« シャフトの木取り | トップページ | ボブ・キンドレッド・カルテット「ボレロとブルースの夜」 »

2018年3月13日 (火)

ピッケルお試し山行

 今日は自動車運転免許の更新講習(30分)のために
休みを貰ったので、その後は鳥海山へ直行しました。
天気図を見ながら講習日の予約をしたのは言うまでも
ありません。(笑)

 さらに、昨日は雪が降ったし、急激な気温上昇でアイス
バーンが溶けて、シールが効くことが期待できました。
登山開始時間が11時過ぎだったからね~。

 しかし、さすがに時間的に頂上アタックは無理なので、
再生したばかりのピッケルを試すことを主な目的にしました。
別に急斜面じゃなくても、アイスバーンがあればOKです
から。

P3130001

 風は強いものの、天気はまずまずでした。

P3130003


P3130004

 トレースが無い斜面を登るのは気持ち良いです。

P3130006


P3130007

 河原宿まで登ると、気温0℃で強風が吹いていました。
全面アイスバーンの地吹雪なので、それ以上登るのは
止めてピッケルのテストをしました。壁に見立ててピックを
突き刺すワケです。

 その結果は、なんとまぁ、しょうもない。。wobbly
ヘッドが重いのですんなりと食い込みますが、加重すると
ツルンと抜けてしまうんです。

 さらに、シャフトを突き刺そうとすると、木口が堅雪に
効いてそれ以上刺さらない。。。

「ありゃー、こりゃ使えねしー。」catface

 全くの役立たずです。縦走用ならばピックが長いので
滑落停止は出来るでしょうが、壁では全く使えません。

 ということで、飾り物決定です。期待はしていません
でしたが、予想以下でしたー。coldsweats01

 下りは、マタフリ沢の上がパックされた雪だったので、
快適に滑ることが出来ました。樹林帯の腐れ雪も問題なし。
結果オーライの山行でした。wink

 

|

« シャフトの木取り | トップページ | ボブ・キンドレッド・カルテット「ボレロとブルースの夜」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャフトの木取り | トップページ | ボブ・キンドレッド・カルテット「ボレロとブルースの夜」 »