« 妙高野尻湖SEA TO SUMMIT2016 前日 | トップページ | 妙高野尻湖SEA TO SUMMIT2016 閉会式 »

2016年7月26日 (火)

妙高野尻湖SEA TO SUMMIT2016本番

 いや~、晴れて良かった。sun

 山は本当に天気次第なので、この大会はそれだけでも成功
したようなもの。3時起きして、スタート時間の5時に備えました。
野尻湖は標高が高いことから、暑くもなく寒くもないという絶好
のコンディションとなりました。

 さて、予定通りの5時から順次スタートとなりましたが、早く
スタートしたい選手はゼッケン番号に関係なく出て良いという、
これまでに経験したことのないアバウトさなのでありました。
この大会はどこまでユルくなるのかsign02coldsweats01

 ということなので、シングル部門に於いても好き勝手にスタート
するんでした。

 が、レースと思っている若干名は位置取りを考えます。
これ重要。confident

 私は、最強と考えていた二人を先行させて後を追う作戦で
臨みました。その3人が連続スタートですが、128番→
127番→126番(オレ)の逆順となりました。ナンチュー
偶然でしょうか。(笑)

 ところで、この並びを見て危機感を持った人がいました。
それは、モンベルの大会責任者である佐藤さん。鳥海山の
覇者が連続でスタートすることで互いが競い合って、山頂
ゴールの時間が劇的に早まるのではないかsign02

 ということで、前日に私に訊いてきました。

「予想タイムはどれくらいになりそうですか??」

「はい。平野さんとも話したんですが、トップは3時間半と予想
しています。」

 山のガイドマップのコースタイムだけ見ても、笹ヶ峰から妙高
山頂まで4時間40分なので、カヤックとバイクを加えれば、
常識的に考えれば7時間以上のコースなので、バカげた話です。

 が、今大会は、ゴール到達時間が大会スタッフの予想を遙か
に上回るという異常事態が続いているので、当該選手に直接
訊くのは賢明なことです。

 で、佐藤さんは、山頂スタッフの現地集合時間を急遽一時間
早めて8:00にしたそうです。そういう話を聞くと、大会の運営が
いかに大変なことかを思い知らされます。ありがたやー。。。

 などと、前置きが随分と長くなりましたが、予想通りに前の
二選手は速くて、徐々に離されながらも何とか食らいつきました。

「なるほど、ああいう風に漕げば良いのかぁー。」

と観察出来た点は収穫でしたネ。good

 ということで、この3人がスタート順でカヤック区間のゴールsign01
平野さんとは互角。

 その後はバイクのスタートとなるワケですが、足下に独自の
工夫をしている私が一歩リードで、いち早くスタートsign01
すぐに全選手の先頭となりました。

 つまりは一人旅で、追いかける対象選手がいないとアドレナ
リンが出ないだよなー。down

 とはいえ、車で下見しながらイメージした通りの走りは概ね
出来ました。

 コース的には、矢島のヒルクライムコースに栂池ヒルクライム
大会のロケーションをプラスしたような感じで、印象は非常に
良いです。

 で、トップでバイクゴール地点である笹ヶ峰に到着しました。
タイムは予定通りで、預けていた登山用具を受け取って準備して
いると、チームエントリーの選手がゴールして、直後に優勝候補
の平野さんがゴールsign03

「えっ、もう来たのっsign02

 マジヤバです。何たって、彼は普段から富士山を走っていて、
かの富士山登山競争でも3時間20分を記録している猛者です。
妙高山の急な登りで勝てる相手ではありません。wobbly

 大急ぎで登山開始です。後ろから刺される恐怖に怯えながら
必死に登りました。もう、心臓バクバク。

 しかし、その恐怖感は長くは続きませんでした。僅か25分で
追いつかれたんです。内心ホッとしましたがー。coldsweats01

 そもそも、彼は本物のトレイルランナーだし、私より16歳も若い
ので私が競える相手ではないんです。鳥海山SEA TO SUMMIT
2013で私を山で追い越した岩手の高橋選手(富士登山競争の
優勝者)と同類なワケで、追い越された後に一種の清涼感を
残していきます。coldsweats01

 それにしても、妙高山はさすがに人気の山ですね。ツアーと
思われる団体さんもいて、かなり賑わっていました。登山道は
狭くてあちこちで渋滞発生。。。

「すみませーん。先に行かせて頂けないでしょうかぁ。。」

と低姿勢で御願いしながら山頂ゴールを目指しました。黒沢池
から山頂までのコースは30年前に登りましたが、殆ど覚えて
いなくて、

「最後の登りが急だったよなー。」

程度の記憶しかありませんでした。

 で、その記憶に間違いはありませんでしたが、「競争」となると
メチャクチャに苦しい。もう心臓バクバク。wobbly

 しかし、ゴールに着けばその苦しみから一瞬で解放されます。
8時50分頃到着で、自己記録は約3時間40分。平野さんから
約10分遅れたみたいですが、上出来です。good

Dscf1597

 こちらは、優勝者の平野さん。

Dscf1600

 驚いて下さい。彼のSEA TO SUMMIT通算成績は、8戦
7勝。二位一回。勝率87.5%sign03なのだ。

 一方、オヤジ代表(?)の私は、7戦3勝。二位3回、3位1回。
勝率は42.9%。彼の半分です。

 まぁ、私もトシの割にはかなり頑張っている方だと思いますが、
彼との差を縮めるのは絶望的に無理です。

 とはいえ、こういう相手だと、負けても清々しいのだ。confident

 私の技術的改善点を教えてくれるし、ストイックな私生活なども
聞くことが出来て大いに参考になりました。

 ちなみに、三位の選手は栃木の永井さん。聞き覚えのある
名前だと思っていたら鳥海大会等のの常連で、入賞歴も多数
あるようです。

 ということで、その3人は一緒に下山したのでありました。
下山口はスカイケーブル駅で、人数がまとまらないと下山バスが
発車しないということで、急いでもしょうがない。走ることもなく、
話しながら普通に下りました。こうやって、交流の輪が広がって
いくのも今大会の楽しさですね。

Dscf1601

 お昼に下山したものの、後続選手はいないので3人を乗せて、
バスは野尻湖へ下りたのでした。山はガスの中。。

 野尻湖に戻ると、カヤック会場は閑散としていました。

Dscf1602

Dscf1603

Dscf1604

 閉会式の17:00までヒマなので、私は愛用のアヤハブラ
SSRで漕ぎ出しました。もちろん、ビキニ海パン一丁。
この開放感がたまらないんだなー。fuji

 カヤックの技術が全く不足しているのは分かっているので、
見たり聞いた事を反芻しながら練習しました。普段漕いでいる
日本海と違って、練習には好適ですからね。

 しかし、体へのダメージは思った以上にあったようで、沖で
沈しました。カヤック(サーフスキー)は本当に難しいです。。

 ということで、一時間で撤収。それでも、戻ってきた選手は
僅かでした。そりゃ、大変なコースだもんね。。。

|

« 妙高野尻湖SEA TO SUMMIT2016 前日 | トップページ | 妙高野尻湖SEA TO SUMMIT2016 閉会式 »

コメント

やったりましたね!
親父代表!!見事です。

鳥海でも爆走期待しております。

ところで。妙高は結果として鳥海よりキツイ?
やっぱり総合的に鳥海が一番ハード?

投稿: らりぽん | 2016年7月27日 (水) 09時42分

>らりぽんさん

 うーむ、難しい質問ですね。確かに妙高大会は
キツイと思いましたが、初めてのコースだったからだと
思うし、鳥海山がキツイと思ったことは無いので比較出来ないというのが正直なところです。

 ただし、飛島スタートならば、鳥海大会が一番ハード
だとは断言出来ます。ハイ。scissors

投稿: ファーマー佐藤 | 2016年7月27日 (水) 18時27分

年のわりにがんばってる、なんてもんじゃ無いでしょう。
一回り以上若い人達をあいてにして、表彰台率100%でしょう。
正に中年の希望の星。

鳥海山も頑張ってください。

投稿: デンキ | 2016年7月27日 (水) 21時32分

>デンキさん

 いや~、嬉しいこと言ってくれるなー。
とっても励みになります。happy01

 鳥海山には、、、平野さんが出場することが
判明しました。がびーんsign03wobbly

投稿: ファーマー佐藤 | 2016年7月28日 (木) 05時26分

佐藤さんお疲れ様でした。
笹ヶ峰でバイクゴ-ルの時の佐藤さんの(ヤバイ)の表情が記憶に鮮明に残ってます。
脅威的だったのは、ゴ-ル後野尻湖に帰ってきてからカヤック漕ぎ出す佐藤さんと永井さんの元気さですよ。
僕は先にゴ-ルしましたが、イベント満喫度では素直に参りました。
日差し強い中よくやるなぁ-
この人たち疲れてないのかねぇ-?? でしたよ。
鳥海ではまたよろしくお願いします。
佐藤さんのホ-ムゲレンデになるのでコンディション整えていきます。

投稿: 愛知の平野 | 2016年7月28日 (木) 16時48分

>平野さん

 いや~、やっぱり強いですね。さすがです。

 ということで、順位は予想通り。(笑)

 さて、大会後に余力が残っているということは、
力を出し切っていないという証拠なので、決して
喜ばしいことじゃないですね。もっと自分を追い込むべき
だったと思います。

 で、日本海と違って穏やかな野尻湖へ折角行ったのに
遊ばないで帰るのも勿体ないし、暑くてもサーフスキーなら
水浴びやドボンしながら漕げるので楽しいんですよ。


 ところで、鳥海大会ですが、折角なので飛島からのスタートを
強くお勧めします。開催の可能性が低いだけに参加しないと
一生後悔するでしょう。こんな機会は二度とありません。(キッパリ)

 ぜひ、ご参加下さい。悪天候等で中止になった場合は参加費が
全額戻ってきますから~。wink

 

投稿: ファーマー佐藤 | 2016年7月28日 (木) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妙高野尻湖SEA TO SUMMIT2016 前日 | トップページ | 妙高野尻湖SEA TO SUMMIT2016 閉会式 »