« 鉤手 | トップページ | カヌー&カヤック入門 »

2014年6月 8日 (日)

練習走行③

 第一回鳥海山ブルーラインヒルクライム大会まで、あと二週間
となりました。

「今日こそは速い人と競いたいものだ。」

と思いましたが、朝から天気がパッとしない。雲の様子を見な
がら11時頃にスタート地点に着くと雨が降ってきましたー。
ガクッ。。down

 丁度眠かったので車中で一眠り。雨音を聴きながら眠りに
つくのは最高です。sleepy

 一時間後に目を覚ますと雨が上がっていました。外には
ライダーが10人ほどいました。

「ヨッシャーsign01、今日こそは競えるぞっsign03

と準備していると、皆さんバイクを車に積み込んで帰り支度を
始めました。10時に登って降りてきたそうです。ガクッ。down

 最後に残った人達とお話ししていると、能代から来たという
青年が登るか止めるかと迷っていました。

「是非登りましょうsign03

と強引に誘ってその気にさせました。ラッキーです。

 さぁ、一緒にスタート、でしたが乗ってから気づきました。
サドルを上げていなかったんでしたー。coldsweats01

 まぁ、負ける気はしなかったので、急ぐこともなくサドルを
上げましたが、試しにといつもよりも1cm上げてみました。
寝起きで暖気走行もしなかったのでスローペースで登り
だしました。彼の姿は見えません。

 が、一合目を過ぎた辺りであっさりと追い越すと、後は
いつもの一人旅となりました。結局こうなるワケね。。catface

 体が重くて徐々にペースアップしたので、これまでよりも楽で
した。それでも、7Km通過時でのタイムを見れば、期待が持て
そうな気がしました。

「これは大幅記録アップかっsign02

 ラストスパートも必死に頑張ってゴ~~ルsign03
その場に座り込みながらもサイコンをチェックすると、、、

「げっ、53分43秒sign02

 先週より7秒しか短縮出来ていませんでしたー。ガクッ。down

「まぁ、序盤で暖気走行したからなー。」

と言い訳をしつつも、遅くなったワケではないのでヨシとします。

 下りながら、誰か登る人がいたらまた登っても良いなー。
と思う程の余裕がありましたが、残念ながらいませんでした。
降りたら天気が良くて暑かったので2本目はナシです。

 で、サドル高の最終チェック&決定とクリートキャッチの練習を
しばらくやりました。それでも能代の青年は降りてこなかったので
鳥海山を後にしました。来週こそは誰かと競いたいものです。

P6080013


|

« 鉤手 | トップページ | カヌー&カヤック入門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鉤手 | トップページ | カヌー&カヤック入門 »