« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月28日 (月)

サイクル・トレーラーVOL.2②

 MTB改ランドナーとの接続部分が完成しました。

Dscf1909

 これまで使っていたヒッチはアルミ製の荷台に取り付けて
いましたが、今度の大型トレーラーを引くためには強度が
全く足りないので、シートポストへの脱着式にしました。

 また、アームの強度も上げるために、より太く肉厚のステン
レスパイプに変更しました。

Dscf1913

 ちなみに、このボール・ジョイントは、トラクターのユニバー
サルジョイントでした。good

 残る作業は、荷締め用のフックを取り付けて研磨塗装と、
木枠の製作塗装取り付けだけなので、自分の中では完成
したも同然です。delicious

Dscf1908

 これまでの材料費は¥0なのだー。smile

つづく。。

| | コメント (2)

2016年11月27日 (日)

塀塗り

 暇さえあればやっていた塀塗りがやっと終わりました。
夏に一度ハケ塗りでトライしたんですが、とてもじゃないが
面倒臭くてやってらんない。

 そこで、解体現場でゲットしたエアーコンプレッサーを整備
して吹き付け塗装しました。

Dscf1903

 クレオソートにコールタールを混ぜて黒色にしていますが、
ミストが盛大に舞い上がって臭いも強烈なので、換気のため
に扇風機を最強で回して作業しました。

 いや~、速い速い。ハケ塗りの5倍くらいは速いです。

 しかも、ハケでは塗れない狭いところも塗れるので実に
良い具合です。

 それでも、全長80mはあるので、結構な時間がかかりました。
プロに頼めば数十万円なので、ガマンして頑張りました。dash

Dscf1904

 ま、裏側は痛みが少ないのでまだ塗っていないんですけど
ねー。coldsweats01

 他にも塗らなければならない建物が母屋を含めて3棟も
あるので、まだまだ先は長いんです。これら全部をプロに
頼めば、母屋だけで230万円、全部で400万円は下らない
ので、自力でやるしかないのだ。

 実は、母屋の塗装は4年ほど前に半分ほどやって以来
そのままになってるワケでしてー。coldsweats01

 

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

NUVOプラスチック・フルート

「なんでプラスチック製の安いフルートが無いんだろ?」

と、長年思っていましたが、ナンとあったんですねー。

 それは、NUVO。フルートの他にも、サックス、クラリネット、
リコーダーがラインナップされているようです。

 しかも、完全防水で安くて音程も良いらしい。風呂でも雨降り
でも海でも吹けるなんて実に素晴らしいことだぁsign03fuji

 ただし、自分にとって必要ではない物を買って良い自己基準
価格は1万円以下と決めているので、送料税込み¥14,500
という価格に数日考えました。

 が、笛好きな私としてはガマンできないので、ポチリました。smile

Pb240010

 他にも、白色、ショッキングピンク、緑色、青色、カーボン製が
ありましたが、これは一番安い黒色です。遠目には木製に見える
かも知れませんね。(笑)

 早速吹いてみると、普通に音が出ます。低音はやや弱いし、
最高音は出なかったりしますが、スチューデントモデルという
ことだし、値段を考えれば許容範囲でしょう。ピッチに問題は
無いし、速いパッセージも平気なんでね。キーの窪みが妙に
深くて滑りやすいので違和感はかなりありますが。。

 さて、この楽器の画期的な所は、普通は足部管に付いて
いるD#キーが胴部管に付いていることです。付属している
小さな管を取り付けるとD管のフルートとなって、音の抜けが
よくなります。特にD音がクリアーに鳴ります。こりゃ良いね。


Pb240011

 実際、低いCとC#はあまり使わないので、殆どの場合は
D管で良いワケです。

 ということで、高価で大事な楽器はケースに収めました。
今までずっと出しっぱなしだったんだけど。。(笑)

 あ、それと、凄く軽いです。ケースはかなり大きいですが、
私の場合は入れる気が無いので、押入に直行です。wink

 まぁ、結論としては、まともな楽器を持っている人のオモチャ
ですね。これは。残響がある風呂場で遊ぶとか面白そうです。

| | コメント (0)

2016年11月23日 (水)

サイクル・トレーラーVOL.2

 いや~、トラックが無いと本当に不便ですね。農家を廃業した
のに伴ってトラックを処分したことは全く後悔していませんが、
とにかく不便。。。

 そこで、数年前に作ったサイクル・トレーラーを解体して
大型化することにしました。

14509331_1239947466047601_87843054_

 材料としては一年前の解体現場から持ち帰った棚材で、
20×30mmの角パイプと25mmのアングルです。
同僚が酸素切断したために熱で歪んでいたので、体重を
掛けて真っ直ぐにしてから切り残しをディスクグラインダー
でせっせと削り落としました。これが一番面倒な作業ですが、
材料を買う気が無いので我慢我慢。。

 基本となるフレームはコンパネサイズとして、四辺を留めで
組んで溶接しました。それに、コンパネを載せるためのアン
グルを溶接してから中骨を入れました。

 これで、荷台はほぼ完成。上下前後の重心位置を決める
ために、タイヤを仮止めしてみました。

Pb230006

 本当はもっと重心を下げたいところですが、重くなるので
取りあえずこれで作ってみようかな。作り直せるのは鉄工の
良いところだからね~。同じ理由で、サス搭載も見送りです。

 フレーム内に水が入らないように、細部まで溶接しました。

Pb230005

つづく。。  

| | コメント (0)

2016年11月20日 (日)

オーディオ的お遊び

 今日は海山ともダメなので、久しぶりにオーディオで遊んで
みました。

 まずは、20年以上前にFMチューナーを捨てて以来、自室で
聴くことが全くなかったFM放送を楽しみました。チューナーを
買ったワケではありません。パソコンの音声出力をプリアンプに
繋いで、NHKのネットラジオ、「らじる★らじる」を聴けるように
したんです。

Pb200036

 これは結構楽しめますね。何たって、タダだしー。

 次に、OPPOのBDP-105DJP導入以来使わなくなって
いたBDレコーダーのアナログマルチ音声用ケーブルをSACD
プレイヤーに繋いで、久しぶりにSACDマルチを聴いてみました。
再生したのは、ダイアナ・クラール。

Pb200039

 うーむ、2chの方が断然良いな。。

 続いてはミニパラゴンの再生です。ペーパークラフトで往年の
名機を再現した物ですが、ちゃんと音が出るらしい。(笑)

 しかし、作ってから何ヶ月も放置していました。期待値ゼロだ
からね~。

 まずは、メインシステムに繋げるようにと、在り合わせのSP
ケーブルを足しました。SP本体よりも高価なケーブルというのも
ナンですが、重いのでミニパラゴンが後ろに引きずられてしまう
のだ。(笑)

 そうならないようにケーブルに重しを置いて、苦労の末、パワー
アンプに結線してセッティング完了sign01。音を出してみましょう。

Pb200038

 予想通りで笑っちゃうほどのペラペラ音。安物のラジカセにも
劣ります。

 しかし、15インチウーファーで超低音を補ってやると一変sign03
1.2インチのツイーター的ユニット+超低音専用15インチ
ユニットが奏でる音楽はなんとも不思議なサウンドで、チョット
楽しい。(笑)

Pb200037

 ということで、その後はいつも通りのシステムで極上の音楽を
楽しんでいます。優雅な日曜日であるなぁ。delicious

| | コメント (0)

2016年11月13日 (日)

月山初滑り

 今日は姥沢まで車で行けるかな?。

 と思って山スキーを積んで月山へ出掛けたら、予想以上の
少雪でした。姥沢まで難なく走れて、積雪は僅か15cm程。
昨日の雨で、すっかり堅くなっていました。

 となれば、その上も同様なワケで、リフト下でも積雪20cm
と過去最低レベル。down

Dscf1862

 姥沢出発時には、仙台のsuperdioaf27さんと遭遇して軽く
言葉を交わしましたが、ガンガン登りたい気分だったので
先行しました。

Dscf1863

 しかし、今日はとにかく暖かくて、ペースを上げると暑すぎた
ので、リフト下ではペースを大幅に落として登りました。

 それでも、先行していた3人に追いついたので、話しながら
ノンビリ登っていると、

「もしかして佐藤さんですか?」

と訊かれました。近年、見ず知らずの方から山中でそう訊かれる
ことが多いんですが、このブログの効果でしょうかね?。

 その御仁は、sakanoさんのお知り合いのせんださんでした。
こうやって知り合いがジワジワと増えていくのも山スキーの
妙味でもあります。

Dscf1870_3

Dscf1874

 それにしても、雪が少なすぎました。他の方々は山頂を目指
したようでしたが、私は滑ることが目的なので、雪が続いている
姥ヶ岳の山頂直下で登高を中止して滑りました。堅雪でしたが、
半年ぶりの滑りは楽しかったです。good

 で、今週は寒気が弱いみたいなので、次回の山行は再来週
以降になりそうですねー。

 

| | コメント (6)

2016年11月12日 (土)

たまにはフルート

 今日は現場が休みで、社内の楽な仕事をしたからか疲労感
ゼロ。

 そこで、超久しぶりにフルートを吹きました。多分半年ぶり
くらいか。。coldsweats02

 今夜は、本格ジャズバンドのマイナスワン伴奏に合わせて
スタンダードナンバーを吹きまくりました。これはかなり気持ち
良いです。(^〇^

 が、楽器は普段から出しっぱなしでも全く吹かないので、
ろれつ が回らないような演奏になるんだな。吹く前に酒も飲んで
いるので、 まぁ当然なんですが。(笑)

 それにしても、楽器は良いですね。私がこよなく愛するアウト
ドアスポーツと違って危険性が全く無いので、老人になっても
続けられますから。

 ということで、20年後のためにも、すっかり忘れないように
たまには吹かないといかんのだー。(笑)

Pb120035


| | コメント (0)

2016年11月 7日 (月)

煙突補修

 めっきり寒くなってきて、風の小屋の季節到来です。
薪ストーブの温もりは最高に気持ち良いからね~。heart04

 以前は自作のドラム缶ストーブを使っていましたが、東日本
大震災の停電時に接ぎ木したばかりのスイカ苗を守るために
夜通しでガンガン焚いたらボロボロになってしまいました。
室温30℃以上だったからね~。パンツ一丁で頑張りました。

Img_1103

 で、今使っているのは友人から貰ったストーブで、私なりに
拘って設置しました。煙突の下半分を二重構造にして、中には
グラスウールを巻いています。

 その上、排煙効率を最大にするために、横管を使わずに
垂直に4.5m伸ばしています。そのおかげで、煙が逆流する
ことは全くありません。着火時にでもです。

 しかし、垂直設置の弱点は雨漏りしやすいこと。半年ほど
前から目留めのパテが劣化して雨漏りしていたんでです。
鋳鉄製なので当然錆びるワケで、ヤバくなってきました。

Dscf1861

 そこで、劣化したパテを取り除いてから耐火モルタルで
目留めしました。密着を良くするために、口に含んだ水を
吹いてから作業開始。約30分で完了しました。
もっと早くやれば良かったですぅ。coldsweats01

Dscf1858

 

| | コメント (0)

2016年11月 6日 (日)

風の小屋ドラム缶風呂飲み会

 昨夜は風の小屋で山仲間と酒飲み~。今回は究極のドラム
缶 風呂を持ち込んで楽しみました。

Dscf1843


Dscf1853

 料理は鉄板焼きや松茸の網焼き等。酒は、「八海山」の純米
吟醸酒を始めとして、限定ビール、芋焼酎、地元の日本酒、
ウイスキー、ジンと豊富で、飲み会はナンと8時間に及んだ
のだー。smile

Dscf1839


Dscf1856


Dscf1854

 で、風呂には水をジャンジャン足しながら6人全員が何度も
入りました。火力調整が自在に出来るので、深夜2時の就寝前
に薪を投入しておいたら、今朝9時になってもまだ45℃ほども
ありました。薪はタダでゲットしたニシセアカシアなので燃料代
は¥0だし、移動自在で体の芯まで温まって湯冷めしない。
正に「究極」なのだー。fuji

「作って売れば良いんでね?。」

と言われましたが、売れるとはとても思えないな。。despair

| | コメント (0)

2016年11月 2日 (水)

焼肉プレート 

 何度も使っての感想ですが、イワタニの焼肉プレートは凄く
良いです。

Pa300031

 普通のカセットコンロに載せるタイプで、結構大きいです。
中火で使うと肉が焦げずに程よく焼けて、余分な油は水を
張った受け皿に流れるので煙も立ちません。

 しかも、テフロン加工なので、洗うのがチョー簡単。
何たって、¥1,400程で買えるのだ。こりゃ良いね。good

 イワタニでは焼肉専用グリルを発売したようですが、これで
充分。マジで、お勧めです。(^^v

| | コメント (0)

2016年11月 1日 (火)

TLTアイゼン 90mm

 30年振りでスキーアイゼンを買い換えました。
買ったのは、ディナフィットTLT用の90mm。

Pb010035

 今年の3月だったと思いますが、ガリガリの鳥海山で使った
ら、愛用のアイゼンの爪が左右に大きく開いていたんです。

「あ゛ー、これじゃもう使えないな。金属疲労か!?。」

 無理もありません。チロリアTRB用の純正品ですが、あまり
にも酷使したからかビンディングは2年で完全に壊れたので、
頑丈さでは定評のあったジルブレッタの302&402に変更
したのに伴って、それ用に無理矢理改造して13年使いました。

 その後、超軽量化のためにディナフィットTLTspeedへの変更
に伴い、TLT用に改造して更に5年使いました。

Pb010036

 ということで、十二分に元は取りましたが、改造アイゼンに
取り付けていたボンネットゴムは新しいアイゼンに移植します。
これがないと登高時に爪が深く刺さらないんでね。

 あとは山に雪が積もるのを待つばかりですが、今日はグッと
冷え込んでかなり冷たい雨が降ったので、山は雪でしょう。
サーフスキーの後は山スキーのシーズンなのだ。

 昨シーズンは異常な少雪だったので、今年は期待しています。
楽しみだのや~sign03happy01
 

 

| | コメント (2)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »