらいの
天気はヒルクライムに最適です。いやー、えがったえがった。

 下りてすぐの会場はこんな感じ。

P6220011

P6220012

 山も見えます。

P6220013

 今回のエントリー数は、定員300名に対して187名。
私がエントリーした50代クラスは僅か34名でしたが、秋田県の
ライダーはレベルが高いし、見渡すと実業団チームSHOWAの
ジャージを着た選手が4人もいました。

「うーむ、これはナカナカ厳しいぞ。。」

 8:00、エリートクラスのスタートに続いて、2分おきに女子&
MTBのクラス、50代クラスとスタートしました。

 まずは後方に付けて様子を見ましたが、スローペースの中から
一人だけ飛び出してグングン引き離して行きます。

「こりゃ、今追わないと置いて行かれるぞっ

というワケで、集団を離れて追走しました。

 しかし、その選手は別格に速くて、私が勝てる相手でないこと
はすぐに分かりました。

 すると間もなく、後ろからも迫ってきて抜きつ抜かれつとなりま
した。3位までの入賞を狙う集団は4名に集約されました。

「せめて3位まで入りたい。」

と思って頑張りましたが、皆さんそう思っているワケで簡単には
いきません。

 途中で、2分前にスタートした女子クラスの先頭を走っていた
小林恵選手を追い越しました。トライアスロンの全日本女子強化
選手で世界選手権やアイアンマンレースで活躍しているトップ
アスリートです。農協職員で同じ地区民なので顔なじみです。
トライアスロンの自転車は平地オンリーなのでヒルクライムは
苦手だそうですが、ぶっつけ本番で優勝する辺りはさすがです。

 で、私の結果はというと、5位でした。
自己記録は更新したので、精一杯やった結果に文句はありま
せん。ありませんが、やはり悔しいです。この悔しさを晴らすため
にやるべきことは分かっています。

①心肺機能の強化

②脚力アップ

 この二つに尽きます。分かっちゃいるんですが、難しいんだぁ
これが。今日の心拍数の最高が168で平均は159ということで、
終始フルパワーでしたからー。

 ゴール地点の鉾立では水と食事券を渡されました。
稲倉山荘でカレーうどんが食べられるんでした。前のおじさんが
言ってました。

「一杯6000円のうどんがぁ。高げえなぁ。」

 ハハハ、そう言われたら味わいも違ってきました。(笑)

P6220014

 さて、10時丁度頃に最終の50代選手が拍手喝采で迎えら
れてこのレースは終了しました。第二回大会も来年6月21日に
決定していて、益々発展することでしょう。秋田県や秋田県警の
協力体勢も大したものでした。

P6220015

 白バイ3台で先導なんて、矢島のレースにもありません。
よっぽど平和、というか暇だったんでしょうか。。。
3年後には千人規模の大会にする意気込みでした。頑張って
欲しいものです。

 でも、参加賞は米450gだけ。矢島は1Kg+Tシャツなので、
負けてますね。

 閉会式は13:30からでしたが、表彰は3位までだし、抽選会
の特賞も米20Kgだというので参加しないで山形県側に下りて
カヤックの初漕ぎに行ったのでありました。。。ÿ

| | コメント (2)

2014年6月20日 (金)

ヘイリー・ロレン/シンプリー・ラブ

 紙ジャケだったので、速攻でプラケースに収めました。

P6200022

 このところのお気に入り歌手で購入3枚目のCDですが、
これが一番良いです。特徴的な声質が良く生きているし、
録音もグー。重低音大好き人間にとっては誇張感がある
ウッドベースが心地良かったりもします。

 ということで、益々好きになりました。

| | コメント (0)

2014年6月17日 (火)

フロント・ポーチ

 私が買ったライフジャケットにはポケットの類が全く無いので、
小物入れを探しに街へ出ました。

 釣具店には防水ファスナー付きの防滴ポーチがありましたが、
サイズがやや小さくて使えない。 

 そこで、いつものとがしスポーツに行くと、サイズ的には丁度
良いのがありました。

P6170020

 何を思ったかモンベルショップになってしまったので、これも
モンベル製品です。防滴仕様ですらありませんが、冷凍パック
を併用すれば良いので問題ありません。GPSも入る大きさです。
速攻で不要な肩掛けベルトを切除して、ベルクロとミニカラビナ
で取り付けました。

P6170021

 うん、なかなか良いんでない?。
右側のカラビナには給水パックを取り付けるつもりなので、
シーカヤックマラソンもバッチグーのハズです。

| | コメント (0)

2014年6月15日 (日)

練習走行④

 サッカーWカップのポートジボワール戦を見終わってから、
鳥海山ブルーラインヒルクライム大会前最後の練習走行に
出掛けました。

 が、とても眠かったので途中で昼寝~。
なので、スタート地点を出たのは午後3時でした。
またしても一人でしたー。

 今日は肌寒くて、4合目から上は強風と濃いガスでかなり
寒かったのです。スタートからゴールまで、27Tのローギアを
封印して最低ギアは39×24Tでアタック

 上に行くほどに寒くなって調子はサッパリ上がりませんでした。
タイムは55分8秒。。。遅いです。

 ということで、練習はこれまで。本番は本気で駈けま~す。

P6150019

 ところで、エアウェイブにルーフキャリアが付けてありますが、
午前中は物が乗っていました。それは、、、

P6150017

 初乗りをするつもりでしたが、朝は肌寒かったので車中で一眠り
しました。スレンダー美女の肌触りが良い肩など抱きながら。

 しかし、目を覚ますとWカップが始まるところでした。
カーナビのテレビで観戦していましたが、本田のゴールに
大興奮

「これは、大画面で見なくては

と急いで帰宅してスクリーンで大音量観戦したのでありました。
期待は見事に裏切られましたがー。ガクッ。

 スレンダー美女についての詳細は後日ということで。。

| | コメント (4)

2014年6月11日 (水)

ヘイリー・ロレン/青い影

 本作は、2009年のベスト・ヴォーカル・ジャズ・アルバムに
選出されたそうです。

P6110016

 彼女のアルバムは2009年のライブ盤を持っていますが、
独特の鼻に掛かったチョイハスキーな歌声が魅力的で、歌唱
力は確かです。結構お気に入りです。

 で、本作を聴いてみても、その印象は全く変わりませんでした。
息のあったバックバンドとのリラックスしたサウンドが心地良い
です。24歳でこれとはナカナカです。

| | コメント (0)

2014年6月 9日 (月)

カヌー&カヤック入門

 本格的にカヤックを始めることにしたので買いました。

P6090014

 モンベルの会長としてお馴染みの辰野勇氏の著書です。
アマゾンの評価が高かったので求めましたが。。。

「あ゛ー、これ、全くの初心者向けじゃん

 私が知りたいことが今ひとつ書かれていませんでした。
初心者のくせに求めていることが結構高度だったりするワケ
でして。。。(身の程知らずデス)

 まぁ、学ぶことも多いので買って損はなかったですが。

 カヤックといえば、今朝、元大工の同僚が、

「持ってきたけど、自転車さつぐが?。」

と訊いてきました。何のことかと思ったら、先日の仕事中に、
買ってはみたものの一度も乗っていないインフレータブル・
カヤックがある、という話が出て、私にくれると言ってたんで
した。

 まさか本当に持ってくるとは思っていなかったので、無碍に
断るわけにもいかず、箱を見せて貰うと二人乗りの、ハッキリ
言って安物でした。

「せっかく買ったんさげ、これで釣りを楽しむど良いぜ~。
カヤックは楽しぞー。」

と、やんわりと断りました。気持ちは嬉しかったんですけどね。

 さて、私のカヤックはどうなったのか、店からはサッパリ連絡
が来ません。対応したのが社長のくせに、職務怠慢である。

| | コメント (2)

2014年6月 8日 (日)

練習走行③

 第一回鳥海山ブルーラインヒルクライム大会まで、あと二週間
となりました。

「今日こそは速い人と競いたいものだ。」

と思いましたが、朝から天気がパッとしない。雲の様子を見な
がら11時頃にスタート地点に着くと雨が降ってきましたー。
ガクッ。。

 丁度眠かったので車中で一眠り。雨音を聴きながら眠りに
つくのは最高です。

 一時間後に目を覚ますと雨が上がっていました。外には
ライダーが10人ほどいました。

「ヨッシャー、今日こそは競えるぞっ

と準備していると、皆さんバイクを車に積み込んで帰り支度を
始めました。10時に登って降りてきたそうです。ガクッ。

 最後に残った人達とお話ししていると、能代から来たという
青年が登るか止めるかと迷っていました。

「是非登りましょう

と強引に誘ってその気にさせました。ラッキーです。

 さぁ、一緒にスタート、でしたが乗ってから気づきました。
サドルを上げていなかったんでしたー。

 まぁ、負ける気はしなかったので、急ぐこともなくサドルを
上げましたが、試しにといつもよりも1cm上げてみました。
寝起きで暖気走行もしなかったのでスローペースで登り
だしました。彼の姿は見えません。

 が、一合目を過ぎた辺りであっさりと追い越すと、後は
いつもの一人旅となりました。結局こうなるワケね。。

 体が重くて徐々にペースアップしたので、これまでよりも楽で
した。それでも、7Km通過時でのタイムを見れば、期待が持て
そうな気がしました。

「これは大幅記録アップかっ

 ラストスパートも必死に頑張ってゴ~~ル
その場に座り込みながらもサイコンをチェックすると、、、

「げっ、53分43秒

 先週より7秒しか短縮出来ていませんでしたー。ガクッ。

「まぁ、序盤で暖気走行したからなー。」

と言い訳をしつつも、遅くなったワケではないのでヨシとします。

 下りながら、誰か登る人がいたらまた登っても良いなー。
と思う程の余裕がありましたが、残念ながらいませんでした。
降りたら天気が良くて暑かったので2本目はナシです。

 で、サドル高の最終チェック&決定とクリートキャッチの練習を
しばらくやりました。それでも能代の青年は降りてこなかったので
鳥海山を後にしました。来週こそは誰かと競いたいものです。

P6080013


| | コメント (0)

2014年6月 6日 (金)

鉤手

 今日は自宅近くでの産業廃棄物の分別で、バックホーの
オペレーターと手分別の両方をやっていました。バックホーで
広げた廃棄物を手作業で分別するんです。

 そこで思いました。

「これは、小さな熊手のような道具があれば良いな~。」

「あ、そういえば、株冷イチゴ栽培での苗堀りで使っていた
手鉤が使えるんじゃないか」。

 非力な年寄りが使いやすいように考えて作り、栽培をやめる
まで10年以上も活躍した道具です。4つはあったはずなので、
すぐに私の畑にある山小屋に取りに行きました。

 残念ながら一つしか見あたりませんでしたが、年配の同僚に
使わせたところ大好評でした。

 そこで、帰宅してから作りました。

P6060039

 ついでなので二つ作りました。これで明日は私も楽々で
仕事が出来ます。

| | コメント (0)

2014年6月 5日 (木)

追い風

 今日は強い東風が吹きまくっていたので、会社の帰り道を
8Kmほど遠回りして追い風を受けての高速走行を楽しんで
きました。トップギアが使えなくなっているMTB改ランドナー
でも平地で時速60Km出るんですから最高です。

 もちろん、そのために強烈な向かい風を受けてペダルを踏み
ましたが、ヒルクライムの辛さに比べればどうということはあり
ません。

「こんな追い風を受け続ける人生なら最高だよなー。」

と思いましたが、そんなことは殆ど無いですよね。
大事なのは、向かい風を苦にしない強い気持ちと、プラス思考
の発想力だと思います。

 などと、自転車に乗りながら人生論を語る私。ちょっと似合わ
ない。(笑)

