« 佐渡SEA TO SUMMIT 2016 | トップページ | 初メロン »

2016年6月28日 (火)

佐渡汽船

 去年の佐渡SEA TO SUMMITには山仲間3人で行ったので、
民宿に泊まって豪華な海鮮料理を堪能しましたが、今年は
一人だったので車中泊しました。

P6260022

 エアウェイブは広いので、荷物が多くても快適です。
宿泊費不要だしね~。

 そこで、往復のカーフェリーでは特等室を使いました。
往路の9:20新潟発は乗客が多くて通路にまで溢れていま
したが、特等室なら本当にゆっくり休むことが出来ます。
体調を完全に整えてレースに臨むための作戦ですね。

 なので、持ち込んだ食事は炭水化物オンリー的な物です。

P6250014

 ゲン担ぎのカツ丼と大盛りスパゲッティーを食べてから
部屋を暗くして熟睡しました。

 あ、往路に乗ったのは、まだ新しい「ときわ」です。
乗務員が部屋まで案内してくれて、とても気持ちいいです。

P6250009


P6250010


P6250011


P6250012


P6250013

 デッキで日光浴したかったんですが、外には出られませんでし
た。私のような裸族を警戒しているんでしょうか。(笑)

 近くには新日本海フェリーの船が泊まっていました。

P6250015

 北海道への山旅の帰り道で利用したことがありますが、
何故か一等料金で特等室に泊まらせてくれて、リッチな
気分を大いに楽しんだことをよく覚えています。
やはりツインルームでしたが、洗面台すら無い佐渡汽船と
違ってバストイレ付きで実に快適。大浴場もありました。

 まぁ、佐渡航路は2時間半なので、比べる方が間違いなん
ですけどね。

 ということで、トイレは部屋の外にあるワケですが、「ときわ」
の場合はかなり離れている場所にあって、使い勝手が非常に
悪かったです。フロアーが独立していないので、下位船室の
子供らが廊下を走ることも数度。。。

 ただし、船内アナウンスが切ってあった点は良かったです。

 次は復路の「あかね」。かなり古い船で随所に錆が見られ
ますが、特等室以上の部屋が独立したフロアーにあるので、
ガキンチョは全く来ません。静かだし高級感があります。
トイレも、すぐ近くにあるので使い勝手が良いです。

 しか~し。利用客は多分私一人だけだったにも
関わらず、トイレのウンコが流されないままになっていたー。
この減点は大きいぞ。

 さて、部屋の様子は、「ときわ」とさほど違いません。

P6260046


P6260045


P6260047

 違うのは、外のデッキに出られることです。これはポイント
高いです。隣室との間に隔壁があってデッキチェアーがあれば
完璧です。裸族的には。(笑)

P6260044

P6260049

 佐渡の夜景を楽しんだ後は、ラーメンタイム。
商店街にあった焼肉屋でささやかに勝利を祝ったものの、
〆の冷麺がなかったんでね。

 いや~、特等室で食べるインスタントラーメンは、快晴の
冬鳥海で食べる時の味に似ていて、最高に美味しかったです。
 
P6260048

 洗面台が無いのでスープを少なくしてますがー。

  「ときわ」と違って室内アナウンスがオンだったので少々ウザ
かったですが、19:30発の夜行ということで、最低限でした。

 新潟港までの2時間半。真っ暗な部屋で熟睡できました。
やっぱり、特等室は短時間であっても良いですね。お勧めです。

|

« 佐渡SEA TO SUMMIT 2016 | トップページ | 初メロン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐渡SEA TO SUMMIT 2016 | トップページ | 初メロン »