« 葡萄山 | トップページ | ラムレーズン・チーズケーキ »

2015年2月16日 (月)

葡萄スキー場

 昨日の続きです。

 このスキー場は意外な驚きに満ちています。
最寄りの駐車場にまずビックリ

P2150050

 どう見ても田舎の民家の広い庭先です。
簡易郵便局を営んでいるので若干の公共性は感じられますが、
とてもスキー場の駐車場とは思えません。この家の住人に違い
ない婆ちゃんが一人で除雪していたし。

 私が普通に駐車していたら、

「少しバックして頂けませんか?」

とスキー場関係者に言われたので、不審に思って、

「何故ですか?」

と訊くと、

「そこは道路なんです。」

と言って、移動後にカラーコーンを置いて区切っていました。
奥の民家専用の道路のようです。(@@

 大駐車場が結構離れているのもそうだし、非常に奇異な光景
でした。

 さて、外にあるトイレも変わっていて、「女性専用」という看板が
設置されていました。

「へ?、男はどうするのよ

 早く着いてしまった私は困りました。ロッジは開いていないし、
どうせ誰もないので建物の中を覗いてみると男子トイレもあり
ました。

 しか~し、中は便器をそのままにして物置と化していま
した。

「なんじゃこりゃー

 超ローカルなスキー場なのに、ナイター設備もありました。

 快調にスキー登高していると、やがて営業を開始したようで、
軽妙なジャズが流れてきました。スキー場でジャズとは珍しい
です。♪♪

 客が非常に少ないにも関わらず、リフトの乗り継ぎ地点にも
ナンと営業ロッジがありました。大丈夫なんでしょうか。。。

 10時には一日券を売却してロッジ二階の食堂に入りました。

P2150051

P2150052

 結構広いです。目を引いたのは、漬け物が無料食べ放題

P2150053

 そうなるとご飯も食べたいので、ラーメンとライスを注文しま
した。ラーメン¥500はスキー場の相場から見れば激安です。
ライスは¥150也。

 しかも、食堂のおばちゃんが愛想の良いメッチャ美人で、
これはかなりポイントが高いです。

「一日遅れですが、よろしかったらチョコをどうぞ。」

と、別の若いおねえさんがチョコをくれました。

P2150054

 水引付きのバレンタインチョコとは何とも日本的で渋いです。
気分が良かったので、帰りがけに、2ヶ¥100のコロッケも買い
ました。

 全体の印象としては、かぐらスキー場の規模を1/10にした
ような感じで、結構気に入りました。庄内地方にあるスキー場と
比較すればずっと良いです。降雪条件が合えばまた行っても
良いと思いました。

|

« 葡萄山 | トップページ | ラムレーズン・チーズケーキ »

コメント

葡萄のファンになってしまいましたね>^_^<
当方も年に2回程行っております。。
食堂で気をつけなければならないことがあります。
カツ丼→つゆカツ丼です・・卵でとじてなく
とてつもなく甘いんです(^_^;)
地元の子供たちの大好物らしいです!
皆さんいい人で、癒されてきます(#^.^#)
昔スキー場って、こんな感じでしたよね(^_^)

投稿: DAZE | 2015年2月17日 (火) 16時52分

>DAZEさん

 なんだか時間がゆっくり流れているようなスキー場
ですね。そのヤバそうなカツ丼。今度行ったら食べて
みようかな。。(笑)

投稿: ファーマー佐藤 | 2015年2月17日 (火) 21時07分

始めまして、いつも陰ながら楽しませていただいています。
こんなに面白いスキー場レポは初めて見ましたw
これからも頑張ってください

投稿: 通りすがりの新人 | 2015年2月18日 (水) 19時15分

>通りすがりの新人さん

 いつも見て頂いているなら「通りすがりさん」ではなくて、
「ご贔屓さん」ですね。

 私は根本的にゲレンデスキーヤーではないので、
レポの視点も普通ではないかもしれませんがー。

投稿: ファーマー佐藤 | 2015年2月19日 (木) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葡萄山 | トップページ | ラムレーズン・チーズケーキ »