« ラムレーズン・チーズケーキ | トップページ | RED2リターンズ »

2015年2月22日 (日)

厳冬期鳥海山SEA TO SUMMIT

 鳥海山SEA TO SUMMITに正式参加した2012年以来思って いました。 「厳冬期にやったら面白いんでね?」  もちろん、厳冬期に登頂する難しさに於いては国内屈指の 山なので、大会の開催など不可能です。あくまでも私個人の 企画です。  しかし、日曜日しか休みがない今の私には結構難しいワケ です。昨日の土曜日は絶好の天気だったんですけどね。。。  そして今日。天気図を見れば天気はまずまずでも、かなり強い 風が吹くのは明らかでした。それでも、今期最後のチャンス。 決行するしかないでしょう。昨夜も準備を全くしないまま寝てしま って、今朝も完全に寝過ごしてしまいましたがー。  ということで、 「午前中が勝負だっ」 と確信していたにも関わらず、遊佐町吹浦の西浜海岸をMTB 改ランドナーで出発したのは5:45でした。  いや、その前に、珍しく穏やかな日本海に足を浸けました。 SEA TO SUMIMITなので拘りました。さすがにカヤックは時間 的に無理なので足だけ~。 P2220006 P2220007_2  軽量短板を買った一番の理由はこのためです。 P2220010  足はツアーブーツだし、搭載した板が股に当たって漕ぎにくい ですが、頑張りました。ロードレーサーでのヒルクライムと比較 すれば20Kg以上重いので、かなりキツイしスピードも出ません。  タイヤは重量級スパイクタイヤだしね~。  しかし、シュワルベの高性能スパイクタイヤは、鳥海ブルー ラインの旧料金所ゲートを超えてから真価を発揮しました。 アイスバーンでもガッチリグリップして全くスリップしません。 林業者の不整地運搬車が走った跡をしばらく登って、標高 270m付近にデポしました。県境まで12Km地点です。 6:40着。 P2220012  最近は降雪がないので、スキーの沈みは0~10cmと 快適でした。  駒止を過ぎてしばらく歩けば、ようやく車道とおさらばです。 P2220031  この尾根を使えば、ブルーラインの九十九折りを通ること なく大平へ一気に登ることが出来ます。  とにかく、このコースは長いので冬季に使う登山者は皆無 です。私自身、ここを登るのは山形県境縦走の最終山行以来 なので、ナンと19年ぶりです。(1996年2月17日)  さて、グングンと標高を上げて大平に着きました。 9:20着 P2220038_2  登山シーズンには日本中からの登山者で大賑わいの大平 山荘ですが、半年間は雪の中で休業です。  そこからも車道を無視して快調に直登しました。 P2220049 P2220051  積雪は充分なので適当に登っていたら、登山道付近にいた ようで、見覚えがある道標が。。。 P2220052  とりあえず御浜方面を目指しました。 P2220054  準備を全くしていなかったということで、当然のように登り返し がない最適なルートの設定もしていませんでした。まぁ、基本 アバウトな性格なので少々のロスは気にしませんがー。  新山は今日も神々しかったです。 P2220065  やがて、御浜に着きました。避難小屋としての使用もかなり 困難ですね。 P2220068  南南東の風が強く吹いていたので、ストックが真横になび いています。風速20mほどでしょうか。気温はー3℃ほどでし たが、地吹雪状態になって辛かったので、ここからは最強の 冬山装備となりました。  13:00。七五三掛(しめかけ)に着きましたが、 「時間的に厳しいなー。」 と思っていたら新山が隠れてきました。風が強いので千蛇谷に 降りて新山を目指すつもりでしたが、七五三掛を降りるには アイゼンに履き替える必要があったし、もしガスが濃くなれば 下りの時間が多く掛かります。下山中に暗くなることだけは 避けたいので、潔く決定しました。 「撤退だ」  新山まであと1.5Kmほどとすぐそこでしたが、無理は禁物。 これは、事故を起こさない為の鉄則なんです。  そうと決めれば、後はお楽しみ滑降大会です。速攻でシール を剥ぎました。登り返しはしたくないので、扇子森と御浜の斜面を 回り込んで大平に向かいました。愛宕坂の滑りはもう最高  山冥利に尽きるという感じです。 P2220098  大平から下は腐れ雪となりましたが、ギャラクティカ84は 全くものともせずに樹林帯での快適な滑りを楽しむことが 出来ました。イイネイイネ  車道に降りてしまえば、後は単調な下りです。 スノーモービルのトレースを使っても湿雪ではスピードが出ない からねー。  やがて、チャリのデポ地点に着きました。14:25着。 P2220106  堅雪が溶けたために走行困難でしたが、なんとか頑張って ゲートを過ぎれば後は楽勝。雪のない道路での自転車の下り は快適です。  まもなく出発地点の西浜海水浴場に着きました。 15:45着ということで、丁度10時間の行程だったということに なります。七五三掛からの新山往復+αを考えると、私の場合、 全行程で13時間はみないといけないようです。決して楽では ありませんが、その方がやりがいがありますね。来年以降、 チャンスを見つけて狙いま~す  でも、作業道路と化す吹浦側のブルーラインは使いたくない ので、次回は象潟側からアタックしたいと思います。 ※本日の記録  積算距離    43.5Km  最高速度    44.9Km/h  移動時間    6h59m  停止時間    3h09m  移動平均速   6.2Km/h  全体平均速   4.3Km/h  総上昇量    2,285m  最高高度    1,834m

