« ピーボ・ブライソン/アンコンディショナル・ラブ | トップページ | 防チュー作戦 »

2014年11月29日 (土)

ポール・マッカートニー/KISSES ON THE BOTTOM

 中学時代はビートルズの大ファンで、コピーバンド風バンドを
やっていたので、ポールも勿論大好きでした。

 しかし、あれから40年。彼らの足跡を辿ることもなく、他の
音楽を楽しんできました。そんな折り、

「このアルバムは非常に音が良いっ

 という某オーディオマニアのブログ記事に反応して買いました。

Pb290005_8

 第一曲目。生以上のウッドベースの弾んだ音に思わずニッコリ。
イイネイイネ

 久しぶりに聴いたポールの歌声は、枯れていながらも実に
味わいがあって良いんですが、第一印象としては、

「ポールもジジイになったなぁ。。。」

 でした。このアルバムを録音した時は多分70歳なので仕方
ないですが、まだまだ色気はあります。歌手の絶頂期は40~
50歳代だと思っていますが、それなりの魅力はありますね。

 さて、このアルバムは、スムースジャズの範疇に入ると思い
ます。ジャズに馴染みのない人でも楽しめるし、グラスを傾け
ながら聴くには最高です。音も良いです。

 あ、グラスの中身は大五郎じゃだめですよ。ウイスキーか
ブランデーのストレートが良く合います。

 ちなみに、このアルバムのジャケットはブックレット形式に
なっていて、ポールの写真集的です。私的には、

「ジジイになったポールの写真なんか見たくないっ

と思いますが、それは私自身がジジイに近づいてきたからかも
知れませんね。

|

« ピーボ・ブライソン/アンコンディショナル・ラブ | トップページ | 防チュー作戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピーボ・ブライソン/アンコンディショナル・ラブ | トップページ | 防チュー作戦 »