« 鶴泉荘 | トップページ | 一人焼肉 »

2016年3月23日 (水)

角瓶ボトル


 5月に渡米する娘は、間もなく引き払うアパートの荷物を
少しずつ我が家へ運び込んでいますが、その中の一品に
胸が疼きました。

 それは、サントリー角瓶のポケットボトル。
女の子らしいピンクのスリングが付いている様は、シュロ縄の
吊り紐を付けた昔の瓢箪ボトルを連想させます。

P3230001


「あー、旅したいなー。」

と思わせるほどに洒落ています。大いに気に入りました。
娘にとっては不要品なので、断りもなくゲット!!。(笑)

 30年も前の話ですが、釜石でフリーでやっていたダイバー
の仕事から久しぶりに帰った翌朝、ふと旅をしたくなりました。

「そうだ!、富士山に登ろう!!。」

と30分で荷物をまとめて、総予算3万円でヤマハのバイク、
XT-200で出発しました。下道オンリーです。

 初日は埼玉県の公園に幕営しましたが、翌朝、至近距離で
鳴く牛の声で目を覚ましました。一頭や二頭ではないので不審
に思っ て外に出てみてビックリ。牛だらけだったんです。
どうも、肉牛の品評会会場だったようで、そそくさと撤収したのは
言うまでも ありません。

 二日目は富士山の麓で林道ランを楽しんでから5合目の佐藤
小屋 付近に幕営。翌朝早くから登って4時間で登頂しましたが、
他の山には無い「高さ」を実感しました。さすがは日本一の山です。

 登ったのは10月中旬で、山頂付近には新雪がありました。
登山者は少なかったものの、私の下山中には一般の観光客風
の人が登って来ました。

「どこまで行くんですか?。」

「出来れば山頂までです。」

「この時間だと下りで日没になりますよ。気温は氷点下になるので
死にたくなかったらここで下りた方が良いです。」

「分かりました。そうします。」

と素直に応じてくれたのは、私も嬉しかったな。

 下山後は、とりあえず西へ。確か西湖で幕営。キャンパーは
皆無で実に快適でした。

 四日目はひたすら西に向かい、兵庫の街中にある公園に
幕営。職務質問を受けたりもしましたが、めげずに爆睡。
そろそろ風呂に入りたい。。

 五日目、広島県内でねずみ取りに掴まってガックリきたので、

「そうだ!、大山に登ろう!!。」

と北上。鳥取砂丘に幕営しました。

 六日目、大型台風接近で大山登山どころではない。
金も残り僅かとなったので、一路帰宅することにしたのであり
ま した。台風に追われるように800Kmをひた走りでしたが、
結果的に予算キッチリで、妙な満足感がありました。ああいう
無計画な旅こそ楽しいものです。またいつかやりたい。

 てか、仕事を辞めたら絶対やるのだー!。(笑)

|

« 鶴泉荘 | トップページ | 一人焼肉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶴泉荘 | トップページ | 一人焼肉 »