|

« ラムレーズン・チーズケーキ | トップページ | RED2リターンズ »

コメント

いやぁ〜この時期にしー・とぅー・さみっと!
さすがに鉄人はやることが違います。
ただただ驚き桃ノ木ナントやら・・・!
MTBにスキーを積んで走るなんて見た事も聞いた事も考えた事も無いですね。
それにしてもやっぱり今日の天気ではだめでしたか。
昨日なら同じ時間でも絶対行けましたね。残念!

びんちゃんは昨日七高山まで行ってきました。
快晴無風の好条件、ただ疲れてへろへろになりました。

投稿: びんちゃん | 2015年2月22日 (日) 23時17分

>びんちゃんさん

 おおおっ~、土曜日は七高山でしたか。
最高でしたねー。仕事中にチラチラと見ていましたよん。

 あの天気でもこの時期では登る人は少ないハズ。
他に誰かいましたか?。

 バカバカしいことほど面白いと思っているので、
これからもやりますよ~。

投稿: ファーマー佐藤 | 2015年2月23日 (月) 20時09分

残でしたね。しかし、新山まであと1歩とういう所で勇気ある撤退が出来るところは流石です。しかしこれ程までやるとはチョットやり過ぎでは?
昨日、吾妻の大沢コースに同行した山形のAさん。実は前日の21日に(土)に根子から大朝日岳の山頂を往復13時間で落とした鉄人。まさかこんなご時世になるとは・・・。

http://sanpei.soragoto.net/

投稿: sakano | 2015年2月23日 (月) 20時13分

>sakanoさん

 逃げ足の速さには若い頃から自信があります。(笑)

 いや、本当はかなり勿体ないと思ったんですけどね。

>大朝日岳の山頂を往復13時間で落とした鉄人。
>まさかこんなご時世になるとは・・・。

 私自身もそうですが、今の岳人は道具が登っている
ようなもので、GPSやゴアテックス、軽量山スキーは
勿論のこと、ろくな物がなかった時代に先鋭的な登山を
していた先人こそ本当に凄いと思います。

 まぁ、それでも、大いなる自己満足の世界もまた良いと
思いますがー。

投稿: ファーマー佐藤 | 2015年2月23日 (月) 20時30分

また、なんとも凄いことを考えましたね。
常人のやる事とは思えません。
オイラは21日に、中島台から新山を目指しましたが、なんと7時間もかかってしまい、びんちゃん同様ヘロヘロでしたよ。
出会った人は3人でした。

投稿: デンキ | 2015年2月23日 (月) 20時33分

>デンキさん

 おおおおおおっ、あの天気であのコースとは、、、

「良いな良いな良いな良いな良いな良いな良いな
良いな良いな良いな

と、良いな10連発。(笑)

 今月はもう無理ですが、来月早々にでも俄然
行きたい気持ちになってきましたよん。

 それにしても、他に3人いたということで、少し安心
しました。


投稿: ファーマー佐藤 | 2015年2月23日 (月) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラムレーズン・チーズケーキ | トップページ | RED2リターンズ »