« 佐渡SEA TO SUMMIT 2015 閉会式 | トップページ | 薪の材料 »

2015年7月 6日 (月)

記録更新!

7月5日

 悪天候で中止された佐渡sea to summit2015の鬱憤
晴らしというワケではありませんが、鳥海山を本気で攻めて
みました。

 7:25、西浜海水浴場をロードレーサーでスタートしました。
曇りがちの涼しい条件で、走りやすかったです。

 今の現場では松の木の伐採をしています。11t搭載の不整地
運搬車2台を私一人で回していますが、作業効率を優先して
ガンガン使っていたら、ステップを大きく曲げてしまいました。
一千万円以上する新車の二台ともです。coldsweats01

 そこにはニセアカシアの木もあったので、上司に、

「山小屋の薪にすっがら、アームロール一台分オレさくれっsign01」 

と御願いしました。アームロールとは、8立米の箱形荷台を
脱着できる4t車です。

「よし、分がた。その代わり、始末書書げっ!。」

 んがー、そう来たか。分かりました。快く書きましょう。

 ということで、始末書の文面を考えながら鳥海ブルーライン
を鉾立まで駆け上りました。

 その結果、1時間15分でした。多分、過去最高記録です。up
(と思ったら、1時間10分がベストタイムだった…)

 駐車場で一息ついていると、大型バス一台の団体さんが
登り出すところでした。主に陽気なオバチャン達で、新庄市民
登山一行でした。

「後で追いつくがらの~。」

と笑顔で送り出して私は下山。車で上り返して、10:25、
鉾立をトレランスタイルで Gosign01dash
オバチャン達から1時間16分遅れのスタートです。

 やがて、賽の河原の上でオバチャン達に追いつきました。
どう見ても若くないオヤジのスピードにビックリだったよう
です。

 間もなく、御浜小屋に到着。鉾立から38分でした。
これも過去最高記録です。up

 予定では御浜まででしたが、風が弱かったのでそのまま
登山続行です。競歩で頑張りました。山頂小屋直下の登り
では足が攣りましたが、我慢してそのまま登りました。
中高生の頃、海をひたすら沖に向かって泳いでいると、
よく足が攣りました。そんな時でも痛みを我慢して泳ぎ続け
た経験が今も役立っているようで。。

 11:58、山頂神社到着sign03。途端に足の筋肉が硬直しました。
記録は鉾立から1時間32分。雪渓が結構残っていてスピード
ダウンした分を差し引けば過去最速です。up

 今日は大勢の登山客で賑わっていました。

Dscf1054

Dscf1055

 攣った足の治療薬として、¥700のプシュ一発。
よく効きます。smile

 今日はかなり脚に来ました。15分後には下山しましたが、
登り返しで何度も攣りました。こんなの初めてです。

 御浜を通過すると、賽の河原で新庄のオバチャン達が
休憩していました。拍手喝采で迎えられました。
レースの優勝者みたいで、とても気持ちよかったです。happy01

 彼女らは御浜往復のコースだったんですね。山は、無理なく
楽しくが一番です。good

 オバチャン達は、一般の登山者とは全く違う、ランニングパンツ
にサイクルジャージという私のスタイルにも興味を持ったようで
した。

「失礼ですが、歳はおいくつですか?。」

と訊かれたので、正直に

「54歳です。」

と答えると、そこでもまた拍手と歓声が起きました。
私の肉体美にも感動したようです。(笑)

 私は、全く誰もいない冬山を好んで登りますが、実はこういう
オバチャンやオジチャン達と話すのも大好きなんです。confident

 ということで、気分良く降りた後は、帰宅してカヤックタイム。
いろいろと用事を済ませてからだったので夕日を眺めながら
の練習となりました。波高は1mで、思い切りパワーをかけた
時に2回沈しました。これではまだ、外洋は漕げませんね。
6.7Km漕ぎました。

 鳥海山sea to summit2015では15名限定の飛島
スタートが初開催されますが、大会委員長から、

「サーフスキーではチョット。。。」

と言われています。現状では全くその通りです。down

 しかし、そこはファーマー工房。そこを打開する画期的な
アイディアを思いつきました。こうご期待sign02

|

« 佐渡SEA TO SUMMIT 2015 閉会式 | トップページ | 薪の材料 »

コメント

凄すぎですから!
TOP奪還は視えてますね!

飛島スタートに備えて私も色々トレーニングに勤しんでおります。

お互い頑張りましょう!!!

カヤック秘策!期待してます!!

投稿: らりぽん | 2015年7月 7日 (火) 21時55分

>らりぽんさん

 うーん、間に合うかどうか。準備は始めていますが、
未知の世界なのでやってみないと分かりません。
行きたいなあ。dash

投稿: ファーマー佐藤 | 2015年7月 7日 (火) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐渡SEA TO SUMMIT 2015 閉会式 | トップページ | 薪の材料 »