« 佐渡 SEA TO SUMMIT 2015 | トップページ | 初泳ぎ »

2015年5月27日 (水)

折れたハンマー

 新田次郎の山岳小説、「折れたピッケル」のようなドラマは
全くありません。タダ単に仕事中に折れましたー。

P5270001

 30年近く愛用しているハンマーですが、建築解体業に転じて
からは大活躍で、年に2回は折れてしまいます。ハードな使い方
をしているので仕方ありません。疲労骨折のように折れます。

 そこで、早速、柄を買ってきました。

P5270002

 28cmの大足と比べれば、その長さが分かるでしょう。
この長さが強力な破壊力を生むんです。
このままでは入らないので、ベルトサンダーで削って入れました。
楔もしっかり打っています。

P5270003

 チークオイルをタップリ染み込ませるまで、30分で作業終了。
明日からまた振り回しますよ~。

 ところで、元大工の同僚が教えてくれたんですが、ハンマーの
柄にはエンジュの木が良いそうです。粘りがあって折れにくい
とのこと。解体現場で床柱に使われていたら速攻ゲットして
こなくては。

|

« 佐渡 SEA TO SUMMIT 2015 | トップページ | 初泳ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐渡 SEA TO SUMMIT 2015 | トップページ | 初泳ぎ »