« ワイヤー破断 | トップページ | 鳥海山 SEA TO SUMMIT 2014 本番 »

2014年9月16日 (火)

鳥海山 SEA TO SUMMIT 2014 前日

9月13日 

 本番のカヤックの部で使用するサーフスキー、アヤハブラSSR
のラダーワイヤーが切れたのが3日前。あろうことか、艇内部の
アウターチューブが劣化してボロボロに千切れている状態である
ことを確認しました。

 つまり、艇を分解しなければワイヤーを通すことは不可能という
ことです。crying

 正に絶体絶命ですが、何とかしなければいけません。
6.3mもある艇でラダー無しでは戦えませんから~。wobbly

 ということで、レース前日の早朝から作業に取りかかりました。

Cimg0100

 ワイヤーを外に通すしか手はありませんが、時間がないので
あくまでも応急処置です。

「まぁ、何とかなんでろや~。」

と、いつもの脳天気で、秘密のコーティング剤を艇に塗って午後
から遊佐町吹浦の会場へ出掛けました。

 今回はチャンピオン奪回に向けて必勝アイテムを注文して
いました。それはパドルなんですが、何とか間に合ったと喜ん
だのもつかの間。漕ぎ出した次の瞬間にラダーワイヤーが切れ
てしまったので、一夜漬けとなってしまいました。詳しくは後日
書きたいと思いますが、コースを一周するだけで4回も沈して
しまいました。down

 これでは翌日に迫った本番では使えません。速攻で使い慣れ
たパドルに持ち替えました。他の艇をごぼう抜きにして誰よりも
早くゴールする計画は早くも頓挫したワケです。catface

 それでも、去年の無料レンタル艇よりはずっと速いので、

「まぁ、普通に漕げばいいんでない?。」

と思って浜に戻りました。

 すると、なんとまあ、シリコンゴム製のアウターチューブを止め
ていたコードクリップの殆どが外れていましたー。crying

 強力両面テープも面積が小さいし、太陽熱と海水に晒される
中では耐えらなかったようです。

「こりゃ、ワイヤーの張り直しだぁsign03

 この時、午後3時半。4時から開会式とシンポジウムでしたが、
それどころではありません。急いで材料の買い出しと工具の
調達に自宅へ戻りました。

 カヤック会場に着いたのは午後5時。日没は6時なので急が
ないと日が暮れてしまいます。大急ぎで応急処置を施しました。
試漕してから再調整して何とか間に合いました。ヤレヤレです。

 シンポジウム会場で競技説明を受けた後は近くの前夜祭
会場へ。気心の知れた山仲間との酒飲みは最高です。fuji

 それでも、自制心を失うことなく、午後9時半には就寝となった
のでした~。sleepy

つづく。。。

|

« ワイヤー破断 | トップページ | 鳥海山 SEA TO SUMMIT 2014 本番 »

コメント

お疲れ様でした!
お陰様で愉しかったです!

でも、カヤックの修理の手早さにびっくり。
こんな大仕事をやってのけて参加は脱帽。
再来週またお会いしましょう!!

投稿: らりぽん | 2014年9月17日 (水) 20時20分

>らりぽんさん

 こちらこそありがとうございました。
今度こそ間に合わせではない修理をするべく
準備中です。次の本番に間に合わせないと
いけませんからね。

 ということで、勝負にならないのは明らか
なので、純粋に楽しみたいと思います。confident

投稿: ファーマー佐藤 | 2014年9月17日 (水) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワイヤー破断 | トップページ | 鳥海山 SEA TO SUMMIT 2014 本番 »