« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月29日 (火)

ツエルト用フライシート完成!

 鳥海山sea to summitの初日。その準備もせずに早朝から
特製自立ツェルト用フライシート作りをしていました。 (笑)

 全く使わなくなっていたici石井スポーツのツェルトを大胆に
裁断してミシンで末端 処理。張り綱を結ぶベルトを取り付け、
フレーム両端に引っ掛ける ショックコードを結んで完成で す。
妻面がやや短いですが、快適性が大幅アップです。

 しかも、僅か230g。嬉しいな〜。(^〇^

21078747_716085855245575_1574016087


 ついでに、切り落とした生地で、車のドアに取り付けて
使う、水浴び&着替え用の即席ブースを作りました。

P8290001

 これまでは、隣に車が無いと困りましたが、これならば
いつでもどこでもオッケーsign03

 しかも、製作費¥0が嬉しいです。good


| | コメント (0)

2017年8月27日 (日)

鳥海山 SEA TO SUMMIT 2017

 鳥海山SEA TO SUMMIT2017が終わりました。練習は
取りあえずしていましたが、実はモチベーションが全く
上がらなくて、どうしたものかと思っていました。
 
 しかし、いざ本番となれば、アドレナリンが出ますね。
カヤックは、狭い範囲に艇がひしめいて思うように漕げ
なくて、ナンと2回も沈。自分でもビックリです。(@@

 しかし、自転車は割と調子が良くて、クランクギアの
インナーを封印したまま鉾立に向けて駆け上がりました。
陣屋の先くらいで全車を追い越してトップに立つと、
後は一人旅。山仲間が車2台で他の選手の動向を教えて
くれるので、後続の速い選手が追い上げているのが分かり
ました。戦術を考えられるので、サポート隊の存在は非常
に助かります。

 ということで、今期のベストタイムを若干更新してバイク
ゴール。すぐにハイク装備を身につけて登山開始です。

 今回は、いつも以上に、「走ってはダメッ!!」という
競技説明があったので、歩きに徹しました。走っているよう
に見えかねない歩き方は封印したワケです。

 結局、後続選手の姿を見ることなく山頂ゴールすることが
出来ました。総合タイムは、3時間22分55秒。

Img_0636

 山頂下のスタッフが、

「ブッチギリの優勝です。」

と言いましたが、実際はそうでもなくて、2位の選手は3分
9秒差でのゴールでした。話をお聞きしたら、静岡から遠征
してきた現役のトライアスリートでした。

 しかも、以前は自転車のヒルクライムをやっていたとな。
道理で、バイクが速かったワケです。

 3位には地元のエース、荒木さんが入りました。
選手名簿のコメント欄に、

「運動不足なので、のんびり楽しみます」

と書いてあったので、

「そりゃ、絶対ウソだろ!!??。油断させてブッチギリの
優勝を狙っているに違いない!!」

と思っていましたが、イロイロと忙しかったようで、本当に
練習出来なかったみたい。それでも3位に入るんですから
さすがだと思いました。

 今回は多くの一般登山者から随分と声を掛けて頂きまし
た。励みになりますね。下りでも声援を頂きましたが。(^^;;

 さて、いつものように11時過ぎには鉾立に戻りました。
何だか、いつもとは違う賑わいというか雰囲気を感じたん
ですが、24時間テレビで鳥海山SEA TO SUMMITを紹介
するということでした。

 そこで、唯一下山していた私がターゲットになりました。

 は?、24時間テレビって、一度も見たことないんだけ
ど。オレ。(^^;;

 でも、テレビやラジオの取材には慣れているので気軽に
引き受けました。YBC山形放送の可愛いリポーター、
松田春香さんのリードで無事に終わりましたが、全国中継
の生放送は初めての経験でした。秒単位の仕事をしている
彼らって凄いですねー。 

P8270139

P8270136

つづく。。。

| | コメント (11)

2017年8月22日 (火)

ツエルトの手入れ

 天気次第ではありますが、7年ぶりで北アルプスへ行くこと
にしたので準備を始めました。気持ちはもう長野県に飛ん
じゃってます。(笑)

 まずは、ツエルトのお手入れ。私が長年愛用しているのは、
ヘリテイジのスーパーツエルトSですが、ダンロップ式の逆
T字型ファスナーを入り口に取り付けているので、出入りが
非常に楽チンです。

P8220080

 さらに、貰い物のアライテント製フレームを使って、モンベル
のムーンライト式の自立フレームを作ったので、どこにでも
張れます。使い勝手は最高です。(^〇^v

P8220078

 内部にはモンベル製のインナーフレームを加工して使って
いるので、充分な広さが確保できて居住性も良い。


 しかし、雨には弱いので、防水スプレーを吹き付けました。
まぁ、気休めなんですけどね。(^^;;

 いや~、楽しみだな~~。fuji

| | コメント (0)

2017年8月17日 (木)

最終練習

8月15日

 いや~、すっかり秋めいてきましたね。
早朝に鉾立へ車で行って自転車で西浜まで下りましたが、
鉾立の気温は午前5時で16℃。11日と比べれば5℃も
低くて肌寒かったです。

 ですが、下りでの最高速度記録を更新して、76.8Km/h。
80Km/hは遠いなぁ。175mmのクランクはそのままに、
もっと脚が回るようにならんものか。。。

 ギアは、最低ギア53×21Tで登りましたが、西浜海水
浴場から1時間16分でした。自己ベスト更新はかなり
厳しいのぉ。。。

 登山者も多かったですが、山の日と比べれば半分以下
の感じか。その位なら登る気にもなるワケで、御浜を往復
しま した。所要時間は1時間15分。40代までは登りと
下りの時間がほぼ同じだったのに、今回計測してみて、
登りの方が8分も遅いことが判明しました。
やっぱトシだわ~。

 ということで、イロイロと考えさせられた、鳥海山SEA TO
SUMMIT前最後の練習でありました。

| | コメント (2)

2017年8月12日 (土)

ロイヤル12年物

「あれっ?、ロイヤルってこんなに旨い酒だっけ??」

 と思って、爺ちゃんのタンスの奥から出てきたウイスキーを
調べてみると、1万円以上するみたいです。 12年物ですが、
あった場所から推察すると、箱に入ったまま少なくとも10年
以上は我が家で寝ていたハズです。

 サントリーロイヤルの栓にはコルクが使われています。
ワイン同様に、立った状態で長期保存された物はダメです
が、これは殆ど日が当たらない部屋のタンスの奥深くに
箱入りのまま保管されていたのが幸いしたようです。

 いや~、旨いなぁ~~。爺ちゃんありがどー!!。 

 ちなみに、ロイヤルには栓の封印を切るという楽しみが
あります。今日は愛用のナイフである放鷹刀を使いました。
幾多の獲物を解体した、使い勝手抜群の逸品です。
旨い酒の引き立て役にも最高なんだな~。(^^v

P8120077


| | コメント (0)

2017年8月11日 (金)

廃道整備②

 先週に続いて、鳥海山の廃道整備をしてきました。

 と、その前に、ヒルクライム練習を一本。
いつものように西浜海水浴場から鉾立までですが、
今日はクランクのインナーとカセットの23&25Tを
封印して、最低ギア53×21Tで駆け上がりました。
10%の坂はオールダンシング。

 その結果、先々週の今期ベストに並ぶ1時間15分
でした。14分で行けそうな気がしてたんだけどなー。。
仕事で減量バッチリだから。(^^;;

 、でも、下りでの最高速度は76.4Km/hを記録しました。
自己ベスト更新です。まだ伸びしろがあったことがチョット
嬉しい。。

 さて、廃道整備の方は困難を極めました。道路の
痕跡が全く無いので、

「道を作るとすればここか??」

みたいな感じで進みました。GPSは頼りになりません。
草刈り機で深い藪を払い、太い枝や幹はノコギリで切り
ながら約50m進んだものの、サッパリ分からない。。
蚊も邪魔くさいので今日はこれまで。

 自宅のPCで軌跡を確認したら、良い線いってるものの
微妙にずれてるしー。ウーム、難しい。。。

 ということで、グチャグチャになったGPSのログを
全て消去してから、地図上のトラックを入れ直しました。
誤差が生じるからあまり頼りにはならないんですが、
参考にはなるでしょう。

 下から登る際の林道終点までは直線距離で100mも
ないのに、現場は曲がりくねっているので、残り200m
程か。

「この際、元の道路は無視するか??」

という思いも頭をよぎりますが、もう少し足掻いてみます。

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

ナンじゃこりゃタイヤ

 おニューのMTB、キャノンデールのジキルでトレイルラン
に出掛けたのは先週のことです。長い階段を下ったりして
フルサスの感触を確かめてから林道へ入りました。
 
 が、なんでもない砂利道で後輪が突然パンクしました。

「え゛ー、マジかよ~。チューブレスタイヤだぜ~?。」crying

 仕方ないので、持参したチューブを入れようと思いましたが、
ガーンsign03、クイックじゃないsign03

 5mmの六角レンチなんて持っていないので、近くの
自動車屋まで引いていって工具を借りました。
いや~、山奥じゃなくて良かったー。

 私の場合、自転車のタイヤはレバーを一切使わずに
脱着するんですが、チューブレスタイヤのワイヤービード
は堅すぎて無理でした。。今時の自動車屋はタイヤレバー
なんて使いませんが、大正時代のだという小型レバーが
出てきたので助かりました。

 するとビックリ。チューブレスタイヤの中からチューブが
出てきました。キャノンデールはナンチュー仕事をしている
んでしょう?。呆れましたねー。down

 しかも、チューブの穴は、リムテープが当たる部分でした。
リム打ちはしていないし、何かが刺さったワケでもない。
中国製粗悪チューブだったようで、3mm程裂けていました。

Dscf4202


Dscf4203

 
 ということで、そのタイヤには見切りを付けて別のタイヤ
を買いました。今は26×2.3インチのチューブタイヤって
非常に少ないんですね。やっと見つけたのが、IRCの2.25
インチでアラミドビード。これならレバーが必要ありません。

Dscf4204


 早速走りに出掛けたいところですが、暑すぎるので海で
サーフスキーだな。delicious

| | コメント (2)

2017年8月 5日 (土)

廃道整備

 小砂川からMTBで鳥海ブルーラインを目指したのは6月の
ことですが、直線距離であと500m程の地点で行き止まりと
なりました。

「おっかしいな~。この道のハズなんだけど??。」

ということで、ブルーライン側から偵察したのが一ヶ月ほど前。

 そこで、今日は「鳥海山sea to summit」に向けた練習で、
西浜からのヒルクライムと鉾立から山頂神社までの競歩
登山をこなしてから廃道整備をしてきました。

 なんせ、私がオフロードバイクで走っていた35年前でさえ
廃道でしたが、今や完全に荒れ果てて走行不能です。

 ということで、草刈り機に新品の刃を取り付けて挑みました。
幅約1.5m幅の下草と、覆い被さる枝を切り落としながら進み
ました。太い枝というか幹は100mm程。さすがに一発で
切ることは無理なので何度も刃を当てて切りました。落石も
多いので刃を当てないように気を付けました。

 悪戦苦闘すること2時間。700m進んだので整備された
林道と合流しても良いハズですが、道の痕跡が消えました。

 ウーン、おかしいなぁ。杉林が見えるから、あと少しの
ハズだども。。。

 仕方ない。今日は撤退です。

 帰宅してからGPSの軌跡を照合しました。
その結果、惜しい地点まで到達していたことが分かりました。
現場ではコンタクトレンズをしていたので、GPS画面が良く
見えなかったんですよね。老眼だから。(^^;;

 PCで確認すると、不明になった地点は曲がりくねっていて
分かりにくいのでした。距離としてはあと250m。

「楽しく遊ぶために汗を流す」

という山の環境整備を今年の冬山からやっていますが、もう
少しでMTBの為のルートが貫通する気がしてきました。 

20597025_706502162870611_1782445198


20597241_706502142870613_2472591707


20604552_706502166203944_8605463087


| | コメント (0)

2017年8月 1日 (火)

妙高野尻湖SEA TO SUMMIT2017 リザルト

 妙高野尻湖sea to summit2017のリザルトが公開され
ましたね。

http://www.seatosummit.jp/news/article353

 いや~、面白いな~。

 私の順位としては、カヤックは19分36秒で、1位の
池内さんとは33秒差の2位。バイクは1時間2分17秒
で、2位とは1分50秒差の1位。ハイクは1時間36分
6秒で、1位と7分33秒差の4位でした。

 カヤックに関しては、嫌らしい波が立ってバランスが
気になって全開漕行が出来なかった割には良かったかも。。

 バイクは、もっと自分を追い込めば1時間を切れた気が
します。

 問題はハイクですな。雨が降らなかったら、2位の選手に
ブッチギリを許していたでしょう。悔しいですが、トシを
痛感しました。

 さて、sea to summitで優勝するのが年々難しくなっています
が、そのワケはバリバリのアスリートの参加が多くなってきた
からに違いありません。今回は、新潟県のトライアスロンチャン
ピオンで、全日本の年代別チャンピオンだった選手が出ていた
し、2位の選手も同様。3位は佐渡のトライアスリートである
山口さんだし、同年代の矢部さんもそうです。おそらく他にも
いたでしょう。

 一方の私は、酒好きの山ヤという、およそアスリートとは
言えない中年オヤジでありながらも彼らと競えるのは、実に
ユニークだと思うワケです。

 幸いにも、今回のような悪条件では登山経験豊富な私に
軍配が上がったワケですが、非常に厳しかったです。
やっぱ、トライアスリートは体力あるわー。

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »