« ヘルメット改造 | トップページ | 客人用MTB »

2018年3月21日 (水)

さらばSEA TO SUMMIT!!??

 大山SEA TO SUMMITのエントリ ーが始まったんですね。
要項によれば、今年は上位表彰が無いという。
大会の趣旨から言えばそれが本来あるべき姿だと思います。

 でもね、私の場合は、2012年に初めて参加した鳥海山sts
から去年の鳥海山stsまでに参加した11大会全てにおいて
優勝を狙ってきました。どんな強敵がいても最初から諦めた
ことは一度もありません。勝つために、サーフスキーを買った
程です。モンベルの辰野会長からは、

「それ、反則だよ〜。」

と、遭う度に言われましたが、会長自作の替え歌の歌詞にも、
勝ちに拘る一節がありました。本当は、レースにしたいのかも
知れませんね。

 さて、sts発祥の地である大山が表彰無しとなれば、他の
開催地にも波及する可能性は大でしょう。

 そうなれば、、仕方ない。卒業するか。。

 去年の宮古シーカヤックマラソン大会の前夜祭で青森の
大ベテランから言われたんです。

「若い者さ道を譲れ❗️。」

 そう言われても、それは違うと私は思ったんです。
スポーツにおいては若い者が勝つのが当たり前で、
還暦が近いジジイに負けるなんて、だらしないことだと思う
んです。

 カヤック、バイク、登山の三種競技なんて他には無いので、
他の大会も表彰無しなら、残念ですが他に目を向けます。

 などとFBに書いたら、大会関係者の話として、今年は
全大会で表彰無しらしいとの情報を得ました。確定では
ありませんが、信憑性が高いです。

|

« ヘルメット改造 | トップページ | 客人用MTB »

コメント

SEA TO SUMMIT卒業(予定)ですか~
去年は行けなかったので今年はグッズも新たに超応援!と思っていたのですがbearing
ファーマーさんが新たな挑戦を始めるんだったら今度はそちらを応援しますね(^ω^)

それにしても、ハンデなしの実力勝負の世界の事に「若い者さ道を譲れ!」とは不思議なことを言う人がいるんですね~。。。

日曜日、ファーマーさんが中島に居る!という情報を得たので昼過ぎに向かったのですが、とっくに退散していたんですねcoldsweats01

また、いつか♪

投稿: 通りすがりの新人 | 2018年3月21日 (水) 19時01分

>通りすがりの新人さん

はい、中島台にいました。7時半には帰りましたが。
切り替えは早い方です。(笑)

若い者さ、、は酒飲みでの話ですからね。
スルーです。(^-^)

投稿: ファーマー佐藤 | 2018年3月21日 (水) 21時28分

SEA TO SUMMIの意義にまで達する問題ですね。ご無沙汰してます、平野です。
あいまいな感じで、競い合いたい人だけ競えあえばいいじゃないのー的な、モンベル的な適当さが良かったのかも、と一参加者(勝ちにこだわる)の意見ですが。
若狭パドリングフェスタという大会が今年からなくなりました。
カヤッカーが日ごろの鍛錬を発揮する機会が少なるのはカヤック文化の発展としてはどうなのー?と思います。
佐藤さんのサーフスーキーこしらえてまで勝ちにこだわる思いは一参加者として、文化の継承としての価値があると思いますが、、?
とか、いいながら今年も何回はSEA TO SUMMITに参戦予定ですが、、。
モンベルも結果としてタイムレースの価値にきずく時が来るのかな?
タイムの価値も一つの文化、アウトドアスポーツの技術の継承だと、、。
個人的な達観でした。

投稿: 愛知の平野 | 2018年3月22日 (木) 23時20分

ファーマーさん、こんばんは。

鳥海山stsが無くなっても象潟のトライアスロンが有りますよ。
是非出場してください。
これなら通りすがりも応援に行けますよ

投稿: デンキ | 2018年3月23日 (金) 17時44分

>平野さん
 
 えっ?、若狭パドリングフェスタが無いんですか!?。
今年こそは出るつもりだったんですが。。

 まぁ、カヤックの面白さ、奥深さを知ることが出来たのも
stsのおかげなので、参加してきて良かったと思います。

 とりあえず、地元の鳥海山だけは今年も参加する
つもりです。どこかのカヤックレースでお会い出来れば
嬉しいです。カテゴリーは違うでしょうがネ。


投稿: ファーマー佐藤 | 2018年3月24日 (土) 21時49分

>デンキさん

 普通のトライアスロンには全く興味がないんですよ。
もっと変なのが良いです。(笑)

投稿: ファーマー佐藤 | 2018年3月24日 (土) 21時50分

こんんばんは。
佐藤さん。相変わらず大変ご無沙汰しています。
昨年お会いしたと時にもちらっとそのようなお話を頂いたと思いましたが、先日要綱をみてもしやと思いましたが、やはり今年からそうなったのですね。
私がSEA TO SUMMITに参加したきっかけはもちろんあわよくば優勝と思っていましたが、体力的にも落ち込んでいたときなので、佐藤さんや平野さんにはとてもかなわず、ほとんで諦めていましたが、前々回の妙高・野尻湖の大会のときには調子が大分でできたので、今度こそはと思いつつ、また、コテンパンにやられてしましました。
しかし、レース後お二人と一緒に下山する機会を頂き、また闘志が湧いてきてくるような大会でした。
また、一時は体調を落としていましたが、ここのところ復活してきましたので、今年はどこかの大会でご一緒したいと思っていたところですので、
順位表彰がないのは残念ですが、私もとりあえずは鳥海山に参加したいなと思います。

佐藤さん、以前粟島でお会いした時にお話した
ヨロンマラソン、今年は行ってきました。
そのような話も含めて、鳥海山でお会いできたらと思います。

投稿: 栃木の永井 | 2018年3月30日 (金) 21時59分

>永井さん

表彰が無いのにタイム計測して、リザルトには
順位が載るのが不可解です。頑張る気には全く
なりませーん。

とりあえず、飛島から漕ぎたいので、鳥海大会
にはエントリーしようと思っていますが。
またご一緒できたら嬉しいです。(^-^)


投稿: ファーマー佐藤 | 2018年4月 1日 (日) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘルメット改造 | トップページ | 客人用MTB »