 

| | コメント (0)

2014年6月 4日 (水)

ライフジャケット

 本格的にカヤックを始めるのに必要なので買いました。

P6040037

 モンベルの「アクアライト」という新しいモデルです。

「鳥海山SEA TO SUMMIT 2014で勝つ

というのが目下の目標なので、機能重視で軽量コンパクト。
ポケット等の収納スペースは全くありません。浮力は6.5Kg
ということで、必要充分ですね。本来はホワイトウォーター向け
ということのようですが、私の用途にもバッチリです。

 まぁ、ツーリングもしたいと思っているので、その際にはポーチ
を取り付けるなどの工夫をするつもりです。

 ということで、準備は整いつつありますが、肝心のカヤックが
ありませ~ん。注文して3週間近く経ちましたが、音沙汰無しです。
輸入元のHPから当該商品が消えているし、ヤバイ気配が漂って
きました。

| | コメント (7)

2014年6月 3日 (火)

雨あがる

 いやぁ、これは稀に見る清々しい映画ですね~。

「こんなに腰の低い剣術の達人がいるのか

とは思いますが、作品としては秀逸です。何たって、宮崎美子
がチョー可愛い。(笑)

「今の君は~、ピカピカに光って~~

の頃まんまの可愛らしさで、しかも本作に於いて、扇の要の
ような役をこなしています。良いねー。実に良いっ

 巨匠黒沢明脚本という、氏の遺作とも言える本作ですが、
その遺志を汲んでいると言えますね。雨が上がって旅立つ
二人に差す光の美しさは絶品です。

 
 うん、これぞ日本映画でしょう。息つく暇もないほど怒濤の
アクションが続くハリウッド映画とは対極にあります。

 いやぁ、良い物を見せて貰いました。空からタダで降ってきた
映画に感謝感謝です。

| | コメント (0)

2014年6月 2日 (月)

杉板

 会社の倉庫を片づけた際に、邪魔だからと捨てられようとして
いた杉板を貰ってきました。老舗の旅館から出た材だそうです。

P6020035

 トラックが無いと、こういう時に不便ですね。
大きい板は幅が130cmほどあって積めなかったので、4枚
ほど割りました。タダでなければそんなこと出来ませんね。

 降ろしてみても結構な枚数です。

P6020036

 置き場所はいくらでもありますが、そろそろちゃんと考えた
方が良さそうです。

| | コメント (0)

2014年6月 1日 (日)

便器の修理

 先週実施したトイレの修理ですが、便器の中からも水漏れが
あることが判明しました。ヤレヤレ、面倒クサイなー。

 まずはカバーを外してと。。。

P5310001

  TOTOの結構高い機種だったからか、無駄に複雑です。(--

P5310002

 水漏れ箇所は、すぐに分かりました。

P5310003

「こりゃ、楽勝だなぁ。」

と外してみると、シームテープ無し、パッキン無し。。。

「なんじゃこりゃー。手抜き工事か

 パッキンごときをわざわざ買いに走るのも癪なので、即席
ポンチを二つ作って作りました。

P5310006

 シームテープを巻いて取り付けましたが、まだ水が漏れます。
よ~く見ると、銅管の末端にクラックが入っていたんです。
ハンダで塞いでも持たないので、パーツを買ってきました。

P5310008

 純正パーツだと高いと思われますが、¥548で済みました。
取り回しには無理がありますが、この際良いでしょう。

 他に、フィルター掃除もしたので、水の出は完全に回復して
バンバン注水されます。

「新しいのに替えれば~。」

 妻はそう言っていましたが、直して使える物は使うのが私の
主義なので譲れませんねー。

 まぁ、単なる貧乏性という話もありますがー。

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »