« ピッケルお試し山行 | トップページ | 800D3試聴会 »

2018年3月17日 (土)

ボブ・キンドレッド・カルテット「ボレロとブルースの夜」

 届いたばかりのCD、ボブ・キンドレッド・カルテットの
「ボレロとブルースの夜」を聴いています。
ヴィーナス・レコードが発掘したテナーサックスのベテラン
で、2004年発売の「ブルームーン」に続く2作目ですが、
2007年に出ていたのを数日前まで知らずにいたんですよ
ねー。(^^;;

 まぁ、その分、廉価盤で安く買えたのでヨシ。紙ジャケを
プラケースに収めてから鑑賞です。

P3170012


 いや~、良いなあ。ボリス・コズロフのベースと始まった
ので、ベースフェチの私は痺れまくりです。ボブのテナーも
最上級で、気負いは全く無い。ワンフレーズを聴いただけで
彼と分かる個性があります。録音が良いこともあって、昔の
巨人達より断然好きです。

P3170011


 ピアノはジョン・ディ・マルティーノ。ヴィーナスレコード
の常連で、最高のサイドメンです。私も大好き。
さすがに、早朝から酒を飲むわけにはいかないのが残念
ですが、気分最高です。今日はやることが沢山あるので、
モチベーションも上がります。(^〇^

|

« ピッケルお試し山行 | トップページ | 800D3試聴会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピッケルお試し山行 | トップページ | 800D3試聴会 »