« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月30日 (木)

鳥海山・飛島 SEA TO SUMMIT EXPEDITION

 究極のSEA TO SUMMITと言われれば参加するしか
ないでしょう。

 今年の場合、通常コースに出場して仮に一位になったとして
も、その価値は無いに等しい気がしていました。

「やっぱし、飛島がら漕がねばの~。」

 先日の「みなと酒田カヤックツーリング」に参加して、
サーフスキーでもやれる気になりました。進行中の極秘プロ
ジェクトの完成がなくてもやれると思ったワケです。

 てか、完成を待っているとエントリーが間に合わないんです
よねー。

 ということで、俄然楽しみになってきました。

 ま、波が高くて中止になるという公算も大きいんですけどね。。。

| | コメント (2)

2015年7月26日 (日)

第三回酒田みなとカヤックツーリング

 去年は開催日が土曜日だったために仕事の都合でドタキャン
した酒田みなとカヤックツーリングでしたが、今年は日曜開催で
お日柄も良く。

 Dscf1064

 酒田港の船泊に40名ほどの参加者が集いました。

Dscf1065

 酒田港から酒田北港を経て、豊川、新井田川を通り、出発
地点に戻るという、酒田市内を一周約18Kmのツーリングです。
レースではなく、先頭のスタッフ艇を追い越してはいけないので、
ユルユル度がかなり高い企画です。

 ということで、私には向かないような感じですが、カヤッカー
との交流を持ちたいと思っていたので飛びつきました。

 まずは、皆で港に出ます。

Dscf1066

Dscf1071

 いやぁ、気持ちいいな~。船の引き波以外は殆ど波が無い
ので、フォームを確認しながら漕ぐにも最適です。

 結構遠くからの参加者があったようで、八戸や宇都宮からも
来られていたようです。漕ぎながら多くの方とお話しました。
レースでは有り得ないですね。

 さて、皆さん、短パンやTシャツにライフジャケットという出で
立ちでしたが、私だけ別。ハイレグビキニ一枚にライフジャケット
という姿で、大会委員長から、

「卑猥だっ

という指摘を受けましたが、ちゃんと履いてますからぁ。(笑)

 まぁ、ビキニ一枚というのはいつものスタイルですが、特に
今回のようなユルユル企画を楽しむには必要だったんです。
暑くなったら自らドボンするワケです。ライフジャケットを着て
いるから正に海水浴が楽しめるワケで、これはかなり気持ち
良いです。これは、再乗艇が簡単で排水作業が要らない
サーフスキーならではですね。

 うねりのある北港周辺を突っ切った後は豊川へ。
およそ清流とは言い難いので、ドボンはなしです。

 ですが、川の水面から酒田の街を眺めるのは初めてだった
ので、なかなかの風流を感じました。花の香りも漂ってきて、
それなりに気持ちよかったです。

 最後尾まで落ちてから一気に加速して先頭まで漕ぐという
ことを繰り返していましたが、スタッフリーダーが粋な計らいを
しました。

「中ノ口橋から山居の橋までタイムトライアルレースをします。
参加者は待機して下さい。それ以外の方は先に進んで下さい。」

 おっ、良いねー。

 ま、スプリント艇は私だけなので、特に頑張る必要は無い
ワケですが、俄然やる気になります。

 ということで、ぶっちぎりの優勝ですが、勿論なんにもありま
せん。(笑)

 その後は酒田港に戻りました。
引き波を受けたシーカヤック2艇が沈するというハプニング
があり、しばらく見学していました。ロール出来ない場合の
再乗艇って大変なんですね。排水作業も必要みたいだし。

「サーフスキーって、案外良いんでね?。」

と思ったのでありました。

 さて、いよいよ終点近くですが、海上保安庁の巡視艇が
放水銃で我々を出迎えてくれました。

Dscf1088

Dscf1086

Dscf1091

Dscf1089

Dscf1092

 ということで、とても楽しいイベントでした。
閉会式では、エントリーNO.1の私が代表で完漕証を大会
委員長から授与され、協賛したモンベルからドリンクボトルと
ホイッスルを貰いました。

 でも、、、SEA TO SUMMITもそうですが、モンベル絡みの
大会参加賞にはいつもドリンクボトルが付くので、貰ってくれる
友人もなくなって、部屋にいくつも転がっています。参加賞は
食べ物の方が嬉しいんだけどなー。

 ちなみに、用意されていた昼食はおにぎり二個とイカ焼きでした。
本企画は「みなとオアシス祭り」の関連企画だったようで、結構な
人出で賑わっていました。

 うん、来年もあったら参加しよう

| | コメント (2)

2015年7月22日 (水)

夕漕ぎ

 台風崩れの熱帯低気圧が通過した後の日曜日から、海へ
毎夕漕ぎ出しています。日曜日はサーフィン日和でカヤック
には難アリでしたが、それ以降はほぼ凪。連日の猛暑で
水もすっかり温くなって、帰社後のクルージングは最高です。

 で、今日も海パン一丁で4Kmほど漕いできました。
思い切りパワーをかけるコツが分かってきて、スピードが
上がってきました。これまでの腕漕ぎから体全体を使って
漕ぐ感じかなー。

 ということで、ますます楽しいサーフスキー。
極秘プロジェクトの完成がメッチャ楽しみです。

| | コメント (6)

2015年7月20日 (月)

風の小屋キャンドル

 風の小屋用に作った巨大キャンドルが暑さで変形した事態
を受けて、作り直しました。

P7190073

 ビールのロング缶に、ぶっとい芯を入れてみました。
これなら変形しないし明るいです。

 アルミ缶なので蝋が減ったら切り取ることが出来るワケで、
案外良いんじゃないでしょうか。

| | コメント (0)

2015年7月19日 (日)

車中泊ライト

 エアウェイブの車検が済んだのは先週のこと。
初めての格安立ち会い車検はなかなか面白かったです。

 で、今日は車中泊仕様車として元通りにしました。
ノーマル車とは違って完全フルフラットの荷室に、大きな
床下収納がウリです。

 良い機会なので、古くなった食料を全部入れ替えました。
バッチグーです。出した食料の全てが賞味期限をとっくに
過ぎていましたが、勿論捨てたりなんかしません。美味しく
頂きます。

 ついでに、佐渡sea to summit2015の抽選会で当たった
BioLite社のライトを取り付けました。

P7190072

 いや~、明るいということはとても贅沢なことだと思います。
親機であるパワーライトのランタンを点けなくても、子機の
サイトライト2ヶだけで充分明るいです。

 しかも、暖色なので雰囲気が凄く良いです。大いに気に
入りました。

| | コメント (2)

2015年7月13日 (月)

冷蔵庫

 山仲間から貰ったソーラーパネルを活用するために、風の
小屋のバッテリーを大容量化したのは数週間前のことです。

P7130067

 115Aのディープサイクルバッテリーなので、それまで
使っていた2ヶのバッテリーの出番はなくなりました。

 さて、その利用目的は冷蔵庫です。

P7130064

 電気が通っていた頃は白い冷蔵庫を使っていましたが、
農業を辞めてからは電力会社との契約を解除したので、
単なる食品庫になっていました。コンプレッサー式で現行の
ソーラー蓄電システムには荷が重いので、今回接続したのは
青い方です。ファミリーキャンプの為に20年前に購入して大活躍
してきた野外用の冷蔵庫です。イワタニ製で、カセットコンロ用の
ガス缶一個で丸一日保冷できる優れ物です。12VとAC100V
でも使えるので、非常に便利です。

 しかし、ソーラーパネルの発電量よりも冷蔵庫の消費電力の
方が大きいので工夫しました。

P7130065

 小玉スイカの育苗に使っていたサーモスタットを使って、
風の小屋の室温が25℃以上になると電源が入るようにした
んです。花卉栽培での電照に使っていた24時間タイマーも
ありますが、天候に対応できる点で優れています。

 で、今日は会社帰りに寄ってみると、ドリンクがキンキンに
冷えていて最高でした。

「プハーッ、こりゃたまんねーなー。」

 今日の酒田は非常に暑くて、最高気温が37℃にもなった
ので尚更です。

 そこで英気を養った後は、アヤハブラSSRで日本海へ漕ぎ
出しました。珍しくベタ凪だったので最高でした。夕日に向かって
2Km漕いでからUターン。いやぁメッチャ気持ちいいっ

 ところで、今日の酒田は37℃になったと書きましたが、風の
小屋も相当暑くなったようでした。最高最低温度計の不調で
小屋内の最高気温は不明ですが、3リットルの紙パックに
溶かし入れて作ったロウソクが凄いことになっていました。

P7130068

 柔らかくなって崩れ落ちていたんです。
 
 てか、ブライダル用の巨大キャンドルは変形していなかった
ので、材料にした医療用のパラフィンワックスの融点が異常に
低いのでしょう。解体現場から出た物なので文句はありません
が、どうしましょ

| | コメント (0)

2015年7月12日 (日)

パワーライト

 佐渡sea to summit2015の大抽選会で当たったブツです。

P7120058

 BioLite社のパワーライトです。USB端子から充電できる
リチウムイオンバッテリー内蔵式のライトで、ランタンとトーチ
ランプが搭載されています。それぞれ、200ルーメンと250
ルーメンという大光量で、7時間と8時間の投射時間があるとの
こと。高性能ですね。

 さらには、サイトライトという子機が2ヶもセットされていました。

P7120063

 こちらは150ルーメンと充分に明るいし、ダウンライトなので
眩しくないのが良いです。接続コードはそれぞれ3mもあります
が、ヨーヨーのような巻き取り式なので邪魔になることもありま
せん。なかなかのアイディア品です。

 電源としては、鳥海山sea to summit2013の抽選会で
当たったソーラーチャージャーが使えます。エアウェイブでの
車中泊に大活躍間違いなしですね~。

 てか、普段は部屋使い出来るほどの性能ですが、値段を
調べて納得しました。¥13,000もするんです。(@@

 ということで、自分では絶対に買わない商品です。
車中泊用に買ったLEDランタンは¥980でしたからー。

 ところで、鳥海山sea to summit2015の飛島スタート
に参加するための工作を開始しました。久しぶりの本格的な
作業となります。今日は半日だけでしたが、核心部の下準備
は終わりました。日曜日だけでは間に合わないので早朝作業
で早期の完成を目指します。

 えっ?、何を作ってるのかって?。それは極秘です。

| | コメント (0)

2015年7月 7日 (火)

薪の材料

 先日、仕事の現場から調達してきたニセアカシアの原木
です。

Dscf1063

 約3tあります。風の小屋のストーブで使うためで、これだけ
あれば3年は使えます。玉切りと薪割りも楽しみの一つなん
ですよね~。

| | コメント (0)

2015年7月 6日 (月)

記録更新!

7月5日

 悪天候で中止された佐渡sea to summit2015の鬱憤
晴らしというワケではありませんが、鳥海山を本気で攻めて
みました。

 7:25、西浜海水浴場をロードレーサーでスタートしました。
曇りがちの涼しい条件で、走りやすかったです。

 今の現場では松の木の伐採をしています。11t搭載の不整地
運搬車2台を私一人で回していますが、作業効率を優先して
ガンガン使っていたら、ステップを大きく曲げてしまいました。
一千万円以上する新車の二台ともです。

 そこにはニセアカシアの木もあったので、上司に、

「山小屋の薪にすっがら、アームロール一台分オレさくれっ」 

と御願いしました。アームロールとは、8立米の箱形荷台を
脱着できる4t車です。

「よし、分がた。その代わり、始末書書げっ!。」

 んがー、そう来たか。分かりました。快く書きましょう。

 ということで、始末書の文面を考えながら鳥海ブルーライン
を鉾立まで駆け上りました。

 その結果、1時間15分でした。多分、過去最高記録です。
(と思ったら、1時間10分がベストタイムだった…)

 駐車場で一息ついていると、大型バス一台の団体さんが
登り出すところでした。主に陽気なオバチャン達で、新庄市民
登山一行でした。

「後で追いつくがらの~。」

と笑顔で送り出して私は下山。車で上り返して、10:25、
鉾立をトレランスタイルで Go
オバチャン達から1時間16分遅れのスタートです。

 やがて、賽の河原の上でオバチャン達に追いつきました。
どう見ても若くないオヤジのスピードにビックリだったよう
です。

 間もなく、御浜小屋に到着。鉾立から38分でした。
これも過去最高記録です。

 予定では御浜まででしたが、風が弱かったのでそのまま
登山続行です。競歩で頑張りました。山頂小屋直下の登り
では足が攣りましたが、我慢してそのまま登りました。
中高生の頃、海をひたすら沖に向かって泳いでいると、
よく足が攣りました。そんな時でも痛みを我慢して泳ぎ続け
た経験が今も役立っているようで。。

 11:58、山頂神社到着。途端に足の筋肉が硬直しました。
記録は鉾立から1時間32分。雪渓が結構残っていてスピード
ダウンした分を差し引けば過去最速です。

 今日は大勢の登山客で賑わっていました。

Dscf1054

Dscf1055

 攣った足の治療薬として、¥700のプシュ一発。
よく効きます。

 今日はかなり脚に来ました。15分後には下山しましたが、
登り返しで何度も攣りました。こんなの初めてです。

 御浜を通過すると、賽の河原で新庄のオバチャン達が
休憩していました。拍手喝采で迎えられました。
レースの優勝者みたいで、とても気持ちよかったです。

 彼女らは御浜往復のコースだったんですね。山は、無理なく
楽しくが一番です。

 オバチャン達は、一般の登山者とは全く違う、ランニングパンツ
にサイクルジャージという私のスタイルにも興味を持ったようで
した。

「失礼ですが、歳はおいくつですか?。」

と訊かれたので、正直に

「54歳です。」

と答えると、そこでもまた拍手と歓声が起きました。
私の肉体美にも感動したようです。(笑)

 私は、全く誰もいない冬山を好んで登りますが、実はこういう
オバチャンやオジチャン達と話すのも大好きなんです。

 ということで、気分良く降りた後は、帰宅してカヤックタイム。
いろいろと用事を済ませてからだったので夕日を眺めながら
の練習となりました。波高は1mで、思い切りパワーをかけた
時に2回沈しました。これではまだ、外洋は漕げませんね。
6.7Km漕ぎました。

 鳥海山sea to summit2015では15名限定の飛島
スタートが初開催されますが、大会委員長から、

「サーフスキーではチョット。。。」

と言われています。現状では全くその通りです。

 しかし、そこはファーマー工房。そこを打開する画期的な
アイディアを思いつきました。こうご期待

| | コメント (2)

2015年7月 3日 (金)

佐渡SEA TO SUMMIT 2015 閉会式

 予定していた、「昼飯杯たらい船レース」も悪天候で中止と
なったので、月並みに佐渡金山観光と食事で時間つぶしを
してから閉会式会場のららぽーと佐渡へ行きました。
私のカーナビに載っていなかったので、割と新しい施設なんで
しょう。

 当然ですが、表彰式はありません。急遽設定された辰野会長
による講演会があり、その後にお楽しみの大抽選会となりました。
去年の鳥海山大会では何一つ当たらなかったので期待感は俄然
高まりました。

P6280048

 結果、一巡目ではこれが当たりました。

P6290056

 カヤック用のコンパスです。長距離の場合には必要だと思って
いたので、メッチャ嬉しいです。

 二巡目はこれが当たりました。

P6290057

 ランタンのようですが、ヨーヨーのような物が二つも付いて
います。ナンなんでしょう?。

 ちなみに、参加賞はこれらでした。

P6290055

 ウイックロンのTシャツとキャメルバックのボトル、携帯用
ソーラーチャージャーの3点セットでした。ボトルは毎回なので
誰も貰ってくれなくなってしまいました。何個も要らないもんね。

 ということで、それなりに満足出来る抽選会でした。
シーカヤックは佐渡の方に当たって、大喜びでした。
きっと、来年はそのカヤックで出場することでしょう。

| | コメント (2)

2015年7月 2日 (木)

佐渡SEA TO SUMMIT 2015当日

「あ゛ー、やっぱしダメだのや~。」

 早朝3時半に起きたものの、相変わらず雨交じりの風が強く
て、当然波も約4mと高い。カヤックの中止は決定的としても、
全部中止なのかは行ってみないと分かりません。

 取りあえず、4:30にバイクの出発会場へ行くと、大会関係者
が、


「カヤックは中止決定ですが、他は6時に決定します。」

とのことで、近くの海の家で待機となりました。重苦しい空気が
漂いました。私が大会会長なら即刻中止でしたけどね。

 というのは、バイク区間の上部にはかなりの下りがあり、
加えて強風雨と落ち葉、濃霧では落車事故発生間違いなし
でしたから。気温もかなり低かったです。
 
 午前6時過ぎになって、ようやく発表されました。

「残念ながら、悪天候により本大会は中止します。」

 まぁ、当然でしょう。密かに優勝を狙っていましたが、出発の
前日から中止を予想していたので落胆はありませんでした。
自然相手なのでこういうこともあります。

 ということで、閉会式の11時までには5時間近くもありました。
どうしましょ。。

つづく。。。

| | コメント (2)

2015年7月 1日 (水)

佐渡SEA TO SUMMIT 2015前日

6月27日 

 佐渡sea to summit2015へ出場するために山仲間二人
と共に行ってきました。佐渡へ行ったのは30年降りです。

 前回はダイビング仲間6人ほどで潜りに行きましたが、あまり
覚えていません。覚えているのは、宿の夕食が豪勢で食べきれ
なかったことと、ボンベを背負う前に素潜りで遊んだら、浮上する
のに死ぬ思いをしたことだけです。

 あの時は、海があまりにも綺麗だったので、調子こいて水深
26mの海底まで潜ったら、水圧でウエットスーツの浮力が無く
なったために浮上できなくなったんです。腰に巻いていた5Kg
のウエイトを捨てることも頭をよぎりましたが、勿体ないので必死
に足ひれを漕いで浮上しました。

 その後、何もなかったかのようにボンベを背負って潜ったハズ
ですが、全く覚えていません。

 さて、今回は、佐渡~両津間のカーフェリーが二人以上の乗船
だと往復で¥11,670も安くなるという特別割引を使うために、
山仲間二人を巻き込んで乗り込みました。鳥海山の大会では
いつもサポートしてくれている有り難い仲間達です。

「フェリー代と高速代、ガソリン代はオレが出すがらアベッ

 と強引に誘ったワケです。持つべきものは友ですなー。

 ということで、我が家出発は27日午前5時。予報通りの雨で
した~。

 しかも、天気図を見れば、発達した低気圧が佐渡をもろに
通過するという絶望的な気圧配置で、

「ハハハ、これだば、少なぐともカヤックは中止だのや~。」

 これが、ヒルクライム大会で私一人なら速攻で参加を中止します
が、民宿を予約しているし、sea to summitの場合は景品が
豪華で、運が良ければカヤックが当たるので行かないワケには
いきません。ほとんど、宝くじ感覚ですなー。

 とはいえ、ときわ丸で新潟港を出港した頃は晴れ間も覗いて、
かなり心地よかったです。船上で感じる風は格別です。

P6270007

 日常とは比較にならないほどゆっくりと過ぎる時間をもて
あました後は佐渡上陸ですが、予想通りの雨。着いたのが
お昼で、大会の受付まで2時間もあったものの、受け付けて
くれたのは幸いでした

 まずは佐渡観光です。トキの保護センターでトキを間近で
観察した後は、大会コースの下見へ。

P6270022

 正直言って、私は今大会のコースを全く甘く考えていました。

 「別に下見なんか行かなくても良いんでね?」

と言った私に対して、異を唱えたのは仲間達。
登山区間は分かりませんが、ヒルクライムコースは結構な
斜度で、全く侮れないものでした。

 ということで、本番での戦略を考えることが出来ました。

 しかし、カヤックに関しては中止間違いなしの状況でした。
沖に向かって漕いで戻るコースならまだしも、西海岸を北上
するコースでは転覆大会決定ですからね。

 さて、天気が悪いとなれば楽しみは観光と食事しかありません。
昼飯を食いそびれてしまったので、予約していた民宿へ早めに
行きました。カヤックのスタート地点に近い「魚道場長浜荘」へ
です。

 ハッキリ言って、かなりボロくて粗末な宿でしたが、料理は最高
でした。

P6270033

P6270032

 一泊二食付きで¥7,800なら全く文句なしです。
酒が旨いっ

 が、海はますます荒れていくのでありました。。。

P6270029

つづく。。。


| | コメント (2)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »