« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月31日 (土)

ローリング・ローイング・マシン完成!!

 ジョーバの修理に必要なパーツは、結局手に入りませんでし
た。3年前に部品供給が終わっていて、パーツ展開図を見せて
貰った ら、必要なパーツは載っていませんでした。モーターと
ギアボック ス、昇降軸がセットになったアッセンブリーになって
いたんです。そんなのアリかsign02shock

 ということで、メーカー修理も出来ないとのこと。wobbly

 仕方ないので、ダメ元でパーツの再生を試みました。
エポキシ樹脂を充填してからタップでネジ山を切り出しました
が、 正常に動いたのは最初だけで、すぐに潰れてしまいました。
動くのはシートの上下位置の調整だけで、ジョーバ本来の動き
は全くなくなりました。ローイングマシンは使えますが、ジョーバ
の揺れがなくては全然楽しくありません。

 ウーム、なんとかならんものか??。シートの傾斜角調整が
出来ないのは構わないものの、それ以外は動かせるハズ。。。

 観察した結果、パンチカードのような黒い短冊がカギだと
気づき ました。差したり抜いたりしているうちに、正常に動作
する所を ピンポイントで見つけました。かなりシビアでしたが、
そこで折ってテープで固定しました。やったぜベイビー!!。
持ってきた時は手動ボタンしか使えなかったのが、自動メニュー
も使えるようになりました。happy01

 ということで、動画を撮ってみました。ジョーバの動作を
段々 速くしていって、最高速にもチャレンジ!。
さすがに漕いでいら れませんでしたー。(笑)

 ということで、ローリング・ローイング・マシン完成sign03

https://www.facebook.com/satoshi.sato.311/videos/600901686763993/

| | コメント (4)

2016年12月27日 (火)

ジョーバが壊れた

 カヤック用ローイング・マシンがほぼ完成し、そのシートとして
本格的に活躍して貰おうと思ったのも束の間。
ジョーバEU6442のシートが最前傾したまま動かなくなって
しまいました。

「あ゛ー、これじゃ漕げねしー。」crying

 良~く聴いてみると、モーターは回るので機械的な故障の
ようでした。

 そこで、開けてみると、やはりそう。昇降用のギアボックスから
昇降軸が抜け落ちていたんです。

Dscf1939

 貰ってきた時からシートが手動でギコギコ上下するのでヘン
だとは思っていましたが、なるほどそういうことね。

 つまり、ギアボックス内で昇降軸と接しているギアの山が
潰れてバカになっていて、正常ではないもののこれまで何とか
動いていたんですね。

 しかし、昇降軸がギアボックスから外れないように付いていた
ストッパーのボルトが緩んで抜けたために昇降軸が抜けて、
最前傾姿勢で引っかかったというワケです。

 そこで、ギアボックスを分解すると、ダメになったギアを簡単に
取り出すことが出来ました。この際なので、ちゃんと修理しようと
思いますが、もはやパーツ交換するしかありません。

Dscf1944


Dscf1942

 で、写真を撮ってナショナルのサービスにファックスでパーツ
2点を注文しました。ネジ山がバカになったのは、親指の中の
部分です。

Dscf1950

 ところが、修理パーツは販売店以外には出せないとのこと。
えー?、こんな簡単な修理なら誰でも出来るでしょsign02
お金は前金で払うからー。

 と言ってもメーカーの方針は変わらないので、販売店に
注文するしかありません。もう正月休みに入るので、直るのは
しばらく先になるなー。ガンガン漕ぎまくろうと思っていたので
とっても残念です。。catface

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2016/12/post-849d.html

へづづく。。
 

| | コメント (0)

2016年12月26日 (月)

カヤック用ローイング・マシン

 雪がサッパリ降らないので、昨日は一日中工作をしていま
した。解体現場でナショナルの健康器具「ジョーバ」をゲット
したことで閃いたのが、二ヶ月ほど前。

「んだっsign01、エルゴマシン作ろっsign03

 うねりがある海で漕ぐ感じを家での練習でも再現出来る
としたら、これは画期的だと思ったワケです。

 ところが、ジョーバへのフットレスト取り付けはすぐに出来た
ものの、パドリングに必要な負荷をどうやってかけるかは難問
でした。回転運動だし、入水直後に最も負荷がかかるので、
ゴムチューブは使えません。K-1エルゴマシンという市販の
練習器具があるそうですが、見たことすらないんですから。。

Pc260037

 そこで、ネットで探してみました。写真と動画を見つけました
が、内部構造は全く分かりませんでした。まぁ、分かったとして
も材料を買う気がないので、殆ど意味無いですがー。coldsweats01

 そこで、考えに考えました。

 その結果得た結論。

「回転運動なんだから、自転車を使えば良いんでねsign02。」

 幸いなことに、私はオリジナル自転車の製作を趣味にして
いるので材料は揃っています。今回はママチャリのフレームを
使いました。他の材料は工房を隈無く探して調達。昔作った物
や廃材を最大限使って組み上げました。研磨と塗装をする前に
試運転というワケです。

 しかし、すんなりとはいきませんでした。長くしたクランクに
細引きを繋いで引いてみると、全くスムーズに回らなかった
んです。イメージとして、パドリング時に上から引き降ろす方が
良いかと思ってフレームを取り付けたものの、試した結果は、
下から引く方が実際のパドリングに近かったんです。

 そこで、フリーハブを溶接して固定しました。フレームを
反対にして取り付け直すのはかなり面倒なんでね。

 お次は、ホイールの慣性不足対策。空気抵抗を増やすため
にビニールホースとアルミ板を取り付けたので、ホイールが
スムーズに回ってくれなかったんです。

 となると、フライホイール効果を持たせるには重くするしかない
ワケですが、材料費は掛けたくない。。。
 
 ということで、家の回りを探索したらありました。捨てておいた
鉄の丸棒が。直径30mmなのでかなり重いです。研磨してから
15cmでカットして計量してみると、一個920gありました。
これをホイールに9個取り付けました。

Pc260035

 クランクの長さと細引きの長さを調節して引いてみると、
快調に回るようになりましたが、引いた時にガツンとくる
ショックがありました。

 これの解消策には、短いショックコードを使いました。

Pc260036

 今度はかなり良い感じで、サーフスキーで実際に漕いでいる
イメージに近いです。

 が、細引きがホイールの軸に絡まるというトラブル発生。

 そこで、細引きガードを取り付けました。今度こそバッチグーsign03
負荷も丁度良い感じで、気持ちよく漕げます。

 ということで、ジョーバを起動させて15分間漕いでみました。

 てか、ジョーバの動作時間は基本的に15分なんです。
私のサーフスキーでは2Km漕に相当します。

 その結果、気持ちの良い大汗かきましたー。happy01

 自画自賛ですが、これは使えます。なんたって、製作費が
たったの¥2,400なのだー。fuji

Pc260033

 それと、ホイールが回りすぎないように、ドラムブレーキを
少しだけ掛けています。当然ですが、調整自在です。good


 ちなみに、負荷をもっと大きくするためのシロッコファンも用意
してあります。ビニールハウス用の大型暖房機を解体した時に
取っておいた物なので、勿論タダ。smile

 後は、溶接箇所を研磨して塗装すれば完成です。


Pc260034

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2016/12/post-7a9d.html

へつづく。。

| | コメント (2)

2016年12月21日 (水)

姥ヶ岳2本

 先月12日以来で、月山へ行ってきました。

 この一ヶ月は、爺様の容態が急激に悪化して先週に亡く
なり、葬式から今日で6日目。ようやく一息つけました。
まだやることは沢山あるんですけどね。

 ということで、比較的に穏やかな今日は山日和となった
ワケですが、積雪量と雪の状態は完全に予想通りでした。
志津付近は、この時期には有り得ないような少雪で、雪質は
まるで春。bearing

Dscf1927

 電柱コースは登れましたが、やはり腐れ雪でした。

Dscf1928

 しかし、さすがに月山ですね。リフトの中間付近からは積雪が
グッと増えてきて、姥ヶ岳はほぼ真っ白でした。good

Dscf1934


Dscf1936

 といっても、視界が得られたのは姥ヶ岳の頂上まで。

Dscf1937

 間もなく、濃いガスに覆われてしまいました。。。

 それでも、堅い雪を快調に飛ばして、姥沢を気持ちよく滑走。
バッチグーでした~。happy01

 さーて、「プシュッsign01」と一発やった後は2本目~。dash

 福島からの単独行者を追い抜いてリフト終点に着きましたが、
一面真っ白。何も見えません。移動性高気圧の中心付近である
ことは間違いないので、コンパスをセットして登りました。

 頂上はまだ風が強くて寒かったので、サッサとシールを剥いで
滑降です。視界ゼロでの滑降は、視界ゼロの水中に潜っている
時と似たような感覚があって、難しいですね。一回転けてしまい
ました。

  それでも、姥沢に入れば大丈夫。雪質が悪くなっても快調に
滑りました。電柱コースも踵加重で滑りきりました。
やっぱ、山スキーは楽しいねー。fuji

 

| | コメント (0)

2016年12月11日 (日)

サイクル・トレーラーVOL.2③完成!

 サイクル・トレーナーVOL.2がようやく完成しました~。
私の設計製作ですから、当然のように市販品には皆無の
規格外です。(笑)

Dscf1922

Dscf1925

 ペンキの二度塗りで時間が掛かりましたが、実は2回目の
塗装前にゴミ出しに使いました。燃えるゴミ用大袋20袋を
山積みにして一度で運搬。こりゃ便利だわ~。fuji

 その後に仕上げて、バックパネルを開閉式にしました。
重量物を載せる時は、やはりあった方が良いでしょう。

Dscf1921

Dscf1923

 で、総費用としては、ペンキ代と蝶番、反射テープ代で、
約4千円也。プロに頼めば20倍はするでしょう。

 やっぱりね、これからは人力の時代だと思うワケですよ。
ハイブリッドなんて、まだまだ甘い。エネルギー危機を回避
しようとするならば、全く無駄のない暮らしをしていた昔に
こそ、そのヒントがあると思うんだなー。健康にも良いので、
医療費の軽減にも寄与するでしょう。

 ということで、これからバンバン活躍して貰いましょう。
目立ちすぎるという懸念は若干ありますがー。coldsweats01

 その後、スタンドを取り付けました。↓

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2017/02/post-fdaa.html

| | コメント (0)

2016年12月 6日 (火)

大扉の修理

 やっと冬らしい空になってきたと思ったら、突風で車庫の
扉が壊れて飛びましたー。crying

 見れば、かなり酷い壊れよう。。。

Dscf1914


Dscf1915

 片側の上下ともに壊れて、もう一辺も壊れかけていました。
もはや作り直すしかないsign01、というのが普通の考え方ですが、
面倒なので修理しました。その方が断然速いので。wink

 材料としては、米穀乾燥機を解体した時に取っておいた
鉄の平板と、解体現場でゲットしていたアルミのアングルを
使いました。

 なので、修理費はビス代だけで、殆どタダみたいなもの。
最後に錆止めスプレーを作った金具に吹きましたが、僅かしか
なかったので全部は塗れず。溶接部だけは塗りましたがー。coldsweats01

Dscf1916

 さて、問題は車庫への取り付けです。暴風雪となったので、
大きな扉を運ぶのはかなりヤバイんです。

 そこで、風が息をつくタイミングを見計らって、工房から車庫へ
運んで取り付けました。

Dscf1918

 今回のような修理法は真ん中の扉には使えないので、
壊れる前に補強しておいた方が良さそうです。confident

                                 

| | コメント (2)

2016年12月 1日 (木)

ブルーレイの大人買い

 映画のブルーレイ・ディスクを9枚も買いました。
これぞ、大人買いなのだー。(笑)

Pc010015


 実は全て中古品で、大半は¥580也。良い時代になった
モンです。(^〇^

 しかも、不要DVD&ブルーレイを20枚ほど売却したので、
持ち出しナシ。私に収集癖は無いので、何度も観たいと思う
作品以外はどんどん処分しちゃいます。

 全身羽毛服に包まれて温々だし、酒飲み放題というのは
映画館には無い贅沢なのだ。邪魔も入らないしねー。

 でも、ついつい飲み過ぎて寝ちゃったりもするワケでー。(笑)

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »