« 今日もベタ凪 | トップページ | ヘルメット »

2015年5月 5日 (火)

なんじゃ!この雪は!?

 昨夜に寒冷前線が通過して波が高くなっているので、今日は
山へ行きました。例年なら鳥海牧場終点までしか車が上がれ
ませんが、今年はその1Kmほど先まで登ることが出来ました。
昨夜から気温が下がって山の雪は凍ったハズなので、8:45
出発という遅いスタートです。

 そこでは、スタックした車を5~6人で脱出させようと頑張って
いました。必要性を感じなかったので手伝いませんでしたが、
何とか脱出していました。無理に侵入してはいけませんね。。

 さて、今回は自作の折り畳みロードバイクを持参しました。
シフターを付けていないので、ギアを手動で6速に入れて
登りました。歩くよりは断然速いです。

 それにしても、今年の少雪ぶりには呆れますね。

P5050057

P5050058

P5050059

P5050060

 滝の小屋駐車場のトイレ付近はこんな感じ。

P5050061

 滝の小屋直下も藪だったので、そのまま河原宿方面へ
登りました。左側に回り込めば登れますがね。

 河原宿の先では雪が切れていました。 

P5050064

 仕方ないので、文殊岳へ向かっていると、薊坂方面の
雪渓が僅かに繋がっていました。真ん中の細い部分です。
幅は5mほどでしょうか。。

P5050068_2

 行く気がしないので、そのまま文殊のコルへ。

P5050071

 表面に出来た氷が溶け始めて、アイゼン要らずでバッチグー
でした。12:30、文殊岳東側のコルに到着しました。
良い眺めです。

P5050072

P5050073

P5050074

P5050076

P5050079

 千蛇谷を下る登山者も見えました。

P5050078

 鉾立からの登山者がチラホラ見えますが、予想外に静かで、
滝の小屋方面からの登山者は3パーティしか見ませんでした。
一時間近くしてスキーで下りましたが、これはもう至福でした。
トレースが全くないんですから、絶叫大会です。(笑)

 ただ、縦縞とクレバスが入り出しているので、

「今年はこれで最後でも良いかなー。」

と思いながら、取りあえず滝の小屋へ寄りました。

 あれ?、誰もいない。新潟の乙姫様がいたら泊まっても良いな
と思っていたんですが。coldsweats01

 さて、ここからが今日のタイトルの話。

 樹林帯に入った途端に板が滑らなくなったんです。
ソールに松ヤニでも塗ったかのような感じで本当に滑らない。

「今年の月山は板が真っ黒になって全く滑らない。」

という話は聞いていましたが、おそらくこの事でしょう。

「こんな山、もう来るもんかsign03

 今期の板納めを決めたのは言うまでもありません。
滝の小屋駐車場までの道路が開通する頃にはマタフリ沢の
雪も溶けているだろうし。

 帰宅してから板を洗いましたが、何だか油っぽくて、水とブラシ
では落としきれませんでした。専用クリーナーでようやく綺麗に
なりました。

「中国から飛来した汚染物質に違いないっsign03

と思ったのは私だけではないでしょう。bearing

 ということで、今期の山スキーはお終い。
明日からはシーカヤックとヒルクライムの練習を本格的に始め
ます。dash

|

« 今日もベタ凪 | トップページ | ヘルメット »

コメント

異常高温と連日の好天で鳥海山の雪は見るも無残ですね。当地からも6月に現れる雪形が既に出現しました。五連休中の山行はモチベ上がらず諦めました。

投稿: びんちゃん | 2015年5月 6日 (水) 21時32分

>びんちゃんさん

 全く酷いですね。山形県側の名物である種播き
爺さんは、種を播く前に消えてしまいました。bearing

投稿: ファーマー佐藤 | 2015年5月 6日 (水) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日もベタ凪 | トップページ | ヘルメット »